臨床精神医学  18(6)

国立国会図書館雑誌記事索引 25 (7) 1996.07~;本タイトル等は最新号による;編者および出版者: 1巻1号~28巻4号 (1999年4月) 国際医書出版 増刊号とも;1巻1号(昭和47年8月)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 6月特大号 特集/精神保健法のすべて--施行1年を顧みて-- / / p733~751,753~769,771~805,807~810,813~844,845~866,869~881,883~916,919~951,953~956,957~972,974~988,990~1005
  • I.精神保健法の趣旨とその運用 / / p733~751
  • 1.精神保健法成立の経緯と今後の課題 / 島薗安雄 / p733~738
  • 2.精神保健法の趣旨 / 篠崎英夫・他 / p739~742
  • 3.精神保健法の実施報告 / 萩野忠・他 / p743~751
  • II.精神保健法における精神障害者の概念と精神医学的診断 / / p753~769
  • 1.精神障害者の要件と精神医学的診断 / 加藤伸勝 / p753~759
  • 2.ICD-10の動向 分裂病圏と感情病圏を中心に / 中根允文・他 / p760~765
  • 3.精神保健法における社会行動面の評価と多軸診断 / 本多裕 / p766~769
  • III.精神保健法の法律としての問題点 / / p771~805
  • 1.医療法と精神保健法 / 高宮澄男 / p771~776
  • 2.精神保健法関連政省令の運用をめぐって / 新田秀樹 / p777~779
  • 3.精神保健法に関する疑問点 / 松岡浩 / p780~784
  • 4.精神保健法における精神障害者の責任能力,行為能力 とくに同意の能力をめぐって / 小田晋 / p785~791
  • 5.精神保健法の罰則について / 土屋公献 / p792~795
  • 6.精神病院管理者としての院長の職務と責任 / 山崎敏雄 / p796~801
  • 7.保護義務者の管理責任の範囲 / 岡上和雄 / p802~805
  • IV.精神障害者の人権擁護と治療--Legal modelとPaternal modelをめぐって / 金子嗣郎 / p807~810
  • V.入院形態と同意の手続きをめぐって / / p813~825
  • 1.任意入院と一般入院 / 仙波恒雄 / p813~817
  • 2.医療保護入院と措置入院 / 高柳功 / p818~821
  • 3.応急入院と仮入院 / 植田孝一郎 / p822~825
  • VI.精神医療審査会 / 吉野雅博 / p826~829
  • VII.指定医の研修要件 / / p830~844,845~866
  • 1.指定医の資格要件について / 高柳功 / p830~833
  • 2.大学病院における指定医研修の要件と医療保護入院 / 保崎秀夫 / p834~835
  • 3.大学病院における指定医研修の要件と措置入院 / 山口成良 / p836~839
  • 4.社会復帰活動と指定医研修の要件 / 竹村堅次 / p840~844
  • 5.司法精神鑑定と精神保健指定医の問題 / 影山任佐 / p845~849
  • 6.精神保健指定医養成のための実務研修体制の確立に向けて / 富井通雄 / p850~854
  • 7.私立病院における指定医研修とその要件 / 関山守洋 / p855~858
  • 8.指定医研修会(自治体病院協議会主催)受講印象記 / 佐藤壱三 / p859~862
  • 9.指定医研修会(日本精神病院協会主催)のまとめ / 津久江一郎 / p863~866
  • VIII.社会復帰施設と精神保健法 / / p869~881
  • 1.公的社会復帰施設のあり方と精神保健法 / 菱山珠夫 / p869~872
  • 2.社会復帰施設開設の歩みと精神保健法 / 佐々木勇之進 / p873~877
  • 3.福祉型施設の現状とその役割 / 蜂矢英彦 / p878~881
  • IX.精神障害者の地域ケアと精神保健法 / / p883~916
  • 1.退院精神障害者の就職 / 山崎達二 / p883~886
  • 2.精神障害者とその家族 / 浅井邦彦 / p887~890
  • 3.精神障害者の地域ケアにおける福祉の役割 / 柏木昭 / p891~894
  • 4.精神障害者の地域ケアにおける精神科クリニックの役割 / 安斎三郎 / p895~899
  • 5.精神障害者の地域ケアにおける保健所の役割 / 吉岡毅 / p900~904
  • 6.精神障害者の地域ケアにおける共同作業所の<はたらき>について / 村田信男 / p905~912
  • 7.精神障害者の地域ケアにおけるボランティア活動の役割 / 梅田和彦 / p913~916
  • X.精神保健法5年後の見直しに向けて--関係諸団体からの提言 / / p919~951
  • 1.精神保健法施行後(7カ月)の関係者の意見 / 河崎茂 / p919~923
  • 2.全国自治体病院協議会精神科部門からの提言 / 道下忠蔵 / p924~927
  • 3.大学病院精神科からの提言 / 西園昌久 / p928~932
  • 4.全国精神保健センター長会からの提言 / 伊藤克彦 / p933~936
  • 5.日本精神神経学会からの提言 / 山下剛利 / p937~941
  • 6.精神障害者家族会からの提言 / 滝沢武久 / p942~945
  • 7.精神保健指定医制度と精神科卒後研修 全国若手精神科医アンケート調査より / 橋本大彦・他 / p946~951
  • XI.精神保健法--外国の経験に学ぶ / / p953~956,957~972,974~988
  • 1.米国における精神保健法 / 花田耕一 / p953~956
  • 2.Mental Health Act 1983(England & Wales)の概要 / 斎藤正彦 / p957~962
  • 3.カナダにおける精神保健法 / 井上新平 / p963~967
  • 4.イタリアにおける精神保健法 / 半田文穂 / p968~972
  • 5.北欧における精神保健法 / 金澤彰 / p974~978
  • 6.フランスにおける精神保健法 / 武正建一 / p979~982
  • 7.西ドイツにおける精神保健法 / 宇野昌人 / p983~988
  • XII.精神保健法施行6カ月後の実態調査の結果 / 式場聰 / p990~992
  • XIII.精神保健法批判 / 秋元波留夫 / p993~1005
  • 海外だより コーネル大学だより / 大野裕 / p1007~1009
  • 精神医学用語解説 12.P300 / 亀山知道 / p1010~1011
  • 精神医学用語解説 13.Prion / 立石潤 / p1012~1013
  • 精神医学用語解説 14.苦悩の重圧 / 親富祖勝己 / p1013~1014
  • 学会印象記 第3回日本精神保健会議 / 本多裕 / p1016~1017
  • 書評 精神療法の条件 / 神田橋條治 / p1018~1018
  • 書評 薬物依存 / 宮里勝政 / p1019~1019
  • 論文公募のお知らせ / / p738~738
  • 学会告知板 / / p810~810,932~932
  • 次号予告 / / p1020~1020
  • 投稿規定 / / p1021~1021
  • 編集後記 / Y.H. / p1022~1022

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床精神医学
著作者等 アークメディア
国際医書出版
悪臭公害研究会
書名ヨミ リンショウ セイシン イガク
書名別名 Japanese journal of clinical psychiatry

Rinsho seishin igaku
巻冊次 18(6)
出版元 アークメディア
刊行年月 1989-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0300032X
NCID AN00253400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想