小児科臨床  25(5)(268)

日本小児医事出版部

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 11 (10) 1958.10~;本タイトル等は最新号による;出版者の変更あり;1巻1号(昭和23年11月) - 16巻12号(昭和38年12月) ; 17巻1号=168号(昭和39年1月) -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 難治感染症の宿主側要因 化学療法の壁 / 藤井//良知 / 589~594<7557451>
  • 難治感染症の宿主側条件 生理学的要因-新生児未熟児の病像の未熟性について / 村山//隆志 / 595~606<7557452>
  • 難治感染症の宿主の要因 老年 / 池本//秀雄 / 607~612<7557453>
  • 難治感染症の宿主の要因 医原性要因-ステロイドホルモン療法 / 藤森//一平 / 613~620<7557454>
  • 難治感染症の宿主の要因 医原性要因 免疫抑制療法とヘルペス属ウイルスの活性化 / 中村//健 / 621~627<7557455>
  • 病理解剖より見た難治感染症の宿主側要因 / 志方//俊夫 / 628~632<7557456>
  • 難治感染症の宿主側因子 外科臨床の立場から / 古屋//清一 / 633~640<7557457>
  • 難治感染症の宿主の要因 病理学的要因-先天異常(食菌能異常) / 紺野//昌俊 / 641~648<7557458>
  • 抗体産生異常における感染像 / 松本//脩三 / 649~658<7557459>
  • 昭和44年春,北海道で流行せるインフルエンザについて 臨床的考察 / 千葉//靖男 / 659~663<7557460>
  • Coxsackie B2ウイルス感染によると思われる紅斑を伴った心筋炎の1例 / 川村//芳弘 / 664~668<7557461>
  • Peptococcus anaerobius(嫌気性ブドウ球菌)と白色ブドウ球菌の混合感染による乳児化膿性髄膜炎の1例 / 野村//恒 / 669~672<7557462>
  • Landry-Guillain-Barre症候群の5例 / 岩浅//淳子 / 673~675<7557463>
  • 3人姉妹にみられた甲状腺疾患 機能亢進症,機能低下症,慢性甲状腺炎 / 新美//仁男 / 676~678<7557464>
  • 小児のKlippel-Feil症候群の1例 / 小谷//泰 / 679~683<7557465>
  • Craniosynostosisを伴ったMarfan症候群の1例 / 梶谷//喬 / 684~688<7557466>
  • 気管支拡張剤Salbutamolの効果 1回経口投与による換気能の改善について / 井上//四郎 / 689~692<7557467>
  • Leftose Syrupの小児耳鼻咽喉科領域への使用経験について / 川嶋//達雄 / 693~702<7557468>
  • 小児科領域でのCarbetapentane citrate顆粒の使用経験 / 桧垣//毅 / 703~704<7557469>
  • 小児の感染症に対するSF-837の使用経験 / 林//千尋 / 705~707<7557470>
  • Cephalexin(Cepol-dry-syrup)による小児尿路感染症に対する治療 / 杉山//誠 / 708~711<7557471>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 小児科臨床
著作者等 日本小児医事出版社
日本小児医事出版部
書名ヨミ ショウニカ リンショウ
書名別名 Japanese journal of pediatrics
巻冊次 25(5)(268)
出版元 日本小児医事出版社
刊行年月 1972-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0021518X
NCID AN00116148
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00011509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想