日本歯科評論  (491)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 87) 1950.01~(通号: 218) 1960.12 ; (通号: 679) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;1号から61巻2号までの出版者: 日本歯科評論社;1号 - 698号(2000年12月) ; 61巻1号=699号(2001年1月) -;改題注記 : 合併前誌: 口;改題注記 : 合併前誌: 歯科毎月通信

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 遊離端欠損症例の問題点と対応策[PartI 遊離端欠損一歩手前の症例への対応] / / ~155
  • 欠損歯列への対応基盤--遊離端欠損前の症例をめぐって / / p46~51
  • 遊離端欠損にしないために / / p53~74
  • 遊離端欠損一歩手前の症例への対応 / / p79~89
  • 遊離端欠損一歩手前の症例への対応--特に孤立歯の場合 / / p91~103
  • 遊離端欠損一歩手前の症例への対応--ある症例と対話から / / p107~118
  • 遊離端欠損一歩手前の症例への対応--最後臼歯の保存をめぐって / / p121~132
  • 誌上ミニ・ケースプレ 遊離端欠損一歩手前の症例から / / p134~144,146~155
  • 接着ブリッジの臨床--2 接着ブリッジの診断から装着までの実際(その上) / / p159~178
  • 社会歯科学通論--4 歯科保健医療制度(3) / / p181~186
  • 臨床のこつ・勘どころ 全部床義歯の臨床--その8 難症例の下顎位を求めるには,その勘どころ / / p189~196
  • シンポジウムから:口腔細菌の生態系と宿主の応答(その2) / / p199~210,212~223
  • 口腔内グラム陰性嫌気性桿菌細胞壁ペプチドグリカンの免疫調節活性 / / p199~210
  • 口腔細菌叢における拮抗現象--特にバクテリオシン活性について / / p212~223
  • 歯内治療と歯周治療との相互関係--Dr.J.D.Maggioの講演から / / p225~228
  • 昭和56年「医療経済実態調査」の結果から / / p231~236
  • デンタルマネージメント 歯科医院経営における院長のチェックポイント--3 なぜ倒産したのか / / p237~242
  • Oral study & therapy Cefadroxil(サマセフ(R))の口腔外科領域における使用経験 / / p245~251
  • 私の教育・研究と臨床ノート(1)知的生活への憧れ / / p119~119
  • 本 科学者たちの自由な楽園-栄光の理化学研究所- / / p179~179
  • あすなろ / / p4~5
  • 海外トピックス / / p6~7
  • 星のとき / / p8~9
  • 私の研究室から / / p10~13
  • 虎ノ門レポート / / p14~15
  • このごろ思うこと / / p16~17
  • From Dental Business World to Readers / / p18~19
  • 9月のこころ / / p74~74,132~132
  • 私の読後感 / / p253~256
  • よろず案内 / / p257~263

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本歯科評論
著作者等 ヒョーロンパブリッシャーズ
日本歯科評論社
書名ヨミ ニホン シカ ヒョウロン
書名別名 Dental review

Nippon dental review

The Nippon dental review

Nihon shika hyoron
巻冊次 (491)
出版元 ヒョーロン・パブリッシャーズ
刊行年月 1983-09
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 02890909
NCID AN00191176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想