神経研究の進歩  1(1)

医学書院 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1956.01~1 (3) 1956.07 ; 6 (4) 1962.11~50 (6) (通号: 271) 2006.12;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Recent advance in research of nervous system (1巻1号-8巻2号);刊行頻度の変更あり;1巻1号-[ ] ; [ ]-50巻6号 = no. 271 (2006年12月);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 自律神経の診断的応用とその限界 / 沖中//重雄 / 3~19<9933396>
  • 脳波による神経系疾患の診断 / 佐野//圭司 / 21~52<9933406>
  • 筋電図 / 島津//浩 / 53~71<9933395>
  • 脊髄造影 / 三木//威勇治 / 72~92<9933402>
  • 髄液の臨床 / 新//城之介 / 93~109<9933399>
  • 眼底 / 鹿野//信一 / 110~127<9933394>
  • 創刊の言葉 / / p1~1
  • 平衡感覚批判 / 福田//精 / 129~141<9933407>
  • 大脳皮質について / 細川//宏 / 143~146<9933403>
  • イオンのactive transportについて / 佐藤//昌康 / 147~150<9933389>
  • 神経系の組織病理学 / 猪瀬//正 / 151~156<9933397>
  • 中枢神経系の神経体液学説 / 吉川//政己 / 157~162<9933404>
  • 神経病学臨床の進歩 / 後藤//平 / 163~169<9933398>
  • 脊髄空洞症 / 冲中//重雄 / 171~175<9933401>
  • 電極 / 平尾//武久 / 176~189<9933405>
  • 髄液比重の精密な新測定方法とその意義 / 中沢//房吉 / 190~194<9933400>
  • 肝脳疾患の本態に関する研究-5- / 豊田//正輝 / 195~206<9933392>
  • オリーブ・橋・小脳萎縮症の二剖検例 / 中村//晴臣 / 207~218<9933390>
  • 癌性脳膜炎の一例 / 服部//尚史 / 219~221<9933393>
  • ソ連邦における脳波分析法の現状 / 平尾//武久 / 228~231<9933391>
  • 米国管見旅行をかえりみて / 冲中重雄 / p222~227
  • 質疑応答 / 所安夫
  • 小川鼎三
  • 鬼頭昭三
  • I生
  • 椿忠雄
  • 吉川政巳 / p232~237

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 神経研究の進歩
著作者等 医学書院
書名ヨミ シンケイ ケンキュウ ノ シンポ
書名別名 Recent advance in research of nervous system

Advances in neurological sciences
巻冊次 1(1)
出版元 医学書院
刊行年月 1956-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00018724
NCID AN00120021
AA12504200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想