実験治療 = The experiment & therapy  (417)

国立国会図書館雑誌記事索引 (248):1950.4 ; (270):1954.3-(284):1955.12;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;復刊1号から506号までの並列タイトル: The experimental therapy;復刊1号から320号までの編者: 実験治療社;復刊1号から復刊8号までには239号から246号という表示もあり;復刊1号 -[復刊] 8号 ; no. 247 (Feb. 20, 1950)-;復刊1号から320号までの出版者: 実験治療社;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 有縁--仲間意識 / 内村祐之 / p1~1
  • Medical Topics / / p2~6
  • 神経--原因不明の神経疾患 / T. T. / p2~2
  • 血管--脈管の発生 / T. N. / p3~3
  • 消化器--胃癌と胃炎 / T. M. / p4~4
  • 臓器移植--腎移植 / Y. I. / p5~5
  • 公衆衛生--Administrative medicine / H. K. / p6~6
  • 最近の診断と薬物療法 老化と脳循環 / 後藤文男 / p7~8
  • 最近の診断と薬物療法 脳循環障害と耳鼻科的症状(メマイ・難聴) / 森本正紀 / p9~10
  • 最近の診断と薬物療法 脳の血管性障害と眼疾患 / 生井浩 / p11~12
  • 最近の診断と薬物療法 耳鼻咽喉科領域におけるCapilanの使用経験 / 佐藤武男 ほか / p13~13
  • 最近の診断と薬物療法 眼科領域におけるCapilanの使用経験 / 早津尚夫 ほか / p14~14
  • 最近の診断と薬物療法 脳血管性障害に対する注射用ビタノイリンの使用経験 / 北田茂 / p15~15
  • はんぺーじずいひつ / 占部薫
  • 梅沢実
  • 三浦祐晶
  • 吉田秀雄 / p16~17
  • ここが知りたい--脳卒中 / / p18~19
  • 脳卒中の予知は可能か / 新城之介 / p18~18
  • Bed Sideの診断から診断可能性の限界まで / 加瀬正夫 / p18~18
  • 卒中患者の輸送はいかにすべきか / 光野孝雄 / p19~19
  • リハビリテーションの時期とそのやり方 / 大島良雄 / p19~19
  • 常用処方シリーズ--脳硬塞 / 宮尾定信 / p20~21
  • 救急処置の実際 / / p22~23
  • (内科)脳卒中 / 岸本道太 / p22~22
  • (外科)一般的処置 / 太中弘 / p22~22
  • (小児科)小児の鼓腸 / 中村兼次 / p23~23
  • (整形外科)新鮮開放性骨折 / 中村季秋 / p23~23
  • 医院建築のコツ--基本計画 / 浦野三男 / p24~24
  • 自己免疫と疾患--免疫寛容 / 秋山武久

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 実験治療 = The experiment & therapy
著作者等 実験治療社
武田薬品工業株式会社
實驗治療社
書名ヨミ ジッケン チリョウ = The experiment & therapy
書名別名 The experimental therapy

The experiment & therapy

Jikken chiryo
巻冊次 (417)
出版元 武田薬品工業
刊行年月 1967-01
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 09107967
NCID AN00104932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00107986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想