臨床精神医学  13(12)

国立国会図書館雑誌記事索引 25 (7) 1996.07~;本タイトル等は最新号による;編者および出版者: 1巻1号~28巻4号 (1999年4月) 国際医書出版 増刊号とも;1巻1号(昭和47年8月)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集=NMR-CTと精神神経疾患 / / p1479~1572
  • MRI-CTの展望 / 飯尾正宏 / p1479~1481
  • NMR-CTの物理学的基礎 / 井上多門 / p1483~1490
  • NMR-CTの装置 / 大島正明 / p1491~1500
  • NMR-CTの臨床応用 / 高島常夫・他 / p1501~1509
  • 中枢神経変性疾患とMRI / 山川和夫・他 / p1511~1516
  • 内因性精神病のNMR-CT / 藤元登四郎・他 / p1517~1530
  • 脳腫瘍のNMR-CT / 吉川宏起 / p1531~1541
  • 脳血管障害のNMR-CT / 古瀬和寛・他 / p1543~1550
  • 老化と痴呆のNMR-CT / 佐藤甫夫・他 / p1551~1559
  • 精神医学におけるNMR-CTの可能性 / 岡本克郎 / p1561~1572
  • 妄想状態を伴った特発性副甲状腺機能低下症の1例 / 管るみ子・他 / p1575~1582
  • 強迫的常同書字と行為,病的掴み現象,激しい強迫泣,亜昏迷,右半身麻痺などを呈し,左前頭葉の静脈性血管腫と左側の基底核,視床,大脳皮質などの萎縮を認める1臨床例 / 小泉準三・他 / p1583~1592
  • 精神分裂病の治療経過に及ぼすカフェインおよびカフェイン飲料の影響 / 三野善央・他 / p1595~1604
  • くすり 新しい抗精神病薬Bromperidolの1日1回投与法による効果,安全性の検討--1日1回投与による血中濃度および血漿プロラクチン値への影響 / 寺田照久・他 / p1607~1619
  • 書評 R.Cooper・他著,石崎博・他訳:EEGテクノロジー / 井上令一 / p1605~1605
  • 書評 ジャック・ラカン著,宮本忠雄・他訳:二人であることの病い / 仲谷誠 / p1606~1606
  • 次号予告 / / p1604~1604
  • 投稿規定 / / p1621~1621
  • 学会告知板 / / p1490~1490,1550~1550
  • 「臨床精神医学」第13巻(′84 1~12号)総目次 / / 巻末p1~7

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床精神医学
著作者等 アークメディア
国際医書出版
悪臭公害研究会
書名ヨミ リンショウ セイシン イガク
書名別名 Japanese journal of clinical psychiatry
巻冊次 13(12)
出版元 アークメディア
刊行年月 1984-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0300032X
NCID AN00253400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想