小児科  28(10)

金原出版

国立国会図書館雑誌記事索引 1(1):1960.7-24(10):1983.10 ; 42(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;1巻1号~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 感染症--臨床のための先端知識 / / p1129~1189,1191~1209,1211~1309,1311~1351,1353~1357,1359~1365,1367~1371,1373~1387,1389~1419,1421~1441,1443~1447
  • A 診断・検査法の進歩 1.臨床細菌検査の自動化 / 河喜多龍祥 / p1129~1134
  • A 診断・検査法の進歩 2.寄生虫病の血清診断 / 小島莊明 ほか / p1135~1139
  • A 診断・検査法の進歩 3.クラミジアの検出法 / 小花光夫 / p1140~1145
  • A 診断・検査法の進歩 4.新しいウイルス分離法--マイクロプレート法 / 沼崎義夫 / p1146~1151
  • A 診断・検査法の進歩 5.酵素免疫法によるRSウイルス抗原の検出 / 目黒英典 / p1152~1155
  • A 診断・検査法の進歩 6.免疫螢光法によるウイルス同定 / 倉田毅 / p1156~1162
  • A 診断・検査法の進歩 7.ラテックス凝集法によるロタウイルス検出法 / 牛島廣治 / p1163~1166
  • A 診断・検査法の進歩 8.微生物抗原の測定による診断 / 中村明 / p1167~1171
  • A 診断・検査法の進歩 9.DNAハイブリダイゼーションによるウイルス感染症の診断 / 金崎巧 / p1172~1176
  • A 診断・検査法の進歩 10.細菌トキシンの測定 / 室野晃一 / p1177~1181
  • A 診断・検査法の進歩 11.マイコプラスマ感染症の血清診断 / 富山哲雄 / p1182~1185
  • A 診断・検査法の進歩 12.尿路感染症の迅速診断 / 戸坂雅一 ほか / p1186~1189
  • B 診断・検査法のコツ 1.細菌培養のための検体の取り方,扱い方 / 小栗豊子 / p1191~1194
  • B 診断・検査法のコツ 2.ウイルス分離のための検体の取り方,扱い方 / 中村健 / p1195~1199
  • B 診断・検査法のコツ 3.ウイルス抗体の読み方 / 千葉靖男 / p1200~1204
  • B 診断・検査法のコツ 4.髄液抗体測定の意義 / 西川和夫 ほか / p1205~1209
  • C 最近の感染症-その変貌 1.尿路感染症 / 川村猛 / p1211~1217
  • C 最近の感染症-その変貌 2.髄膜炎 / 小林裕 / p1218~1223
  • C 最近の感染症-その変貌 3.呼吸器感染症 / 上原すゞ子 ほか / p1224~1229
  • C 最近の感染症-その変貌 4.骨感染症 / 河路渡 / p1230~1236
  • C 最近の感染症-その変貌 5.皮膚感染症 / 香川三郎 / p1237~1242
  • C 最近の感染症-その変貌 6.消化管感染症 / 村田三紗子 / p1243~1247
  • C 最近の感染症-その変貌 7.各論 / / p1248~1309
  • C 最近の感染症-その変貌 a)かぜウイルス / 出口雅経 / p1248~1252
  • C 最近の感染症-その変貌 b)レトロウイルス / 長尾大 / p1253~1256
  • C 最近の感染症-その変貌 c)パルボウイルス / 宮崎千明 ほか / p1257~1260
  • C 最近の感染症-その変貌 d)レオウイルス--typeIII / 松井陽 / p1261~1263
  • C 最近の感染症-その変貌 e)非定型的EBウイルス感染症 / 富樫武弘 ほか / p1264~1266
  • C 最近の感染症-その変貌 f)腎症候性出血熱 / 西岡新吾 / p1267~1272
  • C 最近の感染症-その変貌 g)リケッチア--とくに小児の恙虫病を中心として / 須藤恒久 / p1273~1277
  • C 最近の感染症-その変貌 h)クラミジア / 徐慶一郎 / p1278~1282
  • C 最近の感染症-その変貌 i)結核 / 高松勇 ほか / p1283~1286
  • C 最近の感染症-その変貌 j)ボツリヌス / 渡辺言夫 / p1287~1290
  • C 最近の感染症-その変貌 k)エルシニア / 善養寺浩 / p1291~1294
  • C 最近の感染症-その変貌 l)トキシックショック症候群 / 吉原昭次 / p1295~1300
  • C 最近の感染症-その変貌 m)原虫 / 吉田幸雄 / p1301~1304
  • C 最近の感染症-その変貌 n)シラミと疥癬 / 大滝倫子 / p1305~1309
  • C 最近の感染症-その変貌 8.サーベイランスの目指すもの / 喜多村勇 / p1311~1316
  • C 最近の感染症-その変貌 9.院内感染とその対策 / 兵頭行夫 / p1317~1324
  • D ハンディキャップ児の感染 1.日和見感染--総論として / 堀誠 / p1325~1331
  • D ハンディキャップ児の感染 2.悪性腫瘍 / 太田豊 ほか / p1332~1336
  • D ハンディキャップ児の感染 3.原発性免疫不全症候群 / 早川浩 / p1337~1340
  • D ハンディキャップ児の感染 4.重症心身障害児 / 阪田保隆 / p1341~1344
  • D ハンディキャップ児の感染 5.骨髄移植 / 堀部敬三 / p1345~1348
  • D ハンディキャップ児の感染 6.ステロイド・免疫抑制薬 / 酒井糾 / p1349~1351
  • E 母児間免疫と感染 1.百日咳 / 千葉良 / p1353~1357
  • E 母児間免疫と感染 2.ロタウイルス / 今野多助 / p1359~1362
  • E 母児間免疫と感染 3.ヘルペス群 / 川名林治 ほか / p1363~1365
  • E 母児間免疫と感染 4.B群溶連菌 / 岩瀬帥子 ほか / p1367~1371
  • F 治療薬-その特性と使い方 1.抗ウイルス剤 / 花田直樹 ほか / p1373~1377
  • F 治療薬-その特性と使い方 2.抗原虫剤・駆虫剤 / 小林昭夫 ほか / p1378~1382
  • F 治療薬-その特性と使い方 3.抗真菌剤 / 伊藤章 / p1383~1387
  • F 治療薬-その特性と使い方 4.特殊例での薬剤の使い方 / / p1389~1406
  • F 治療薬-その特性と使い方 a)新生児・未熟児 / 秋田博伸 / p1389~1394
  • F 治療薬-その特性と使い方 b)肝障害 / 国井乙彦 / p1395~1400
  • F 治療薬-その特性と使い方 c)腎障害 / 伊藤克己 ほか / p1401~1406
  • F 治療薬-その特性と使い方 5.抗生剤中止の目安 / 砂川慶介 / p1407~1410
  • G ワクチンに関する新しい話題 1.吸入インフルエンザワクチン / 竹末良三 / p1411~1414
  • G ワクチンに関する新しい話題 2.新しい形のワクチン / 山内一也 / p1415~1419
  • G ワクチンに関する新しい話題 3.ワクチンウイルス株の同定 / 高橋理明 / p1421~1426
  • G ワクチンに関する新しい話題 4.ワクチン接種の仕方 / / p1427~1441,1443~1447
  • G ワクチンに関する新しい話題 a)HBワクチン / 谷本要 ほか / p1427~1430
  • G ワクチンに関する新しい話題 b)水痘ワクチン / 神谷齊 / p1431~1434
  • G ワクチンに関する新しい話題 c)麻疹・ムンプス・風疹(MMR)混合ワクチン接種方式についての提言 / 杉浦昭 / p1435~1437
  • G ワクチンに関する新しい話題 d)3混ワクチン / 佐藤勇治 / p1438~1441
  • G ワクチンに関する新しい話題 e)BCG / 三浦馨 / p1443~1447
  • 次号予告 / / p1449~1449

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 小児科
著作者等 金原出版
金原出版株式会社
書名ヨミ ショウニカ
書名別名 Shonika
巻冊次 28(10)
出版元 金原
刊行年月 1987-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00374121
NCID AN00116079
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00011506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想