ホルモンと臨床  35(5)

医学の世界社

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1953.08~;本タイトル等は最新号による

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 新しい活性因子 / / p1~1,3~7,9~15,17~21,23~30,31~38
  • 序文 / 紫芝良昌 / p1~1
  • TNFカケクチン / 川上正舒 / p3~7
  • トランスフォーミンググロースファクター / 大庭義人 / p9~15
  • OAFおよび類似物質 / 竹内靖博 / p17~21
  • コロニー刺激因子 / 足立尚登 / p23~30
  • Interleukin / 松倉茂 / p31~38
  • 基礎と臨床 レニン遊出試験時における血漿レニン活性,カテコーラミン濃度および尿中Na排泄量の相互の関連性について / 二川原和男 / p39~44
  • 基礎と臨床 小児および青年の糖尿病患者におけるカートリッジ式ヒトインスリンを使用したペン型注入器(ノポペン)とヒトウルトラレンテインスリンによる頻回注射療法の治験 / 田苗綾子 / p45~51
  • 基礎と臨床 意識障害患者におけるTRH点滴と分割投与の内分泌系に及ぼす差違について / 松原三八夫 / p53~56
  • 基礎と臨床 乾燥濾紙血液を用いる妊娠婦人の甲状腺機能に関する基礎的検討 / 水嶋好清 / p57~62
  • 基礎と臨床 Luteinizing hormone-releasing hormone(LH-RH)による[視]床下部性性腺機能障害者の治療に関する研究 / 中井義勝 / p63~78
  • 基礎と臨床 ノルメタネフィリンとメタネフィリンの基礎的検討とその臨床的応用 / 作田英成 / p79~91
  • 基礎と臨床 慢性関節リウマチ患者の副甲状腺ホルモンおよびオステオカルチンについて / 大田喜一郎 / p93~98
  • 測定法 高感度ラジオイムノアッセイ法ELSA-TSHキットの基礎的および臨床的検討 / 入江達朗 / p99~104
  • 測定法 培養ブタ甲状腺浮遊細胞を用いた甲状腺刺激型抗体およびTSH作用阻害型抗体の測定 / 渡辺幸彦 / p105~110
  • 測定法 チューブ固相法によるAldosterone RIA kitの基礎的および臨床的検討 / 西川哲男 / p111~119
  • 測定法 Immunoenzymometric assayによる高感度TSH測定法(TSH EIAダイナボット)の基礎的,臨床的検討 / 三浦義孝 / p121~128
  • 測定法 Pharmacia NSE・RIAキット(SD-8570)の基礎的および臨床的検討 / 石渡尚子 / p129~135

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 ホルモンと臨床
著作者等 医学の世界社
書名ヨミ ホルモン ト リンショウ
巻冊次 35(5)
出版元 医学の世界社
刊行年月 1987-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00457167
NCID AN00231838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想