高志人  2(11)

高志人社

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 14 (2) 1949.02~14 (4) 1949.04;本タイトル等は最新号による;1巻1号 (昭19.6)から2巻6号 (昭20.6)までの本タイトル: 高志;[1巻1号]-[9巻5号] ; [1巻1号]-[2巻6号] ; [11巻1号]-39巻終刊号;以後廃刊;1巻1号 (昭19.6)から2巻6号 (昭和20.6)までの出版者: 高志社

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 卷頭の言 / 翁久允 / p2~3
  • 諸家詩片 / 大橋二水
  • 片口江東
  • 岡崎藍田
  • 正力建山
  • 龜谷三杉
  • 澁谷禿峰
  • 稻泉星里
  • 土肥錦江
  • 齋藤東江
  • 山本冬州
  • 金子靜觀 / p4~5
  • 明和事件と右門 / 徳富蘇峰 / p6~8
  • 里閭碑回顧 / 片口安太郞 / p8~12
  • 藤井右門の交友 / 林喜太郞 / p13~17
  • 過藤井右門先生宅趾所感 (詩) / 木村擇堂 / p17~17
  • 藤竹武藏鐙と右門先生 / 增山安太郞 / p18~25
  • 藤井右門の信念 / 碓井謙二 / p25~30
  • 日珠上人と右門先生 / 福島瑞岳 / p31~34
  • 右門先生に關する『年表』 / / p35~39
  • 右門先生の生家と研究の發端 (九成肖像) / 山本新兵衛 / p40~43
  • 右門と國民精神總動員 / 土岐銀次郞 / p44~46
  • 右門の國風一首 / 清水勝次郞 / p46~47
  • 右門と日本精神 / 山崎定義 / p47~49
  • 甲州を中心とせる式部と大貳 / 佐藤種治 / p50~52
  • 藤井直明と小杉の水 / 鄕倉手靱 / p52~54
  • 右門と越中の自然 / 坊城俊賢 / p54~56
  • 烏山本廟墓碑 / 藤井省三 / p57~57
  • 小杉座談會 / / p40~55
  • 八十宮樣 / / p42~42
  • 正親町三條公績 / 佐藤 / p42~42
  • 象山と右門 / 佐藤 / p43~43
  • 右門橋 / 山本 / p43~43
  • 尼寺の後ろ / / p44~44
  • 賣藥行商 / / p44~44
  • 右門流武術 (飯原藤一氏) / 飯原藤一 / p45~46
  • 床下の抜け道 / / p46~47
  • 雲形の妖術 / / p47~48
  • 靈術か催眠術 / / p48~48
  • 由井正雪と忠彌 / / p48~49
  • 狼と熊の話 / / p49~50
  • 英雄色を好むか / / p50~51
  • 大力右門 / / p51~51
  • 神通自由 / / p51~52
  • 吉田三朝 / / p52~53
  • 三朝の後裔 / 佐藤 / p53~54
  • 右門賣と右門堀 / / p54~55
  • 神佛習合の各派 / / p56~56
  • 藤井神社建設運動 / 高勢友吉 / p58~61
  • 右門と敎科書運動 / 淸水市正 / p62~64
  • 右門判決文 (右門先生墓所吟) / 橋爪甫人 / p65~65
  • 京都小杉 藤井家系譜 / / p66~67
  • 高志人會規約 / / p68~68
  • 會費領收おしらせ / / p68~69
  • 執筆者紹介 / 德富蘇峰
  • 片口安太郎
  • 大橋二水
  • 金岡又左衛門
  • 龜谷三杉
  • 岡崎藍田
  • 正力建山
  • 山本冬州
  • 澁谷秃峰
  • 稻泉星里
  • 林喜太郎
  • 增山安太郎
  • 碓井謙二
  • 福島瑞岳
  • 土岐銀次郎
  • 清水勝次郎
  • 佐藤種治
  • 鄕倉千靱
  • 坊城俊賢
  • 藤井省三
  • 淸水市正
  • 高勢友吉 / p69~69
  • 編輯だより / / p70~70

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 高志人
著作者等 高志人社
高志社
書名ヨミ コシビト
書名別名 高志
巻冊次 2(11)
出版元 高志人社
刊行年月 1937-11
ページ数
大きさ 21cm
NCID AN00023568
AN00122129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00007792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想