診断と治療  78(10)(903)

診断と治療社

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 38 (1) (通号: 413) 1950.01~;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;改題注記 : 「近世医学」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Atlas series 循環器疾患へのビジュアル・アプローチ (41) 家族性高コレステロール血症(FH)に合併した心筋梗塞 / 水野有三・他 / ~2301
  • Atlas series 心臓超音波検査シリーズ (12) 拡張型心筋症 / 田村勤 / p2303~2307
  • Atlas series 症例からえられる消化管疾患のポイント (46) シメサバ食後,間もなく発症した胃アニサキス症の1例 / 川浦昭彦・他 / p2309~2311
  • Atlas series 症例からえられる超音波診断のポイント (10) 副腎骨髄脂肪腫 / 北村次男・他 / p2313~2317
  • 特集 遺伝子工学の臨床応用 / / p2319~2322,2325~2337,2339~2343,2345~2348,2351~2357,2359~2364,2367~2373,2377~2382,2383~2388,2391~2403,2405~2409,2411~2414,2415~2419,2421~2429,2431~2435,2437~2450,2452~2470
  • 総論 / / p2319~2322,2325~2337
  • 遺伝子工学とは 臨床医のために 遺伝子工学の基本技術 遺伝子工学の主な成果 / 清水信義 / p2319~2322
  • 臨床研究と遺伝子工学 遺伝子工学に用いられる手法 遺伝子工学の臨床研究への応用 / 浜信昭 / p2325~2329
  • 遺伝子工学による医薬品開発 高齢化社会への課題 医薬品技術開発支援体系 医薬品開発の歴史 遺伝子工学への期待 遺伝子治療への期待 世界の潮流と日本 / 西沢元仁 / p2330~2337
  • 診断・成因研究への応用と問題点 / / p2339~2343,2345~2348,2351~2357,2359~2364,2367~2373,2377~2382,2383~2388,2391~2397
  • 血友病 血友病の成因と考えられるDNA異常 保因者のDNA診断 / 斎藤英彦 / p2339~2343
  • 筋ジストロフィー 筋ジストロフィー ジストロフィン ジストロフィン・テストと臨床診断 ウエスタン・ブロット法によるBMDの診断と予後の推定 BMDの"reading frame"仮説 / 荒畑喜一 / p2345~2348
  • インスリン抵抗性糖尿病 インスリンレセプターの構造と遺伝子 インスリンレセプター異常症 インスリンレセプター異常症での遺伝子解析 インスリン抵抗性糖尿病の診断の手順 / 小林正・他 / p2351~2357
  • 家族性アミロイドポリニューロパシー サザンブロット法を用いた遺伝子診断 DNA増幅(PCR法)を用いた遺伝子診断 FAPの成因研究とその問題点 / 箕田修治・他 / p2359~2364
  • 膠原病 疾患感受性遺伝子 自己抗原の構造と機能よりみた自己抗体産生機序 / 三森経世・他 / p2367~2373
  • がん関連遺伝子 MultiplicityとSpecificity ヒトがんとウイルス がん遺伝子 がん抑制遺伝子 もう一度,MultiplicityとSpecificity 3つの技術革新 遺伝子治療 まとめと展望 / 吉田輝彦・他 / p2377~2382
  • HLA抗原のDNAタイピング サザンハイブリダイゼーション法を用いたRFLP法によるHLA-DNAタイピング PCR-RFLP法によるHLA-DNAタイピング / 太田正穂・他 / p2383~2388
  • 家族性ポリポーシス RFLPによる原因遺伝子の追究 RFLPと癌抑制遺伝子 / 三木義男・他 / p2391~2397
  • 治療への応用とその成績 / / p2398~2403,2405~2409,2411~2414,2415~2419,2421~2429,2431~2435,2437~2450,2452~2470
  • エリスロポエチン エリスロポエチンとは recombinant-ヒトエリスロポエチン recombinant-ヒトEPOの性状 エリスロポエチンの臨床的応用 / 平嶋邦猛 / p2398~2403
  • コロニー刺激因子 CSF 抗癌剤による化学療法後の好中球減少症に対するCSFの応用 骨髄移植後の好中球減少症に対するCSFの有用性 その他の好中球減少症に対するCSFの効果 難治性の感染症に対するCSFの効果 CSFのその他の有用性 / 高久史麿 / p2405~2409
  • 腫瘍壊死因子 TNF 組換えTNF Mutein TNF 存在様式 TNF抗腫瘍作用 TNF geneを用いた癌の遺伝子治療 その他の病態生理 / 渡辺直樹・他 / p2411~2414
  • インターフエロン 肝 IFN-α IFN-β B型慢性肝炎に対するIFNの効果 C型慢性肝炎に対するIFNの効果 / 飯野四郎 / p2415~2419
  • インターフエロン 造血器腫瘍 作用機序 IFNの臨床治療成績 / 徳嶺進洋・他 / p2421~2429
  • IL-2 1L-2,LAK療法 局所療法 副作用 IL-2併用療法 / 安宅信二・他 / p2431~2435
  • 遺伝子工学によるヒト・インスリン 大腸菌を宿主とする遺伝子組換え法によるヒト インスリン[HI(rDNA)] 物理化学的・生物学的・免疫学的性質について 臨床試験成績について 酵母を宿主とした遺伝子組換え法によるヒト・インスリン[HM(ge)] 酵母を宿主とした遺伝子組換え法による超速効性インスリンアナローグ / 小坂樹徳 / p2437~2444
  • 成長ホルモン 遺伝子工学によるhGHの作製 遺伝子工学により作製されたhGHの下垂体性小人症への治療 将来hGH治療の適応となることが期待される疾患 / 肥塚直美・他 / p2445~2450
  • TPA t-PAの作用機序 t-PAの産生 冠血栓溶解療法 / 半田俊之介・他 / p2452~2458
  • 開発医薬品の承認審査 バイオテクノロジー応用医薬品について 医薬品の承認申請について 承認申請に必要な基本的なデータ バイオテクノロジー応用医薬品の承認審査と各種の通知について バイオテクノロジー応用医薬品の承認審査をめぐる課題 / 黒川達夫 / p2459~2464
  • 遺伝子治療の試みと将来展望 遺伝子治療へのアプローチ法 遺伝子治療の現状 遺伝子治療の将来 / 湯川和典・他 / p2465~2470
  • 臨床講義 10年前に腎血管性高血圧の手術を行った高血圧症 / 柴田昭 / p2471~2477
  • Photo Quiz (22) / 帝京大学医学部放射線科学教室 / p2479~2481
  • めまい-9-めまいと眼球運動 / 徳増//厚二 / p2482~2486<3697587>
  • 第281回 国際治療談話会 / / p2487~2489
  • 紹介 / 石橋長生 / p2487~2487
  • 感想 お柳さんと鸚鵡 / 利根山光人 / p2487~2489
  • 学術映画鑑賞会 / / p2489~2491
  • 広範囲熱傷の治療 / 辺見弘 / p2489~2490
  • 食道静脈瘤出血に対する緊急治療 / 渡辺豊 / p2490~2491
  • 臨床研究 睡眠と循環応答 Sleep Apnea-循環動態への影響と心合併症を中心に / 芦田光・他 / p2493~2500
  • 臨床例 下垂体腺腫摘除術3年後,糖尿病の再燃を伴った甲状腺クリーゼの1例 / 一色教幸・他 / p2503~2506
  • 薬剤の臨床 アレルギー性炎症抑制薬としてのアゼラスチン / 黒沢元博 / p2507~2511
  • 薬剤の臨床 全血を用いたテオフィリン測定キット(シバテオチェック)の使用経験 / 新妻知行・他 / p2513~2516
  • 次号・特集予告 / / p2500~2500
  • バックナンバー一覧 / / p2491~2491
  • 書評 / 中川雅夫 / p2373~2373
  • お知らせ / / p2337~2337,2343~2343,2458~2458,2464~2464

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 診断と治療
著作者等 診断と治療社
書名ヨミ シンダン ト チリョウ
巻冊次 78(10)(903)
出版元 診断と治療社
刊行年月 1990-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0370999X
NCID AN00121975
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012314
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想