北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health  40

北海道立衛生研究所 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (51) 2001~;特報あり;1集 (昭和26年4月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 1 蛍光基質を使用したDNAハイブリダイゼーションによるAcinetobacterの同定 / 長谷川伸作 / p1~8
  • 2 コットンラットにおける多包条虫の発育についての検討 / 八木欣平
  • 伊東拓也
  • 石下真通
  • 川瀬史郎 / p9~12
  • 3 高速液体クロマトグラフィーによる食品中の没食子酸プロピルおよびノルジヒドログアヤレチック酸の迅速定量 / 長南隆夫 / p13~17
  • 1 1989年度の北海道におけるポリオ、インフルエンザおよび日本脳炎の流行予測調査 / 野呂新一
  • 沢田春美
  • 泉敏彦
  • 国府谷よし子
  • 由布久美子
  • 桜田教夫 / p19~24
  • 2 北海道における先天性甲状腺機能低下症のマス・スクリーニングについて(1986~1989年) / 原田正平
  • 市原侃
  • 木﨑節子
  • 新井純理
  • 本間寛
  • 桜田教夫
  • 熊谷満
  • 松浦信夫
  • 藤枝憲二
  • 大柳和彦
  • 奥野晃正 / p25~30
  • 3 エンザプレートN-FT₄キットによる乾燥血液濾紙中の遊離サイロキシン測定の基礎的検討 / 原田正平
  • 林三起子
  • 井上真美
  • 市原侃 / p31~35
  • 4 ヨード選択イオン電極法による尿中ヨード測定の基礎的検討 / 原田正平
  • 市原侃
  • 本間寛
  • 熊谷満
  • 藤枝憲二
  • 松浦信夫
  • 古賀康嗣
  • 藤本征一郎 / p36~41
  • 5 マイクロプレート微量蛍光定量法を用いたガラクトース血症マス・スクリーニングの検討 / 新井純理
  • 市原侃
  • 木﨑節子
  • 原田正平
  • 本間寛
  • 桜田教夫
  • 熊谷満
  • 荒島真一郎
  • 大柳和彦
  • 奥野晃正 / p42~48
  • 6 トリコテセン系カビ毒による食品汚染について(第3報)1988~1989年度北海道産穀類および穀類加工品のデオキシニバレノール、ニバレノールによる汚染状況 / 堀義宏
  • 佐藤正幸
  • 長南隆夫 / p49~51
  • 7 北海道産黄柏の化学的品質評価(第1報) / 中野道晴
  • 梶勝次
  • 佐藤孝夫
  • 姉帯正樹
  • 山岸喬
  • 金島弘恭 / p52~55
  • 1 1989年および1990年北海道において流行したインフルエンザ / 野呂新一
  • 国府谷よし子
  • 沢田春美
  • 泉敏彦
  • 由布久美子
  • 桜田教夫 / p57~59
  • 2 1989年度のインフルエンザ様患者からのウイルス分離(エンテロウイルスを中心として) / 国府谷よし子
  • 野呂新一
  • 本間寛 / p60~62
  • 3 北海道における未成年者の抗ATLA抗体保有状況について / 三田村弘
  • 佐藤秀男
  • 泉敏彦
  • 本間寛 / p63~65
  • 4 HIV感染者におけるHIV抗体(GP41及びP24抗体)及び抗原(P24抗原)の検索について / 泉敏彦 / p66~
  • 5 北海道で発生したボツリヌス中毒例について(1988年) / 相川孝史
  • 亀山邦男
  • 三田村弘
  • 本間寛
  • 渋谷直道 / p71~73
  • 6 北海道で発生したボツリヌス中毒例について(1989年) / 相川孝史
  • 亀山邦男
  • 武士甲一
  • 三田村弘
  • 本間寛 / p74~75
  • 7 北海道内の食中毒発生状況について(1989年) / 相川孝史
  • 亀山邦男
  • 武士甲一
  • 三田村弘
  • 本間寛
  • 金澤昂
  • 加藤良夫
  • 阿部宣人
  • 檜山明男 / p76~77
  • 8 北海道で発生したアニサキス症について / 八木欣平
  • 高橋健一
  • 石倉肇 / p78~81
  • 9 北海道北部日本海沿岸域産ホタテガイにおける下痢性貝毒の消長 / 田沢悌二郎
  • 伊東拓也
  • 石下真通 / p82~82
  • 10 農薬の分析法に関する研究(第1報)殺菌剤チウラムの簡易分析法 / 桂英二
  • 小川広
  • 兼俊明夫
  • 金島弘恭 / p83~85
  • 11 北海道宮島沼におけるハクチョウおよびマガンの鉛中毒発症例(第2報) / 神和夫
  • 都築俊文 / p86~90
  • 12 ダイズY₁₁y₁₁植物の体細胞突然変異に対する2-(2-フリル)-3-(5-ニトロ-2-フリル)-アクリルアミド(AF-2)および2-アミノアントラセン(2-AA)の影響について / 加藤芳伸
  • 佐野芳雄 / p91~93
  • 13 色素性乾皮症およびCockayne症候群由来培養細胞の紫外線感受性とDNA修復について / 奥井登代 / p94~96
  • 14 栽培シイタケ及び野生きのこ中の放射性セシウム濃度 / 奥井登代
  • 小林智 / p97~99
  • 15 小麦胚芽に含まれる鉄の溶出挙動について / 佐藤千鶴子
  • 安井明美 / p100~102
  • 16 ゲンチアナの栽培条件および化学的品質評価 / 林隆章
  • 故南山豊
  • 三浦豊雄
  • 山岸喬
  • 金島弘恭 / p103~106
  • 他誌発表 1 低年齢群(0~19歳)におけるインフルエンザA(H₂N₂)に対する抗体保有率の低下 / 桜田教夫
  • 野呂新一 / p107~107
  • 他誌発表 2 1989年の北海道におけるインフルエンザの流行 / 桜田教夫
  • 野呂新一 / p107~107
  • 他誌発表 3 Serologic Investigations of Human Alveolar Hydatid Disease by Western Blotting and Indirect Histoimmunoperoxidase Techniques / Koji Furuya
  • Satoshi Sasaki
  • Hiroshi Honma
  • Mitsuru Kumagai
  • Naoki Sato
  • Masahiro Takahashi
  • Junichi Uchino / p108~108
  • 他誌発表 4 北海道(札幌市を除く)におけるクレチン症マス・スクリーニング / 原田正平
  • 由利賢次
  • 藤枝憲二
  • 松浦信夫
  • 大柳和彦
  • 奥野晃正
  • 市原侃 / p108~108
  • 他誌発表 5 札幌市におけるTSH-T₄測定によるクレチン症マス・スクリーニング / 原田正平
  • 由利賢次
  • 藤枝憲二
  • 松浦信夫
  • 大柳和彦
  • 福士勝
  • 高杉信男 / p109~109
  • 他誌発表 6 Human Ixodiasis in Hokkaido: Case Report and Questionnaire for the Forestry Organizations / Kenji Miyamoto
  • Kenichi Takahashi / p109~109
  • 他誌発表 7 Cases of Erythema and Lyme Disease Associated with Tick Bite in Hokkaido, Japan / Kenji Miyamoto
  • Kenichi Takahashi
  • Nanao Sato
  • Kohji Uraguchi
  • Shinobu Matsuo
  • Hajime Iizuka
  • Mamoru Mori
  • Yoshimasa Tsuboi
  • Katsuji Ohtsuka / p110~110
  • 他誌発表 8 蛍光基質を使用したDNAハイブリダイゼーションによる臨床分離Acinetobacterの同定 / 長谷川伸作 / p110~110
  • 他誌発表 9 作物根圏からのPseudomonas spp.の分離と産生する抗植物病原菌活性物質 / 長谷川伸作
  • 児玉不二雄
  • 中嶋睦安
  • 室岡治義 / p111~111
  • 他誌発表 10 Suppression of Fusarium Wilt of Adzuki-bean by Rhizoshere Microorganisms / Shinsaku Hasegawa
  • Norio Kondo
  • Fujio Kodama / p111~111
  • 他誌発表 11 Biological Control of Soil-borne Diseases by Pseudomonas species--Antifungal Agents and Mode of Action / Shinsaku Hasegawa
  • Norio Kondo
  • Fujio Kodama / p112~112
  • 他誌発表 12 The Cytotoxic Principles of Hyptis capitata and the Structures of the New Triterpenes, Hyptatic Acid-A and -B / Takashi Yamagishi
  • De-Cheng Zhang
  • Jer-Jang Chang
  • Donald R.McPhail
  • Andrew T.McPhail
  • Kuo-Hsiung Lee / p112~112
  • 他誌発表 13 Cytotoxic Isoquinoline Alkaloids from Xanthorhiza simplicissima / Yang Chang Wu
  • Takashi Yamagishi
  • Kuo-Hsiung Lee / p113~113
  • 他誌発表 14 Anti-AIDS Agents, 1. Isolation and Characterization of Four New Tetragalloylquinic Acids as a New Class of HIV Reverse Transcriptase Inhibitors from Tannic Acid / Makoto Nishizawa
  • Takashi Yamagishi
  • Ginger E.Dutschman
  • William B.Parker
  • Anne J.Bodner
  • Robert E.Kilkuskie
  • Yung-Chi Cheng
  • Kuo-Hsiung Lee / p113~113
  • 他誌発表 15 Antitumor Agents, 110. Bryophyllin B, a Novel Potent Cytotoxic Bufadienolide from Bryophyllum pinnatum / Takashi Yamagishi
  • Mitsumasa Haruna
  • Xiu-Zhen Yan
  • Jer-Jang Chang
  • Kuo-Hsiung Lee / p114~114
  • 他誌発表 16 Tannins and Related Compounds. LXXIX Isolation and Characterization of Novel Dimeric and Trimeric Hydrolyzable Tannins, Nupharins C, D, E and F, from Nuphar japonicum DC. / Makoto Ishimatsu
  • Takashi Tanaka
  • Gen-ichiro Nonaka
  • Itsuo Nishioka
  • Makoto Nishizawa
  • Takashi Yamagishi / p114~114
  • 他誌発表 17 キハダ内皮のベルベリン含量の個体および産地間差異 / 梶勝次
  • 佐藤孝夫
  • 山岸喬
  • 中野道晴 / p115~115
  • 他誌発表 18 Bolegrevilol, a New Lipid Peroxidation Inhibitor from the Edible Mushroom Suillus grevillei / Takaaki Hayashi
  • Akio Kanetoshi
  • Mitsuhiko Ikura
  • Haruhisa Shirahama / p115~115
  • 他誌発表 19 Placental Transfer and Tissue Distribution of ¹⁴C-Styrene: An Autoradiographic Study in Mice / Reiko Kishi
  • Yoko Katakura
  • Toyo Okui
  • Hiroshi Ogawa
  • Toshiko Ikeda
  • Hirotsugu Miyake / p116~116
  • 他誌発表 20 Carcinogenic Tryptophan Pyrolysis Products in Airborne Particles and Rain Water / Shigeo Manabe
  • Eiji Uchino
  • Osamu Wada / p116~116
  • 他誌発表 21 オオハクチョウに発生した鉛中毒の臨床経過と治療の試み / 山下和人
  • 井上久美子
  • 奥村正裕
  • 成清美智代
  • 神和夫
  • 野村卓司
  • 浅野和之
  • 小林俊明
  • 平知子
  • 水野信哉
  • 藤永徹 / p117~117

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 北海道立衛生研究所報 = Report of the Hokkaido Institute of Public Health
著作者等 北海道立衛生研究所
書名ヨミ ホッカイドウリツ エイセイ ケンキュウジョホウ = Report of the Hokkaido Institute of Public Health
書名別名 Report of the Hokkaido Institute of Public Health

Hokkaidoritsu eisei kenkyujoho
巻冊次 40
出版元 北海道立衛生研究所
刊行年月 1990-08
ページ数
大きさ <26-30>cm
ISSN 04410793
NCID AN00231077
AA12077992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想