実験治療 = The experiment & therapy  (421)

国立国会図書館雑誌記事索引 (248):1950.4 ; (270):1954.3-(284):1955.12;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;復刊1号から506号までの並列タイトル: The experimental therapy;復刊1号から320号までの編者: 実験治療社;復刊1号から復刊8号までには239号から246号という表示もあり;復刊1号 -[復刊] 8号 ; no. 247 (Feb. 20, 1950)-;復刊1号から320号までの出版者: 実験治療社;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 有縁--ルイ・パスツールと佐々木隆興先生 / 緒方富雄 / p1~1
  • Medical topics / / p2~6
  • 神経--筋緊張性ジストロフィー症とグロブリン / T.T. / p2~2
  • 血管--微小循環(2)毛細血管壁における物質交換 / T. N. / p3~3
  • 消化器--イレウス / T.M. / p4~4
  • 臓器移植--内分泌臓器移植 / Y. I. / p5~5
  • 公衆衛生--いわゆる「公害」論 / H. K. / p6~6
  • 今日の診断と薬物療法 Capilan(Cyclandelate)と脳循環--色素希釈法による検討 / 中村隆 ほか / p7~9
  • 今日の診断と薬物療法 めまい患者の回転感覚検査とカピラン / 佐藤武男 ほか / p10~11
  • 今日の診断と薬物療法 疼痛に対するアリナミンFの効果について--特に逐次検定法による成績解析 / 牧山友三郎 ほか / p12~13
  • 今日の診断と薬物療法 新消化酵素剤ポリトーゼとその臨床応用 / 日野貞雄 / p14~15
  • はんぺーじずいひつ / 須山弘文
  • 和田豊治
  • 板東丈夫
  • 水川孝 / p16~17
  • ここが知りたい--過敏性大腸症候群 / / p18~19
  • 過敏性大腸症候群とはどういうものをさしているか / 松永藤雄 / p18~18
  • 成因としてあげられるものは? / 中川哲也 / p18~18
  • 症状(局所・全身)はどんなものか / 三好秋馬 / p19~19
  • 治療方法はどうするか / 藤原美砦 / p19~19
  • 常用処方シリーズ--消化不良 / 名尾良憲 / p20~21
  • 救急処置の実際 / / p22~23
  • (内科)狭心症と心筋硬塞 / 岸本道太 / p22~22
  • (外科)頭部の損傷(2) / 太中弘 / p22~22
  • (小児科)頭部外傷 / 中村兼次 / p23~23
  • (泌尿器科)疝痛 / 斉藤豊一 / p23~23
  • 医院建築のコツ--設備計画 / 浦野三男 / p24~24
  • 自己免疫と疾患--悪性貧血を中心として / 中島隆 ほか

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 実験治療 = The experiment & therapy
著作者等 実験治療社
武田薬品工業株式会社
實驗治療社
書名ヨミ ジッケン チリョウ = The experiment & therapy
書名別名 The experimental therapy

The experiment & therapy

Jikken chiryo
巻冊次 (421)
出版元 武田薬品工業
刊行年月 1967-05
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 09107967
NCID AN00104932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00107986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想