最新医学  33(2)(383)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 5 (1) 1950.01~5 (11) 1950.11 ; 10 (1) 1955.01~;本タイトル等は最新号による

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 第6回"運動障害の神経機構"シンポジウムを開くにあたって / 祖父江 逸郎 / p224~224<1928154>
  • Choreaの概念と病態生理 / 柳沢 信夫 / p225~231<1928156>
  • 舞踏病運動時の筋肉紡錘活動について / 間野 忠明 / p232~235<1928157>
  • Choreaの病理--われわれのいう遺伝性淡蒼球系・歯状核系萎縮症との関連において / 小柳 新策 / p236~242<1928158>
  • Huntington舞踏病の病理とCT scan / 向山 昌邦 / p243~246<1928159>
  • ハンチントン舞踏病の生化学 / 金沢 一郎 / p247~251<1928160>
  • Chorea発見におけるDopamine及びGABAの相互関係 / 中村 重信 / p252~254<1928161>
  • Huntington舞踏病の臨床薬理と治療 / 吉田 充男
  • 村井 由之
  • 柳沢 信夫 / p255~258<1928162>
  • Lesch-Nyhan症候群の不随意運動 / 有馬 正高 / p259~262<1928164>
  • Lesch-Nyhan症候群の神経症状と生化学的異常との関連性について / 水野 悌一 / p263~270<1928165>
  • Huntington′s choreaの父娘例 / 冷牟田 英三 / p271~274<1928167>
  • 一家系で異なる型を呈したハンチントン舞踏病 / 遠藤 実 / p275~278<1928168>
  • SSPEにみられたchorea,ballismus / 北原 佶 / p279~283<1928169>
  • 一側腎血栓症にて腎摘後にchoreaを呈した一例 / 大勝 洋祐 / p284~285<1928170>
  • 末梢神経障害,口唇咬傷を伴い奇妙な歩行を呈した舞踏病の一例 / 牧下 英夫 / p286~289<1928171>
  • Hemichorea4例の臨床的検討 / 里吉 営二郎 / p290~292<1928172>
  • 長期間にわたり,覚醒時特異なジストニア舞踏様運動を示した一例 / 早川 武敏 / p293~298<1928173>
  • 白咬症を伴ったchoreoathetosis様運動を示す女性例 / 斉藤 豊和 / p299~304<1928174>
  • Parkinsonismにおける振戦--特異な姿位振戦を伴った2症例の検討 / 後藤 幾生 / p305~307<1928176>
  • Lance-Adams症候群とPseudosclerose(Westphal-Strumpell)における上肢振戦(Hyperkinesia)について--症候学的および筋電図所見の異同 / 横地 正之 / p308~313<1928177>
  • 脳幹障害で一肢にtremor様の運動を呈した一症例 / 葛原 茂樹 / p314~319<1928178>
  • 不随意運動を伴った脊髄小脳変性症の2家系4症例 / 新島 健司 / p320~324<1928179>
  • 四肢の振戦様不随意運動,運動失調,異常眼球運動を主徴とする症例--"hyperkinesie volitionelle"の臨床的分析 / 山本 耕平 / p325~328<1928180>
  • 羽ばたき振戦の表面筋電図 / 川瀬 康裕
  • 登木口 進 / p329~332<1928181>
  • 顔面,頚,上肢に振戦を認めた家族性振戦の一家系 / 寺沢 捷年 / p333~335<1928182>
  • 質疑討論 Choreaの基礎と臨床--第6回運動障害の神経機構シンポジウムより / 柳沢 信夫 / p336~355<1928183>
  • "Non-secretory"Myeloma--自験例4例を中心に(医学の進歩) / 内山 卓 / p356~364<1928187>
  • 人癩菌の培養 / 吉田 幸之助
  • 室橋 豊穂 / p365~372<1928186>
  • 医学の座標 学術論争について / 小林忠義 / p373~375
  • Flutter-like oscillationを呈したFisher症候群--異常眼球運動例に関する神経耳科的考察-2- / 吉本 裕 / p376~387<1928184>
  • 一過性粘液水腫を示した若年の慢性甲状腺炎 / 石突 吉持 / p388~390<1928151>
  • "Pyroglobulin",凝固異常,血清"LDH-anomaly"を合併したIgA-L型多発性骨髄腫の1例 / 小林 秀樹 / p391~397<1928188>
  • Tamm-Horsfall糖たんぱく質の分布-1-脳,心臓,肺臓,肝臓,脾臓,胃,小腸,腎臓および血清について / 増田 博 / p398~401<1928150>
  • アミラ-ゼアイソザイムの臨床的研究-4-膵疾患におけるアミラ-ゼアイソザイム / 大槻 真 / p402~408<1928152>
  • 神経疾患でみられる鏡像書字の実態 / 安藤 一也
  • 加知 輝彦 / p409~414<1928185>
  • 記録 / / p415~443
  • 循環器運動負荷研究会--第3回・第4回 / 村尾
  • 岡本
  • 多島
  • 小沢
  • 成田
  • 矢端
  • 高橋 / p415~443<1928189>
  • Frank誘導運動負荷中心電図の自動解析に関する研究--連続自動監視とデ-タ-圧縮 / 岡本 登 / p418~424<1928191>
  • 運動負荷試験における体位の影響--トレッドミルと仰臥位用自転車エルゴメ-タ-を用いた比較 / 多島 信彦 / p424~428<1928192>
  • トレッドミル最大運動負荷試験と冠静脈洞ペ-シング負荷試験の評価の差異について / 小沢 武文 / p428~432<1928193>
  • RIによる運動負荷時心筋血流障害の診断--Ecg変化との対比 / 宇佐美 暢久
  • 栗原 正
  • 成田 充啓 / p432~436<1928194>
  • 運動負荷時における非観血的心機能指標の変化 / 木川田 隆一
  • 野呂 忠慈
  • 矢端 幸夫 / p436~440<1928195>
  • 運動負荷試験(マスタ-)の予後的意義 / 加藤 和三
  • 高橋 宣光 / p440~443<1928196>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 最新医学
著作者等 最新医学社
最新醫學社
書名ヨミ サイシン イガク
巻冊次 33(2)(383)
出版元 最新医学社
刊行年月 1978-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03708241
NCID AA12706850
AN00094908
AA12405537
AA12106853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想