Natural medicines  54(2)

the Japanese Society of Pharmacognosy

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 48 (1) 1994.03~59 (5) 2005.10;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;Vol.48,no.1(Mar. 1994) - v.59,no.5(Oct. 2005);以後廃刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 日本生薬学会第47回(2000年)年会に関するお知らせ / / p1~2
  • カノコソウの品質と鎮静作用 / 吉富//史郎
  • 川西//史明
  • 渡辺//正純 / 55~60<5372932>
  • Interspecific and Local Variations of Magnolol, Honokiol, and β-endesmol Contents and Correlation between those Contents and Morphological Characters of Magnolia Barks / Kazushige@@Kidoguchi
  • Kenji@@Kondo
  • Naoko@@Hattori / 61~69<5372942>
  • ウラルカンゾウ(Glycyrrhiza uralensis)栽培のための基礎研究(1) / 芝野//真喜雄
  • 川瀬//さおり
  • 村上//理恵 / 70~74<5372949>
  • β-carboline-3-carboxylic acid ethyl ester投与後のマウス脳内GABA含量に対する生薬の影響 / 佐々木//健郎
  • 佐藤//知子
  • 松岡//由香子 / 75~80<5372959>
  • 紫雲膏中のシコニンの定量法 / 新井//哲也
  • 水上//元
  • 趙//長埼 / 81~85<5372961>
  • 植物染料hennaの配糖体と品質について / 奥田//和代
  • 久田//陽一
  • 川村//智子 / 86~89<5372966>
  • エダマメのイソフラボン(1)種子の生長と含有量の変動について / 奥田//和代
  • 久田//陽一
  • 川村//智子 / 90~92<5372970>
  • New Benzoxepin Glucoside from Transformed Root Cultures of Helianthus annuus L. / Kazutaka@@Nishikawa
  • Masami@@Ibaraki
  • Tatsuko@@Munechika / 93~96<5372976>
  • Cytotoxic Constituents from Erythroxylum catuaba Isolation and Cytotoxic Activities of Cinchonain / Mitsuru@@Satoh
  • Yasuo@@Fujimoto
  • Yoshio@@Satoh / 97~100<5372981>
  • Two New Flavonol Glycosides from Morettia philaena Growing in Egypt / Abdel-Naser B.@@Singab
  • Makio@@Shibano
  • Shigeru@@Kouguchi / 101~103<5372987>
  • 天然薬物ノート Chemical Constituents of a Diatom Triceratium dubium / Yukako Sakio
  • Masami Ishibashi
  • Emi Okuyama / p104~104
  • 天然薬物ノート Sterol Constituents from Omphalia lapidescens / Yasunori Yaoita
  • Kyoko Tominari
  • Rie Kakuda
  • Koichi Machida
  • Masao Kikuchi / p105~105
  • 天然薬物ノート Isolation of Acorane-Type Sesquiterpenes from the Paraguayan Medicinal Plant Elinorus latiflorus Nees / Kimihiro Matsunaga
  • Akiko Takahashi
  • Fumiko Watanabe
  • Yasushi Ohizumi / p106~106
  • 天然薬物ノート Triterpenoids from Stem Bark of Ilex latifolia / Jing Huang
  • Yukio Ogihara
  • Noriko Shimizu
  • Tadahiro Takeda
  • Toshiyuki Akiyama / p107~107
  • 資料 滋賀県高島郡マキノ町におけるオウレンの生育地調査(2)植生と形態及びアルカロイド含量について / 小西//天二
  • 清沢//脩
  • 嶋田//康男 / 108~115<5372995>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Natural medicines
著作者等 日本生薬学会
書名別名 生薬学雑誌

Natural medicines
巻冊次 54(2)
出版元 日本生薬学会
刊行年月 2000-04
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 13403443
NCID AN10438628
AA12114658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00102211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想