Brain and nerve  35(11)

国立国会図書館雑誌記事索引 32(1):1980.1-35(11):1983.11 ; 53(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: 脳と神経 (32巻1号-58巻12号);タイトル関連情報変遷: 神経研究の進歩 (59巻1号-67巻12号);32巻1号-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • パ-キンソン病におけるakinesiaの発現機序--L-threo-DOPS治療を含めて / 楢林//博太郎 / p1057~1063<2644780>
  • 左手の失書--その特徴と発現機序 / 大東//祥孝 / p1065~1072<2644783>
  • 腫瘍性脳浮腫に対するdexamethasoneの効果--局所脳血流量および局所脳グルコ-ス利用率の変化 / Lucas Y.@@Yamamoto
  • William@@Feindel
  • 有田//憲生 / p1073~1081<2644784>
  • モルフィンの中枢神経系の血流量に及ぼす抑制効果の一機序 / 安倍//十三夫
  • 松宮//直樹
  • 土肥//修司 / p1083~1088<2644789>
  • 31P核磁気共鳴法による生きたラットの脳における高エネルギ-リン酸化合物(ATP,クレアチンリン酸)の測定 / 湯浅//竜彦 / p1089~1095<2644777>
  • Neurovascular Compressionによる耳鳴・眩量・温度眼振反応消失の症例 / 安岡//正蔵
  • 高倉//公朋
  • 深谷//卓 / p1097~1101<2644788>
  • 脳腫瘍のimmunological monitoring--脳腫瘍患者の予後と細胞性免疫能 / 横山//治久 / p1103~1108<2644786>
  • 鞍上部嚢胞性病変のCT / 町田//徹
  • 土屋//一洋
  • 飯尾//正宏 / p1109~1155<2644778>
  • 小脳橋角部腫瘍におけるblink reflexの検討 / 永広//信治 / p1117~1124<2644785>
  • マウスグリオ-マに対するインタ-フェロンの効果 / 中川//善雄 / p1125~1130<2644787>
  • 超皮質性運動失語の1剖検例 / 榎戸//秀昭 / p1131~1140<2644779>
  • 半盲を唯一の症状とした高血圧性基底核部出血の2例 / 青木//信彦
  • 藤野//貞 / p1141~1144<2644782>
  • 前頭葉病変による失書を呈したもやもや病の1例 / 佐藤//睦子 / p1145~1151<2644781>
  • 書評 K.W.Walsh著,椿忠雄監訳,相馬芳明訳「神経心理学-臨床的アプローチ」 / 杉下守弘 / p1064~1064
  • 書評 和田豊治他著「てんかんアトラス-CT・脳波」 / 竹内一夫 / p1082~1082
  • 海外文献抄録 / 大友英一 / p1152~1153
  • 第5回循環制御研究会開催予告 / / p1081~1081
  • 投稿規定 / / p1154~1154
  • 次号予告 / / p1108~1108
  • 編集後記 / 中西孝雄 / p1155~1155

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Brain and nerve
著作者等 医学書院
書名別名 神経研究の進歩

脳と神経
巻冊次 35(11)
出版元 医学書院
刊行年月 1983-11
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 18816096 (v. 59, no. 1)
NCID AN00144970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想