広島医学  13(10)(136)

廣島醫學會 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 3 (1) 1950.01~36 (10) 1983.10 ; 58 (1) (通号: 648) 2005~;本タイトル等は最新号による;出版地, 大きさの変更あり;1巻1号 (1948年11月号)-[ ] ; [ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 綜説 頭部外傷の臨床及び最近の脳外科の話題 / 星野列 / p1~6
  • 講演 静脈麻酔の功罪と腰椎麻酔の安全性について / 稲本晃 / p7~10
  • 講演 最近のサルファ剤の長所と短所 / 徳田源市 / p64~69
  • 第1編Uropepsin排泄量に及ぼす外科的手術の影響 / 柏幹雄 / p11~19
  • 第2編Uropepsin排泄量に及ぼす外傷の影響 / 柏幹雄 / p20~23
  • 第3編Uropepsin排泄量に及ぼす出産の影響 / 柏幹雄 / p24~28
  • 男性不妊手術100例の臨床的観察 / 守屋昭二 / p29~34
  • 乳児の股関節撮影時の生殖腺被護の実際について / 中川繁
  • 安徳重敏 / p35~39
  • Camurati-Engelmann氏病について / 大野浩治
  • 原中
  • 永田武松 / p40~42
  • Polytope enchondrale Dysostosen Lèri型と考えられる1例 / 大野浩治
  • 槇田要三
  • 後藤文彦 / p43~45
  • 原爆後障害 広島市の悪性新生物死亡傾向 第2報 原爆症認定患者の死亡動向 / 志水清 / p46~50
  • 原爆後障害 広島に於る原子爆弾被爆者にみられた筋肉性肉腫(或は悪性筋芽細胞性筋腫)の1例 / 森永亨
  • 渡辺貞雄 / p51~55
  • 学会だより 欧米医療視察特に保険問題をめぐつて / 伊藤剛二 / p56~58
  • 学会だより 第12回広島医学会北部支部学会 / / p59~63
  • 麻酔に用いられる昇圧剤 / 武島晃爾
  • 檜垣正昭 / p70~71
  • 抄読会 産婦人科 / 中川繁
  • 沢崎忠男
  • 平位剛 / p72~72
  • 得意と失意 / 関洲一 / p73~74
  • 監査・島と謂う所・手術中出血と潮の干満 / 沢英堅 / p75~76
  • 告知板 広島医学会賞詮衝についてお願い / / p77~77
  • 第13回広島医学会総会予告 / / 巻頭

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 広島医学
著作者等 広島医学会
書名ヨミ ヒロシマ イガク
書名別名 The journal of the Hiroshima Medical Association

Hiroshima igaku
巻冊次 13(10)(136)
出版元 広島医学会
刊行年月 1960-10
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 03675904
NCID AN00211943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00020426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想