マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌  (251)

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 349) 1998.01~;本タイトル等は最新号による;タイトル関連情報変遷: ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌 (354号-375号);[1号]-;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本マスコミ市民会議 (-318号)→ マスコミ情報センター (319号-355号)→ マスコミ市民 (356号-442号);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ジャーナリストの眼 「政治改革」より「政治倫理」の確立を期せ / 坂 / p2~5
  • リクルート事件の推移と地検特捜部の意思 / 三浦道人 / p6~37
  • 現代とジャーナリズム 首相の犯罪 / 茶本繁正 / p38~45
  • NHK会長の資質と責任について / 稲葉三千男 / p46~51
  • 女高生殺人事件--『朝日』の報道に抗議する / 丸山友岐子 / p52~53
  • ヴァイツゼッカー大統領からの手紙 / 倉沢治雄 / p54~63
  • 新聞と戦争--陸軍の派閥抗争と永田鉄山暗殺事件 / 高梨正樹 / p80~85
  • 近未来ドキュメンタリー・ノヴェル 深海底大戦争 / 室伏哲郎 / p86~94
  • マスコミ日記--補完衛星BS2Xの打ち上げ計画はNHK経営陣が責任追及回避のための便宜策--南アフリカ共和国の葬儀参列を隠蔽工作し基本政策を無視した日本外交の大失態--中曽根前首相スパコン疑惑釈明記者会見の矛盾を衝いたTBSテレビの調査報道--職員に天下り反対を主張された松沢經人氏の民放連専務理事就任に郵政省の圧力--"一物多価"の大混乱をもたらす消費税3%導入強行で浮かばれないのは消費者--リクルート事件や消費税導入の責任をとらずに居座る竹下内閣支持率急落の数字--選挙結果でわかる自民党批判と各地の政治不信(リクルート・消費税)の根強さ--自らの犯罪(日本電信電話法違反=収賄)を認めた真藤前NTT会長の供述内容--「辞めて当然」と言われたNHK池田芳蔵会長辞任の茶番劇と経営委員会の責任 / 青木貞伸 / p64~79

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 マスコミ市民 : ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
著作者等 マスコミ市民フォーラム
マスコミ市民編集部
マスコミ情報センター
日本マスコミ市民会議
書名ヨミ マスコミ シミン : ジャーナリスト ト シミン オ ムスブ ジョウホウシ
書名別名 ジャーナリストと市民をむすぶ情報誌

月刊マスコミ市民
巻冊次 (251)
出版元 アストラ
マスコミ市民フォーラム
刊行年月 1989-06
ページ数
大きさ 21cm
全国書誌番号
00022524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想