日本法医学雑誌 = The Japanese journal of legal medicine  50補冊

国立国会図書館雑誌記事索引 3 (6) 1949.11~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;補冊号あり;2巻1号 (Jan. 1948)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特別講演I ヒト核酸分解酵素の遺伝的多型の発見 / 岸紘一郎 / p31~33
  • 特別講演II オペラント行動手法の法医中毒学への応用 アルコール及び乱用薬物に関する実験的研究 / 菱田繁 / p34~36
  • 特別講演III DNA多型を用いた個人識別--法医学試料の戸籍を探して / 塩野寛 / p37~39
  • 教育講演 医療紛争と製造物責任--医療過誤と製造物責任の交錯 / 植木哲 / p40~41
  • 学会奨励賞1 ヒト核酸分解酵素の高感度活性定量法と高分解能多型検出法の開発 / 灘野大太 / p42~42
  • 学会奨励賞2 ABO式血液型研究の新しい展開 / 小湊慶彦 / p43~43
  • シンポジウム「大型災害と法医学の役割」 / 福井有公 / p44~44
  • シンポジウム「大型災害と法医学の役割」 1.日航機墜落事故 / 松木孝澄 / p45~45
  • シンポジウム「大型災害と法医学の役割」 2.中華航空機墜落事故 / 勝又義直 / p46~46
  • シンポジウム「大型災害と法医学の役割」 3.信楽高原鉄道列車事故 / 西克治 / p47~47
  • シンポジウム「大型災害と法医学の役割」 4.雲仙普賢岳火砕流災害 / 中園一郎 / p48~48
  • シンポジウム「大型災害と法医学の役割」 5.兵庫県南部地震災害 / 龍野嘉紹 / p49~49
  • シンポジウム「大型災害と法医学の役割」 6.東京地下鉄サリン事件・その他 / 柳田純一 / p50~50
  • A1 精神科入院患者の抗精神病薬血中濃度 / 徳永仁伯
  • 工藤恵子
  • 今村徹
  • 實渕成美
  • 大塚幸 / p51~51
  • A2 Extrelut(R)カラム上迅速誘導体化抽出法を用いた体組織中覚せい剤およびその代謝物のGC/MS同時定量分析 / 原健二
  • 柏村征一
  • 影浦光義
  • 稗田洋子 / p52~52
  • A3 エタノールのビオプテリン補因子濃度依存によるトリプトファン水酸化酵素活性の抑制作用 / 松原和夫
  • 井津智子
  • 高橋節典
  • 木村恒二郎
  • 清水恵子 / p53~53
  • A4 カラムスイッチング法を用いたHPLCによるベンゾジアゼピン系薬物の直接分析 / 吉田学
  • 綿引利充
  • 沖井裕
  • 吉村澄孝
  • 時安太久磨
  • 赤根敦 / p54~54
  • A5 REMEDi-HS(R)による局所麻酔薬の分析--基礎的検討 / 大辻雅彦
  • 大島徹
  • 高安達典
  • 近藤稔和
  • 南野友義
  • 林子清
  • 佐藤保則 / p55~55
  • A6 固相ミクロ抽出(SPME)キャピラリーガスクロマトグラフィーによる尿中コカインの検出 / 熊沢武志
  • 李暁鵬
  • 佐藤啓造
  • 渡部加奈子
  • 鈴木修 / p56~56
  • A7 死後焼却が明らかとなった火事場死体の一剖検例 / 岩崎泰昌
  • 屋敷幹雄
  • 長澤信行
  • 小嶋亨 / p57~57
  • A8 HPLC法による組織中フルニトラゼパム濃度測定における前処理の検討 / 馮永求
  • 伊藤敦子
  • 津田征郎 / p58~58
  • A9 ヘッドスペース固相ミクロ抽出 ガスクロマトグラフィーによるペチジンの検出 / 妹尾洋
  • 石井晃
  • 西川正信
  • 渡部加奈子
  • 鈴木修
  • 服部秀樹 / p59~59
  • A10 ラット灌流肝におけるプロモクリプチン代謝の検討 / 松林景子
  • 松本博志
  • 早瀬環
  • 小島一也
  • 福井有公 / p60~60
  • A11 コカインの致死作用におけるδ-およびκ-オピオイド受容体の役割 / 嶋田光哉
  • 藤原敏
  • 相原弼徳
  • 稲村啓二
  • 渡辺有子
  • 平林美智子
  • 鈴木勉 / p61~61
  • A12 イムノPCRによるフェノバルビタール検出の試み / 中西祥徳
  • 守屋文夫
  • 橋本良明 / p62~62
  • A13 成熟ラット培観筋細胞を用いた虚血障害の基礎的研究(1) / 前野善孝
  • 小山宏義
  • 岩佐峰雄
  • 土持師
  • 的場梁次 / p63~63
  • A14 非動脈硬化性冠状動脈疾患の突然死例 / 北村修
  • 高津光洋
  • 阿部光伸
  • 中村慎
  • 村田須美枝 / p64~64
  • A15 乳幼児急死例における肝の脂肪化 / 庄井のり子
  • 古川理孝
  • 杉江秀明
  • 小谷淳一
  • 山香裕美
  • 栗原克由 / p65~65
  • B1 シーケンス法並びにTandem Repeat Primer(TRP)法によるACTBP2型分析 / 吉井富夫
  • 武田江里加
  • 秋山勝則
  • 島田敬子
  • 石山昱夫 / p66~66
  • B2 ACTBP2のmutationについて / 原島規吉
  • 劉春燕
  • 勝山善彦
  • 濱裕
  • 高柳カヨ子
  • 太田正穂
  • 福島弘文 / p67~67
  • B3 ヒトdeoxyribonuclease I(DNase I)多型の分子論的基盤 / 飯田礼子
  • 安田年博
  • 灘野大太
  • 竹下治男
  • 岸紘一郎 / p68~68
  • B4 ABO遺伝子座における遺伝的組換え例 / 鈴木広子
  • 岩田美佐
  • 宮崎時子
  • 松井清司
  • 伊東重徳
  • 溝井泰彦 / p69~69
  • B5 PCR-APLP法によるABO式血液型の遺伝子型検出 / 渡辺剛太郎
  • 梅津和夫
  • 鈴木庸夫 / p70~70
  • B6 赤血球系細胞と細静脈内皮細胞におけるDuffy mRNAの分子生物学的検討 / 岩本禎彦
  • 李剣平
  • 梶井英治 / p71~71
  • B7 STR多型の自動フラグメント分析による検討 / 勝浦康江 / p72~72
  • B8 日本人集団におけるAllelic MarkerによるSTR型判定 / 佐藤慶太
  • 西牧裕子
  • 周懐谷
  • 方亮
  • 馬明
  • 米村勇
  • 中嶋八良
  • 支倉逸人 / p73~73
  • B9 キャピラリー電気泳動を利用したSTR多型の分析 / 鉄堅
  • 塚本昭次郎
  • 押田茂實
  • 千葉正悦
  • イスマイルMセベタン
  • 嶋村政男
  • 名児耶忠章
  • 三枝洋子 / p74~74
  • B10 ABO遺伝子の発現機構の解析 / 小湊慶彦
  • 島田一郎
  • 畑伸秀
  • 滝澤久夫
  • 山口弘信 / p75~75
  • B11 PCR-RFLP法によるABO式血液型の遺伝子型判定(第4報) / 沖浦達幸
  • 西向弘明
  • 福森泰雄
  • 湯浅勲
  • 四宮孝昭 / p76~76
  • B12 非分泌型遺伝子(se)の解析 / 神田芳郎
  • 副島美貴子
  • 劉玉華
  • 木村博司 / p77~77
  • B13 ITIH1* Nulliwareの遺伝子解析 / 丁梅
  • 中屋敷徳
  • 梅津和夫
  • 鈴木庸夫 / p78~78
  • B14 性染色体上のマイクロサテライト / 佐々木雅弘
  • 塩野寛
  • 清水恵子
  • 福島亨 / p79~79
  • B15 歯からのDNA分析--抽出法の検討 / 山田良広
  • 渡邉麻子
  • 山本伊佐夫
  • 大平寛
  • 宇都宮丈児
  • 浜田祐賢
  • 小笠原章夫
  • 大谷進 / p80~80
  • B16 母親によって死後16年間保存されていた小児骨からの母子鑑定 / 山本敏充
  • 小島俊典
  • 打樋利英子
  • 野澤秀樹
  • 黄秀林
  • 勝又義直 / p81~81
  • B17 Semi-nested PCR-RFLP法によるHLA-DRB1タイピング / 井上誠一
  • 山本雄二
  • 高田真吾
  • 重田佳昭
  • 宮石智
  • 石津日出雄 / p82~82
  • B18 PCR-SSP法による血痕のHLA classIIタイピング / 佐藤彌生
  • 黒崎久仁彦
  • 斉藤久子
  • 木内政寛 / p83~83
  • B19 PEP法による歯からのDNA型判定 / 川野茂
  • 太田黒弘子
  • 野坂純
  • 網干博文
  • 向山レイ
  • 小室歳信 / p84~84
  • B20 乳歯の熱処理による外観の変化とDNA分析の可能性について / 花岡洋一
  • 蔡東海
  • 水口清 / p85~85
  • B21 ヒト皮膚片の画像解析による年齢推定(I) / 巽信二
  • 安井聖秀
  • 古谷昭雄
  • 杉山静征 / p86~86
  • B22 日本人肋軟骨の化骨状態による性別と年齢について(第2報) / 猪井剛
  • 新井正明
  • 矢部勝弘
  • 高田綾
  • 斎藤一之
  • 村井達哉
  • 渡辺博司 / p87~87
  • B23 ヒト腸骨三次元構造の加齢変化 / 藤田典往
  • 井上仁
  • 井上晃孝
  • 入澤淑人
  • 岸本英彰
  • 山本吉藏 / p88~88
  • B24 火葬骨鑑定の一例 / 丸田哲生
  • 大野曜吉
  • 山本伊佐夫
  • 富田ゆかり
  • 三上啓子
  • 佐藤美保 / p89~89
  • A16 Neuropathology of HIV-1 Infection:An Analysis of 471 Autopsy Cases(エイズウイルス感染471剖検例の神経病理) / Kazuhiko Kibayashi
  • Shigeyuki Tsunenari / p90~90
  • A17 焼死例における肺サーファクタントに関する免疫組織化学的検討 / 朱宝利
  • 長井講有
  • 井村万亀雄
  • 吹田和徳
  • 前田均 / p91~91
  • A18 皮膚の組織学および免疫組織化学 二重条痕と束縛性圧迫痕の比較 / 田畑典子
  • 舟山眞人
  • 森田匡彦 / p92~92
  • A19 りんごCA貯蔵庫内での窒息死例 / 池田典昭
  • 小川太郎
  • 藤田一
  • 辻彰子 / p93~93
  • A20 血小板凝集能に関する法医学的研究(4)--扼頸時のおける血小板凝集能の変動 / 大上治
  • 澤口聡子
  • 王秀玲
  • 福島康子
  • 中村茂基
  • 澤口彰子 / p94~94
  • A21 脊髄造影後の死亡例におけるアミドトリゾ酸の検出 / 竹川健一
  • 大矢正算
  • 木戸啓 / p95~95
  • A22 法医学講義への学生の評価 / 吉岡尚文
  • 遠田耕平
  • 権守邦夫
  • 田頭朗
  • 佐藤朗 / p96~96
  • A23 ラット心筋エネルギー代謝に及ぼす硫化物の影響 / 山本好男
  • 牛山郁子
  • 西克治 / p97~97
  • A24 ラット灌流心における虚血再灌流時のPKCを介した細胞内情報伝達機構 / 水上洋一
  • 原田一樹
  • 吉田謙一 / p98~98
  • A25 人屍例におけるフラビン(FAD)含有モノオキシゲナーゼの臓器分布(第三報) / 山崎元彦
  • モハメド-ナシムル-イスラム
  • 小椋義明
  • 白鴻成
  • 黒木尚長
  • 若杉長英 / p99~99
  • A26 クラッシュ症候群の膜脂質のGC-MS分析 / 足立順子
  • 坂部篤子
  • 上野易弘
  • 浅野水辺
  • 西村明儒
  • 中西孝一
  • 龍野嘉紹 / p100~100
  • A27 In Situ一回灌流法によるエタノールの腸管吸収に関する研究(第5報) / 木下博之
  • 井尻巖
  • 飴野節子
  • 福家千昭
  • 田中直康
  • 飴野清 / p101~101
  • A28 リノール酸モノクロロヒドリンの分離精製とそのモルモット乳頭筋に対する影響 / 岩瀬博太郎
  • 高取健彦
  • 長尾正崇
  • 岩楯公晴
  • 植村展子
  • 中谷晴昭
  • 山田良広 / p102~102
  • A29 覚醒剤投与ラットにおける熱ショック蛋白の関与に関する免疫組織学的研究の試み / 袖崎賢一郎
  • 何頒躍
  • 松村父征生
  • 尾形親 / p103~103
  • A30 心臓および他臓器における欠失mt DNAの検出分布 / 大澤資樹
  • 長澤俊郎
  • 大木保
  • 瀬戸良久
  • 武市早苗 / p104~104
  • A31 Wischnevsky斑にみられた胆汁性色素 / 福永龍繁
  • 種子島章男
  • 山本秀孝
  • 山際ちとせ
  • 西克治 / p105~105
  • A32 ラット肺組織による年齢推定に関する基礎的研究 / 長野亨
  • 羽場喬一 / p106~106
  • B25 イオン会合性試薬を用いた血痕予備検査(第一報) / 桐原俊二
  • 小幡良祐
  • 小幡史子
  • 石澤不二雄
  • 三澤章吾 / p107~107
  • B26 共通配列の増幅に基づいたABOならびにMN遺伝子型の判定 / 中屋敷徳 / p108~108
  • B27 FoLT PCRによる性別判定 / 安田誠治
  • 藤井利典
  • 高田英直
  • 池本英司
  • 川崎恵司
  • 木村章彦
  • 辻力 / p109~109
  • B28 ヒト組織におけるポリラクトサミンならびにその関連糖鎖抗原の局在 / 伊藤信彰
  • 長池知恵子
  • 石谷昭子
  • 森村佳史
  • 東裕子
  • 羽竹勝彦
  • 梅津和男 / p110~110
  • B29 ヒト精液γ-GTPのサンドイッチELISAによる測定法 / 國井敏
  • 阿部すみ子
  • 平岩幸一 / p111~111
  • B30 プランクトンの検出に関する基礎的検討 / 高田雄三
  • 向田政博
  • 安藤恵子 / p112~112
  • B31 ウサギ血清中に見い出される新しいリン脂質及びガングリオシド結合性蛋白質について / 細見修
  • 矢澤伸
  • 竹屋章
  • 小暮正久
  • 中島たみ子
  • 岸紘一郎 / p113~113
  • B32 顕微熱レンズ分光法による白血球膜抗原の検出 / 木村博子
  • 長尾夫美子
  • 北村麻子
  • 北森武彦
  • 澤田嗣郎 / p114~114
  • B33 酵素免疫測定法によるヒト及び臓器の識別同定--脳タンパク質S-100の臓器特異性について / 島田康司
  • 瀬尾泰久
  • 高濱桂一 / p115~115
  • B34 擬父または擬母が死亡している場合のDNA型を利用した親子鑑定の有効性に関する一検討 / 青木康博
  • 那谷雅之
  • 橋谷田真樹
  • 勾坂馨 / p116~116
  • B35 マイクロサテライトのquintuplex PCRによる効率的親子鑑定 / 王蒐
  • 福田昌子
  • 岸田哲子
  • 黒木浩二
  • 玉置嘉広 / p117~117
  • B36 SSO法によるHLA-DRB DNAタイピングと親子鑑定への応用 / 篠塚達雄
  • 武井節子
  • 加藤真実
  • 黒田直人
  • 柳田純一
  • 原正昭
  • 渡辺博司 / p118~118
  • B37 ハプトグロビンJohnson typeのヘモグロビン親和性の研究 / 岡崎登志夫
  • 柳沢裕子
  • 長井辰男 / p119~119
  • B38 神経線維構成成分に対する各種抗体を用いた軸索損傷の検討(第2報)--特にneuron-specific enolaseの顕在化について / 小片守
  • 津金澤督雄
  • 吾郷一利
  • 吾郷美保子
  • 中島弘志 / p120~120
  • B39 外傷性脳浮腫に関する研究(第1報)外傷性脳浮腫発生の経時的観察 / 北敏郎
  • 刘兰
  • 田中敏子
  • 田中宣幸 / p121~121
  • B40 くも膜下出血成立機序の検討 頭部手術の既往のある症例 / 藤倉隆
  • 滝澤久夫
  • 平田公一
  • 坂逸平
  • 平田ゆかり
  • 浜島誠 / p122~122
  • B41 外傷性脳幹出血の1例 / 武内康雄
  • 大谷勲 / p123~123
  • B42 自殺と判断された交通事故 / 山内春夫
  • 田羽厚二
  • 内藤笑美子
  • 佐々木匠
  • 新潟大学医学部法医学教室 / p124~124
  • B43 自動二輪車交通事故における人体損傷について(第2報) / 張紹軒
  • 大橋教良
  • 河野元嗣
  • 小野古志郎
  • 三澤章吾 / p125~125
  • B44 レントゲン撮影像に依る法医学的鑑定 / 四宮孝昭
  • 西向弘明
  • 四宮薫
  • 織本千年 / p126~126
  • P1 STRのinstabilityについて / 小林了
  • 伊藤幸夫 / p127~127
  • P2 PCR法によるホルマリン固定臓器からのSTR多型および性別判定 / 加藤幸映
  • 高橋雅典
  • 金谷英明
  • 黒須明
  • 長井敏明
  • 上山滋太郎 / p128~128
  • P3 簡便なCycle Sequence分析法によるSTR型解析について / 千葉正悦
  • 鉄堅
  • イスマイルMセベタン
  • 磯部英二
  • 武藤亨
  • 塚本昭次郎
  • 押田茂實 / p129~129
  • P4 vWF遺伝子内における2種類のSTRハプロタイプ多型の分析 / 出羽厚二
  • 内藤笑美子
  • 山内春夫
  • 新潟大学医学部法医学教室 / p130~130
  • P5 STR多型の型判定における問題点(第3報) / 斉藤久子
  • 黒崎久仁彦
  • 佐藤彌生
  • 植田信太郎
  • 木内政寛 / p131~131
  • P6 ヒト特異的DNA領域(HS5)を用いた陳旧試料からの人獣鑑別 / 黒崎久仁彦
  • 渡辺裕二
  • 植田信太郎
  • 三澤章吾
  • 木内政寛 / p132~132
  • P7 遺伝的多型解析における抗ペプチド抗体の有用性 deoxyribonuclease Iへの応用 / 安田年博
  • 竹下治男
  • 澤崎一三
  • 岸紘一郎 / p133~133
  • P8 TPOX座位におけるMutationの一例 / 山口弘信
  • 島崎長一郎
  • 小湊慶彦
  • 滝澤久夫 / p134~134
  • P9 MCT118 interalleleの塩基配列について / 永井淳
  • 山田定男
  • 武内康雄
  • 大谷勲 / p135~135
  • P10 プラスミノゲン多型の遺伝子解析 / 山口眞由
  • 野田裕司
  • 杉山静征
  • 吉村昌雄
  • 湯浅勲 / p136~136
  • P11 DNA分析によるC8A多型性の法医学的応用 / 橋谷田真樹
  • 那谷雅之
  • 青木康博
  • 勾坂馨 / p137~137
  • P12 Direct sequenceによるABO式血液型genotyping / 那谷雅之
  • 橋谷田真樹
  • 何平
  • 五嶋能伸
  • 青木康博
  • 勾坂馨 / p138~138
  • P13 RH遺伝子におけるイントロン4の構造解析とその意義 / 奥田浩
  • 河野正樹
  • 田中光信
  • 瀬尾たい子
  • 大久保康人
  • 梶井英治 / p139~139
  • P14 エステラーゼD変異型の遺伝子解析 / 土田修一
  • 梶井英治 / p140~140
  • P15 奄美大島集団において比較的よく見られるトランスフェリンの稀な変異Damaについて / 吾郷一利
  • 津金澤督雄
  • 小片守
  • 吾郷美保子 / p141~141
  • P16 岐阜県在住の日本人における13種類のDNA型の遺伝子頻度 / 山田定男
  • 永井淳
  • 渡辺芳久
  • 高山知周
  • 武内康雄
  • 大谷勲 / p142~142
  • P17 西南日本におけるα₂HS-glycoproteinの遺伝的多型--徳之島および沖永良部について / 田牧伸人
  • 湯浅勲
  • 入澤淑人
  • 吾郷一利
  • 津金沢督雄
  • 梅津和夫 / p143~143
  • P18 ドーパミン受容体遺伝子(DRD4)のVNTR領域における遺伝的多型 / 中留真人
  • 本田克也
  • Zaw Tun
  • 若杉長英
  • 中村貴子
  • 三澤章吾
  • 針原伸二 / p144~144
  • P19 数種の霊長類のType2シスタチン遺伝子ファミリーの比較 / 羽賀俊明
  • 水口清
  • 竹中修 / p145~145
  • P20 血液型A型及びB型合成酵素の簡便な定量的測定法 / 矢澤伸
  • 中島たみ子
  • 細見修
  • 岸紘一郎 / p146~146
  • P21 AmpliType PMキットを用いた毛髪(自然脱落毛)からのDNA型検出の検討 / 棚田徳彦
  • 林葉康彦
  • 柏村征一
  • 影浦光義 / p147~147
  • P22 試料の取り違えが疑われた針生検試料へのマイクロサテライト多型の応用 / 佐々木雅弘
  • 塩野寛
  • 清水恵子
  • 福島亨 / p148~148
  • P23 ABO及びRh式血液型標本からのDNA親子鑑定例 / 秋山勝則
  • 吉井富夫
  • 武田江里加
  • 島田敬子
  • 石山昱夫 / p149~149
  • P24 K562細胞におけるRHCEgene / 坂田憲昭
  • 五味三佐子
  • 小暮正久 / p150~150
  • P25 Triplex affinity capture(TAC)PCRによるマイクロサテライト・タイピング / 福田昌子
  • 玉置嘉広
  • 岸田哲子
  • 王嵬
  • 岡崎啓治 / p151~151
  • P26 PCR法によるDNA多型および性別判定の同時検出 / 安積順一
  • 舟山眞人
  • 森田匡彦 / p152~152
  • P27 PCR-SSP法による法医試料からのHLA-C遺伝子タイピング / 太田正穂
  • 勝山義彦
  • 濱裕
  • 原島規吉
  • 劉春燕
  • 高柳カヨ子
  • 福島弘文 / p153~153
  • P28 法医学試料からDNAと共に抽出されるヘム化合物に対する過酸化水素の作用 / 赤根敦
  • 吉村澄孝
  • 沖井裕
  • 吉田学
  • 時安太久磨
  • 綿引利充 / p154~154
  • P29 歯科的個人識別のための基礎的検討--臨床例における歯科所見の経年的変化についての調査(第2報) / 佐古田茂樹
  • 長井講有
  • 前田均 / p155~155
  • P30 歯牙の所見から年令推定が可能であった古墳時代の小児骨--2例 / 井上晃孝
  • 井上仁
  • 入澤淑人 / p156~156
  • P31 STRマーカーを用いた歯牙からの個人識別例 / 辻洋子
  • 内田敦子
  • 藤田清司
  • 田村明敬
  • 鈴木広一 / p157~157
  • P32 歯髄からのDNA型分析--D1S80型,HLADQα型およびSTR型分析について / 塚本敏明
  • 堤博文
  • 中村美穂
  • 高橋登世子
  • 向山レイ
  • 小室歳信 / p158~158
  • P33 Primer Extension Preamplification(PEP)法の法医学的応用 / 伊藤幸夫
  • 小林了 / p159~159
  • P34 毛髪鑑定における比較生物顕微鏡の有効性について / 岩本良二
  • 村川雄大
  • 太田奈穂樹
  • 棟方栄治
  • 池田典昭 / p160~160
  • P35 爪からのDNA抽出と多型解析(第3報) / 加藤真実
  • 篠塚達雄
  • 武井節子
  • 黒田直人
  • 柳田純一 / p161~161
  • P36 UAE-Iレクチンを用いたABH血液型のELISAと可溶化剤の影響 / 田部浩一
  • 松原和夫
  • 井津智子
  • 高橋節典
  • 木村恒二郎
  • 湯浅勲
  • 中村博明 / p162~162
  • P37 ヒト精漿alanyl aminopeptidaseの組織化学的局在 / 高原周治
  • 牛山郁子
  • 山本好男
  • 大久保岩男
  • 西村明儒
  • 西克治 / p163~163
  • P38 日本猿生殖器官におけるABH関連抗原の発現 / 牛山郁子
  • 佐藤まゆみ
  • 兼正晃
  • 山本好男
  • 山田光子
  • 西村明儒
  • 西克治 / p164~164
  • P39 EIA法によるヒト扁平上皮癌関連抗原検出に基づくヒト皮膚組織の証明 / 北尾孝司
  • 宮石智
  • 高田真吾
  • 山本雄二
  • 石津日出雄 / p165~165
  • P40 Albuminを指標とするSandwich Dot-ELISA法による人血証明 / 北武
  • 新岡顕尚
  • 藤田一
  • 辻彰子
  • 池田典昭 / p166~166
  • P41 胞衣壷(えなつぼ)内試料の血清学的、並びにDNA検査 / 進藤祥子
  • 吉岡尚文
  • 目黒ひとみ
  • 田頭朗
  • 佐藤朗
  • 原島規吉
  • 福島弘文 / p167~167
  • P42 DNA Profilingにて個人識別を行った2焼死例 / 津田亮一
  • 松本秀樹
  • 久保真一
  • 鶴屋伸一郎
  • 廣瀬渉
  • 中園一郎 / p168~168
  • P43 電気泳動で識別される唾液中低分子量蛋白の変異 / 石本剛一
  • 石浜信之 / p169~169
  • P44 正土、川砂及び粘土の無機元素含有量 / 四宮薫
  • 四宮孝昭
  • 織本千年 / p170~170
  • P45 ヒト由来類デンプン小体とその犯罪学研究への応用 / 両角聡美
  • 長井辰男 / p171~171
  • P46 死亡擬父の電気カミソリ内のヒゲを用いた父子関係肯定例 / 西牧裕子
  • 佐藤慶太
  • 周懐谷
  • 方亮
  • 馬明
  • 米村勇
  • 中嶋八良
  • 支倉逸人 / p172~172
  • P47 親子鑑定で遭遇したα₁-アンチトリプシン欠乏型遺伝子,PI*Siiyama / 梅津和夫
  • 湯浅勲
  • 鈴木庸夫 / p173~173
  • P48 自動フラグメント解析 D4S43遺伝子多型による親子鑑定 / 勝山善彦
  • 劉春燕
  • 原島規吉
  • 濱裕
  • 高柳カヨ子
  • 太田正穂
  • 福島弘文 / p174~174
  • P49 毛髪からのSTR多型の解析と親子鑑定への応用 / 中村茂基
  • 澤口聡子
  • 王秀玲
  • 大上治
  • 北村明子
  • 澤口彰子 / p175~175
  • P50 酵素活性阻止を指標としたモノクローナル抗体のスクリーニング法 / 中島たみ子
  • 矢澤伸
  • 松木孝澄
  • 細見修
  • 岸紘一郎 / p176~176
  • P51 イムノクロマト法による血痕からの血液型判定(第2報)試薬作製に用いる抗体濃度と陳旧血痕からのABO式血液型判定 / 森田香
  • 木村博子 / p177~177
  • P52 体液に特異的な抗A、抗Bモノクローナル抗体の特性 / 木村章彦
  • 中島利恵
  • 高田英直
  • 野坂みずほ
  • 山本彰一
  • 安田誠治
  • 辻力 / p178~178
  • P53 ヒト組織内におけるOX40の免疫学的観察 / 星田美奈子
  • 伊藤敦子 / p179~179
  • P54 P類似抗原合成酵素 反応生成物のNMR,GC-MSおよびレクチンアフィニティーカラムクロマトグラフィーによる解析 / 竹屋章
  • 細見修
  • 高井泉
  • 下田信夫
  • 西島洋憲
  • 小暮正久 / p180~180
  • P55 ラット脳脂質の死後変化--屠殺条件による比較 / 新津ひさえ
  • 熊谷礼子 / p181~181
  • P56 死後経過時間推定へのベイズ統計学の応用(第二報) / 藤宮龍也
  • 上村公一
  • 李裕江
  • 大洞弓子
  • 古村節男 / p182~182
  • P57 サーモグラフィを用いた死体の法医生理学的研究--体表面の温度分布 / 相原弼徳
  • 稲村啓二
  • 嶋田光哉
  • 藤原敏
  • 鳥山直樹
  • 渡辺有子
  • 平林美智子 / p183~183
  • P58 人椎骨の無機元素含有量 / 四宮薫
  • 四宮孝昭
  • 織本千年 / p184~184
  • P59 体液・組織中の死後産生アミン:フェネチルアミン濃度について / 長崎靖
  • 守屋文夫
  • 橋本良明 / p185~185
  • P60 除細動器による心筋障害についての実験的研究(第2報) / 松田洋和
  • 瀬尾泰久
  • 髙濱桂一 / p186~186
  • P61 乳幼児突然死症候群(SIDS)における末梢気道の免疫組織学的検討--inducible Nitric Oxide Synthaseの分布 / 阪本奈美子
  • 土井幹雄
  • 大橋教良
  • 三澤章吾 / p187~187
  • P62 ウイルス性心筋炎による成人突然死の一剖検例 / 伊藤礼子
  • 岩政輝男
  • 玉城尚
  • 宮崎哲次
  • 永盛肇 / p188~188
  • P63 心筋梗塞による突然死の実験的モデルの病理組織学的検討 / 大内孝幸
  • 内ヶ崎西作
  • 高橋弘志
  • 鈴木庸夫 / p189~189
  • P64 神経病理学を訪ねて(第一報)--脳奇形の肉眼所見 / 龍野嘉紹
  • 浅野水辺
  • 西村明儒
  • 溝井泰彦 / p190~190
  • P65 覚醒剤投与ラット脳における免疫組織学的変化 / 牧角俊郎
  • 吉田謙一 / p191~191
  • P66 頭部外傷で死亡したモヤモヤ病の1例 / 岩楯公晴
  • 土井幹雄
  • 板倉良之
  • 阪本奈美子
  • 朴世煕
  • 岩瀬博太郎
  • 高取健彦 / p192~192
  • P67 Shaken Baby Syndromeの1例 / 岩楯公晴
  • 土井幹雄
  • 板倉良之
  • 中嶋信
  • 山田良広
  • 長尾正崇
  • 高取健彦 / p193~193
  • P68 精液特異抗原の分布に関する免疫組織化学的検討 / 長井講有
  • 井村万亀雄
  • 前田均
  • 木村章彦
  • 辻力 / p194~194
  • P69 圧迫痕における皮膚組織の所見 / 田畑典子
  • 舟山眞人
  • 森田匡彦 / p195~195
  • P70 圧迫痕検査に関する考察(II) / 瀬戸良久
  • 武市早苗
  • 大澤資樹
  • 斉藤剛
  • 大木保
  • 長沢俊郎
  • 中島康洋 / p196~196
  • P71 頚部圧迫による殺人未遂2例における溢血点の態様について / 松村父征生
  • 壹岐裕志
  • 伊藤洋子 / p197~197
  • P72 血液生化学検査の法医学への応用--CPK、LDHアイソザイムの検討 / 辻彰子
  • 小川太郎
  • 藤田一
  • 北武
  • 池田典昭 / p198~198
  • P73 800g以上の肥大心を認めた2例 / 長池知恵子
  • 伊藤信彰
  • 石谷昭子
  • 森村佳史
  • 羽竹勝彦
  • 杉山静征
  • 吉村昌雄 / p199~199
  • P74 ライ症候群の一剖検例 / 久保真一
  • 津田亮一
  • 松本秀樹
  • 廣瀬渉
  • 鶴屋伸一郎
  • 中園一郎 / p200~200
  • P75 臍の感染に続発したと考えられる新生児敗血症の一剖検例 / 齋藤一之
  • 村井達哉
  • 高田綾
  • 高橋美樹
  • 原正昭
  • 矢部勝弘
  • 新井正明
  • 福田紀子
  • 渡辺博司 / p201~201
  • P76 SIDSにおける脳幹部および小脳の組織計量的研究 / 古川理孝
  • 庄井のり子
  • 杉江秀明
  • 小谷淳一
  • 小林英樹
  • 栗原克由 / p202~202
  • P77 皮膚損傷の受傷後経過時間判定に関する実験的研究(第3報)--生活反応の強さと創縁からの距離との関係 / 南野友義
  • 近藤稔和
  • 大島徹
  • 佐藤保則
  • 大辻雅彦
  • 林子清
  • 高安達典 / p203~203
  • P78 ある頭部裂創例の検策 / 藤倉隆
  • 平田公一
  • 坂逸平 / p204~204
  • P79 鋸鎌で切断されたバラバラ殺人事件 / 伊藤弘行
  • 大瀧博之
  • 野澤秀樹
  • 勝又義直 / p205~205
  • P80 二頭の大型犬に襲われ死亡した女児における咬傷の鑑定 / 玉城尚
  • 高江洲義寛
  • 橋本正次
  • 宮崎哲次
  • 伊藤礼子 / p206~206
  • P81 臓器に残された刺創管と凶器の形態 / 高橋美樹
  • 村井達哉
  • 齋藤一之
  • 高田綾
  • 原正昭
  • 矢部勝弘
  • 新井正明
  • 福田紀子
  • 渡辺博司
  • 黒田直人
  • 柳田純一 / p207~207
  • P82 メタンフェタミン投与ラットにおける心房性Na利尿ペプチドの動態 / 藤谷登
  • 上村繁雄
  • 木村博司 / p208~208
  • P83 ストレスタンパク質(HSP)の法医学的応用(第1報)凍死におけるHSPの動態 / 笠井謙多郎
  • 山口裕樹
  • 北敏郎
  • 田中宣幸 / p209~209
  • P84 モノアミンに対する麻酔の影響--Brain Microdialysis法を用いての検討 / 道解公一
  • 角田健司
  • 佐藤啓造 / p210~210
  • P85 脳損傷の基礎的研究(2)グルタミン酸受容体を介する脳温上昇に対するインドメタシンの効果 / 簗瀬武史
  • 原修一
  • 向井敏二
  • 岩田修永
  • 栗岩ふみ
  • 加納節夫
  • 遠藤任彦 / p211~211
  • P86 シナプス伝達障害による異常行動の基礎的研究 / 安藤恵子
  • 向田政博 / p212~212
  • P87 抗N血清により部分凝集が観察された血液の1例について / 石川富美雄
  • 伊藤敦子
  • 中村隆志
  • 浜辺毅洋 / p213~213
  • P88 DNA、RNAの酸化的損傷に関する実験的研究--パラコート中毒について / 徳永逸夫
  • 前岩道彦
  • 武市早苗 / p214~214
  • P89 悪性腫瘍組織におけるアミノ酸のラセミ化現象 / 大谷進
  • 菅野均
  • 杉本治雄
  • 小笠原章夫
  • 山本伊佐夫
  • 山田良広
  • 松島芳文
  • 岸紀代三 / p215~215
  • P90 宗教的治療による死亡1例 / 福永龍繁
  • 山本秀孝
  • 種子島章男
  • 細江洋之 / p216~216
  • P91 結膜下溢血点のない縊頸の一剖検例 / 寺沢浩一
  • 芳賀光治 / p217~217
  • P92 熔接機による感電死の一例 / 今村徹
  • 徳永仁伯
  • 伊勢ひとみ / p218~218
  • P93 偽装殺人3例 / 郡司啓文
  • 水澤郁文
  • 平岩幸一 / p219~219
  • P94 ゲームセンターで発見され、殺人が疑われたが、心筋梗塞による心破裂であると判明した事例 / 畑伸秀
  • 小湊慶彦
  • 島田一郎
  • 滝澤久夫
  • 藤倉隆 / p220~220
  • P95 脊椎損傷を合併した外傷性脳底動脈破裂例 / 佐藤保則
  • 近藤稔和
  • 大島徹
  • 大辻雅彦
  • 林子清
  • 南野友義
  • 高安達典 / p221~221
  • P96 交通事故死の1剖検例--大腿部デコルマンへの小腸嵌入について / 杉江秀明
  • 庄井のり子
  • 古川理孝
  • 小谷淳一
  • 栗原文男、栗原克由 / p222~222
  • P97 痴呆性老人の交通外傷例について / 澤口聡子
  • 澤口彰子
  • 福島康子
  • 中村茂基
  • 大上治
  • 王秀玲
  • 山下ケサ子 / p223~223
  • P98 DNA型判定の考え方--剖検事例を通して / 福井謙二
  • 高津光洋 / p224~224
  • P99 歯科的証拠により確認された二事例について / 橋本正次
  • 寺田仁志
  • 鈴木和男 / p225~225
  • P100 マイコプラズマ肺炎による乳児急死例 / 木下博之
  • 井尻巖
  • 飴野節子
  • 福家千昭
  • 田中直康
  • 飴野清 / p226~226
  • P101 脾破裂の一例 / 小山宏義
  • 井上博之
  • 佐藤友紀
  • 中村昌美
  • 門間純
  • 的場梁次 / p227~227
  • P102 全身性浮腫を伴った熱射病の1剖検例 / 瀬尾泰久
  • 島田康司
  • 松田洋和
  • 髙濱桂一 / p228~228
  • P103 医療処置中のアルコール産生が認められた外傷患者剖検例について / 守屋文夫
  • 長崎靖
  • 中西祥徳
  • 橋本良明 / p229~229
  • P104 救命救急センター薬物スクリーニングと精神疾患 / 林田真喜子
  • 仁平信
  • 大野曜吉
  • 植草協子
  • 平川慶子
  • 渡辺信夫
  • 犬塚祥
  • 益子邦洋 / p230~230
  • P105 東京都23区内における災害死の変遷 / 濱松晶彦
  • 小島原將直
  • 松尾義裕
  • 安原正博
  • 徳留省悟
  • 庄司宗介 / p231~231
  • P106 家庭用ゴミ袋を用いた奇異な都市ガス中毒死例 / 吾郷美保子
  • 津金澤督雄
  • 小片守
  • 吾郷一利
  • 中島弘志 / p232~232
  • P107 飲用によるトルエン中毒の一剖検例 / 上野易弘
  • 屋敷幹雄
  • 矢田加奈子
  • 西村明儒
  • 足立順子
  • 坂部篤子
  • 浅野水辺
  • 柳田泰義
  • 小嶋亨
  • 龍野嘉紹 / p233~233
  • P108 ベンジン飲用による中毒死の一剖検例 / 原田一樹
  • 牧角俊郎
  • 吉田謙一 / p234~234
  • P109 飲酒とシアナミドの服用による死亡例 / 小嶋亨
  • 長澤信行
  • 屋敷幹雄
  • 岩崎泰昌 / p235~235
  • P110 有機燐系農薬DDVP中毒死における体内分布 / 清水恵子
  • 福島亨
  • 佐々木雅弘
  • 塩野寛
  • 阿久津弘明
  • 阪田正勝 / p236~236
  • P111 硫化水素漏出事故の三剖検例 / 伊藤敦子
  • 伊藤順通
  • 渡部美千子
  • 星田美奈子
  • 小口岳史
  • 山本好男 / p237~237
  • P112 パラコート中毒とインターロイキン8について / 飴野清
  • 飴野節子
  • 福家千昭
  • 木下博之
  • 田中直康
  • 井尻巖 / p238~238
  • P113 培養細胞のパラコート毒性(III) / 富田正文 / p239~239
  • P114 パラコートの毒性発現に及ぼすビタミンCとミネラルの影響 / 南方かよ子
  • 鈴木修 / p240~240
  • P115 高脂血症治療剤による過酸化水素の産生とエタノール代謝 / 磯部英二
  • 鐘ヶ江孝
  • 武藤亨
  • 松村芳子
  • 塚本昭次郎
  • 名児耶忠章
  • 嶋村政男
  • 三枝洋子 / p241~241
  • P116 ラットにおけるエタノール代謝物動態とALDH多型 / 松本博志
  • 松林景子
  • 早瀬環
  • 小島一也
  • 山本淑子
  • 山本啓一
  • 阿比留仁
  • 福井有公 / p242~242
  • P117 コカインのトキシコキネティクス--標的臓器における分布特性と毒性評価(第二報) / 中村智恵美
  • 橋本征也
  • 乾賢一
  • 福井有公
  • 石津日出雄 / p243~243
  • P118 脳梁の発達におけるコカインの影響(第四報) / 小島一也
  • 阿比留仁
  • 松本博志
  • 早瀬環
  • 松林景子
  • 福井有公 / p244~244
  • P119 薬物代謝の遺伝的多型と法中毒学 / 山田光子
  • 佐藤まゆみ
  • 牛山郁子
  • 西克治 / p245~245
  • P120 ヒト血清アルブミンと諸種覚せい剤の結合反応に関する研究 / 柳澤裕子
  • 中里賢一
  • 長井敏明
  • 松島和巳
  • 上山滋太郎
  • 長井辰男 / p246~246
  • P121 マイコトキシンのヒト血小板に及ぼす影響 / 水谷洋子
  • 伊藤美武
  • 山田高路 / p247~247
  • P122 ラット尿中の幻覚剤、MDMAとMDAの光学異性体の経時的変化とその立体選択的代謝 / 松島和巳
  • 長井敏明
  • 岩本文夫
  • 加藤幸映
  • 金谷英明
  • 黒須明
  • 高橋雅典
  • 上山滋太郎 / p248~248
  • P123 SPMEによる血中覚せい剤の迅速分析法 / 屋敷幹雄
  • 長澤信行
  • 岩崎泰昌
  • 小嶋亨
  • 原健二 / p249~249
  • P124 覚せい剤の迅速スクリーニング法 / 長井辰男
  • 柳澤裕子
  • 櫻谷和代 / p250~250
  • P125 毛髪中Chlorpromazineの分析 / 梶原正弘
  • 須藤孝子
  • 渡辺貞一
  • 上野麻夫
  • 荘司輝昭
  • 高木徹也
  • 蔭原聞天
  • 柏手宏允
  • 岡田健夫
  • 佐藤喜宣 / p251~251
  • P126 重水素標識内部標準物質を用いたカラムスイッチングキャピラリHPLC/FAB-MSによる血清中のミダゾラムの定量 / 佐野敏幸
  • 小林克章
  • 水野靖
  • 佐藤啓造
  • 勝又義直 / p252~252
  • P127 GC/MSによる体組織中ブロマゼパムの分析 / 工藤恵子
  • 張喜軒
  • 今村徹
  • 實渕成美
  • 永田武明 / p253~253
  • P128 キャピラリー高速液体クロマトグラフィーによるベンゾジアゼピン類の分析 / 田口智子
  • 李暁鵬
  • 熊沢武志
  • 佐藤啓造 / p254~254
  • P129 固相マイクロ抽出(SPME)法によるフェノチアジン系薬物分析の検討 / 丸山恭子
  • 高津光洋
  • 重田聡男
  • 大槻政弘 / p255~255
  • P130 2ミクロンODSシリカを用いた逆相クロマトグラフィーによる8種類の抗てんかん薬一斉分析について / 田中栄之介
  • 三澤章吾
  • 寺田賢
  • 若杉長英 / p256~256
  • P131 食・毒キノコの鑑別スクリーニング法の検討(第5報) / 権守邦夫
  • 田頭朗
  • 佐藤朗
  • 吉岡尚文 / p257~257
  • P132 体組織中灯油成分の定量とその意味づけ / 福島正充
  • 木村恒二郎
  • 松原和夫
  • 井津智子
  • 高橋節典
  • 田部浩一 / p258~258
  • P133 亜硝酸ナトリウムの経皮吸収的メトヘモグロビン血症の実験的研究 / 斉藤剛
  • 武市早苗
  • 大澤資樹
  • 中島康洋
  • 瀬戸良久 / p259~259
  • P134 免疫組織染色法の法中毒への応用 / 栗崎恵美子
  • 郡司啓文
  • 水澤郁文
  • 平岩幸一 / p260~260
  • Pl35 法医中毒情報のシステム化に関する研究(1)--データベース化について / 寺田腎
  • 若杉長英
  • 権守邦夫
  • 吉岡尚文
  • 田中栄之介
  • 三澤章吾
  • 仁平信
  • 林田真喜子
  • 大野曜吉
  • 高安達典
  • 大島徹
  • 屋敷幹雄
  • 小嶋亨
  • 影浦光義
  • 柏村征一 / p261~261
  • P136 入浴剤の検出による溺死の証明 / 向田政博
  • 高田雄三
  • 木村博子 / p262~262
  • Pl37 脳死症例における鼻腔誘導脳波の解析及び分類(2) / 沖井裕
  • 赤根敦
  • 河本圭司
  • 綿引利充
  • 吉田学
  • 吉村澄孝
  • 時安太久磨 / p263~263
  • P138 臓器移植法案の問題点と課題 / 黒須三恵
  • 長谷場健
  • 大野曜吉 / p264~264
  • P139 法における死に関する「異状」と「異常」の表現について / 三上八郎
  • 芳賀光治
  • 寺沢浩一 / p265~265
  • P140 法医学実務と臨床法医学 / 恒成茂行
  • 米満孝聖
  • 木林和彦
  • 本庄弘次
  • 樋口章浩 / p266~266
  • P141 わが国における災害の発生状況と法医学的問題点 / 大橋教良
  • 三澤章吾 / p267~267

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本法医学雑誌 = The Japanese journal of legal medicine
著作者等 日本法医学会
書名ヨミ ニホン ホウイガク ザッシ = The Japanese journal of legal medicine
書名別名 The Japanese journal of legal medicine
巻冊次 50補冊
出版元 日本法医学会
刊行年月 1996-04
ページ数
大きさ 26-28cm
ISSN 00471887
NCID AN00197605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00019085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想