塩野義研究所年報  (1)

Shionogi Research Laboratories

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 1) 1951.10~(通号: 33) 1983.10;本タイトル等は最新号による;出版地の変更あり;1号 - no.52(2002);以後電子資料(http://www.shionogi.co.jp)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 年報創刊に當つて / 塩野義三郞 / 卷頭
  • 發刊の辭 / 武田健一 / 卷頭
  • 脳下垂体前葉性腺刺戟ホルモンの作用を増強する2・3金属イオンに就て / 峰下//銕雄 / 1~6<9909820>
  • Santonin蛔虫に対する作用所謂Santoninウヅマキ状体姿に就て / 峯下//錠雄 / 6~9<9909821>
  • Sodium5-cyclohexenyl-3,5-dimethylbarbiturateの水溶液中に於ける分解産物とその薬理作用に就て-1- / 佐藤//大助 / 10~20<9909822>
  • 合成Chloromycetinに関する研究特に1-,dl-及びd-Chloramphenicolの抗菌作用について / 西村//治雄 / 20~23<9909823>
  • チアツオール誘導体の研究-3- / 大坂//弘
  • 武田//健一 / 24~25<9909824>
  • 酸アミドに対するアルミナの作用 / 石川//正雄 / 25~27<9909825>
  • 2.4-Dioxo-3-methy1-3-allyl-1・2・3・4-tetrahydroquinolineの合成 / 岩谷//潔
  • 吉田//圭治 / 28~31<9909827>
  • FormanilideとParaldehydeとの縮合反応について / 大内//四郎 / 31~32<9909828>
  • Diethylaminoethyl chlorideの性質について / 大内//四郎 / 32~36<9909829>
  • エチルピペリヂンヨードエチラートのホフマン分解について / 前川//秀幸 / 36~39<9909830>
  • 1-ヂエチルアミノペンタノン-(4)の製造研究-1・2- / 前川//秀幸 / 39~46<9909831>
  • アセト醋酸エチル・エステルのペーパー・クロマトグラフィー / 武田//健一 / 47~51<9909832>
  • シクロヘキセニールエチルバルツール酸とピラミドンとの分子化合物の製造 / 前田//信
  • 沢//芳郎 / 52~53<9909833>
  • アンチピリン類の溶媒効果に就て-有機化学的の分光化学的研究(2)- / 窪田//種一
  • 平山//久雄 / 53~57<9909834>
  • Pseudomonasに依る糖類の酸化に関する研究-1- / 吉田//恭子
  • 増尾//栄太郎 / 58~63<9909835>
  • 証類本草に関する二・三の知見 / 岡西//為人 / 64~70<9909836>
  • 欧文報告 / / p1~18
  • 有機化學 ピリヂン系催眠劑の合成 / 武田健一
  • 五十嵐喜九男 / p1~5
  • 細菌學 Aspergillus sydowiから得られた抗菌物質について / 西村治雄
  • 須田省三 / p6~18

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 塩野義研究所年報
著作者等 塩野義製薬株式会社研究所
塩野義製薬株式会社
書名ヨミ シオノギ ケンキュウジョ ネンポウ
書名別名 Annual report of Shionogi Research Laboratories
巻冊次 (1)
出版元 塩野義製薬中央研究所
刊行年月 1951-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05598680
NCID AN00099763
AA10605047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想