神経研究の進歩  40(2)(207)

医学書院 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1956.01~1 (3) 1956.07 ; 6 (4) 1962.11~50 (6) (通号: 271) 2006.12;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Recent advance in research of nervous system (1巻1号-8巻2号);刊行頻度の変更あり;1巻1号-[ ] ; [ ]-50巻6号 = no. 271 (2006年12月);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 神経系細胞のアポトーシス / / p171~293<3949135>
  • 序文 / 高坂新一 / p171~172
  • 神経系の発生過程におけるプログラム細胞死 / 八木沼 洋行 / 173~186<3949136>
  • 脳神経系アポト-シスの形態学的観察 / 内山 安男 / 187~196<3949137>
  • 小脳顆粒細胞のアポト-シス / 久保 武一 / 197~205<3949138>
  • グリア細胞のアポト-シス / 鎌倉 恵子 / 206~217<3949139>
  • サイトカインによる細胞死のシグナル伝達 / 中村 俊 / 218~226<3949140>
  • 細胞内カルシウムレベルは神経細胞死をどう制御しているのか? / 小池 達郎 / 227~235<3949141>
  • ICE/CED-3によるアポト-シスの制御 / 三浦 正幸 / 236~247<3949142>
  • アポト-シスとレドックス調節 / 若尾 りか / 248~256<3949143>
  • エンドヌクレア-ゼと神経細胞死 / 岡田 統子 / 257~262<3949144>
  • 神経細胞のアポト-シスとBcl-2発現 / 野村 靖幸 / 263~272<3949145>
  • β-アミロイドによる神経細胞死 / 高島 明彦 / 273~283<3949146>
  • グリオ-マにおけるアポト-シスとその制御 / 浅井 昭雄 / 284~293<3949147>
  • 脳挫傷後に意味記憶障害を呈した一症例 / 平林 一 / 295~308<3949148>
  • News 第98回放射線防護課程研修生募集要綱/第14回日本神経治療学会総会/第9回脳死脳蘇生研究会/第17回脊髄シンポジウム/第35回日本定位脳手術研究会/第26回日本脳波・筋電図学会学術大会/日本生命倫理学会第8回年次大会 / / p312~316
  • 次号予告 / / p316~316
  • 投稿規定 / / p317~317
  • あとがき / 金澤一郎 / p318~318

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 神経研究の進歩
著作者等 医学書院
書名ヨミ シンケイ ケンキュウ ノ シンポ
書名別名 Recent advance in research of nervous system

Advances in neurological sciences
巻冊次 40(2)(207)
出版元 医学書院
刊行年月 1996-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00018724
NCID AN00120021
AA12504200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想