整形外科 = Orthopedic surgery  24(2)

南江堂

国立国会図書館雑誌記事索引 1(3):1950-34(13):1983.12 ; 52(1)=603:2001.1-;本タイトル等は最新号による;[1巻1号 (1950年)]-27巻7号 (1976年6月) ; 27巻8号 = 285冊 (1976年7月)-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 水溶性造影剤による腰仙部myelographyと腰部椎間板ヘルニア症診断上の問題点 / 吉田 徹 / 87~94<7565400>
  • 膝関節meniscus摘出術後の愁訴およびX線変化について / 小林 晶 / 95~102<7565401>
  • 頸椎捻挫(外傷性頸部症候群)に対する頸椎前方固定術の成績 / 土屋 恒篤 / 104~112<7565403>
  • 腰椎椎間板ヘルニアに対する脊髄造影と椎間板造影の検討-2-脊髄造影と椎間板造影の比較 / 小林 昭 / 113~121<7565404>
  • 前骨間神経麻痺と後骨間神経麻痺 / 前田 敬三 / 122~127<7565405>
  • 関節炎のscintiscanningについて / 大森 薫雄 / 128~132<7565406>
  • Sacrococcygeal teratomaの1例 / 高田 宗世 / 135~138<7565408>
  • 先天性肩甲骨高位症の1治験例 / 藤原 正敏 / 139~141<7565409>
  • 重症心身障害児のリハビリテーション / 篠田 達明 / 143~149<7565410>
  • ショックの病態からみた治療(関連外科知識-2-) / 堀 原一 / 150~154<7565411>
  • 骨系統疾患-2-外来における実地診察手技(診察と検査,その意義と鑑別利用-1-) / 真角 昭吾 / 155~162<7565412>
  • せいけい随想 後白河法皇の右手 / 田中清介 / p112~112
  • 歴史 整形外科の先達たち--Paget(1853)およびOrmerod(1883)と手根管症候群 / N.T. / p163~164<7565413>
  • Osteoid osteoma(整形外科疾患の定型組織像-14- Color section) / 阿部 光俊 / 別1~2<7565399>
  • 基本手技を大切に(誌説) / 泉田 重雄 / 103~103<7565402>
  • 国際交流に思う / 蓮江 光男 / 133~133<7565407>
  • Q&A 私たちの知識をためそう / 英 / p134~134
  • 外傷性ショックと中心静脈圧測定 / S.H. / p142~142
  • Color data system / S.N. / p142~142
  • 海外文献速報 / 東大整形外科ジャーナルクラブ
  • N.T.
  • H.T.
  • R.S. / p165~170
  • そのoriginal / K.H. / p154~154
  • 診療余卓 Myodilのぬき方 / S.W. / p102~102
  • 診療余卓 ネックカラー固定 / M.H. / p132~132
  • 書評 「外傷外科全書」第4巻 顔面・頸部・胸部・腹部 / 鬼塚卓弥 / p171~171
  • 昭和48年度 骨・軟部腫瘍研究会 / / p121~121
  • 第11回日本義肢装具研究会 / / p127~127
  • 第16回日本形成外科学会総会 / / p171~171
  • 編集後記 / 児玉俊夫 / p172~172

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 整形外科 = Orthopedic surgery
著作者等 南江堂
書名ヨミ セイケイ ゲカ = Orthopedic surgery
書名別名 Orthopedic surgery

Seikei geka
巻冊次 24(2)
出版元 南江堂
刊行年月 1973-02
ページ数
大きさ 26-29cm
ISSN 00305901
NCID AN00126560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想