日本法医学雑誌 = The Japanese journal of legal medicine  48補冊

国立国会図書館雑誌記事索引 3 (6) 1949.11~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;補冊号あり;2巻1号 (Jan. 1948)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特別講演 肺に関わる二、三の知見について--法医剖検例を中心として / 大谷勲 / p27~29
  • 特別講演 肺表面活性物質の法医学的応用 / 森田匡彦 / p30~33
  • 特別講演 窒息の病態生理学的研究と法医診断学的応用 / 澤口彰子 / p34~38
  • シンポジウム1 DNA多型分析の基礎技術 / 福島弘文 / p39~39
  • シンポジウム2 Rh抗原の発現と遺伝子解析 / 池本卯典
  • 梶井英治 / p40~40
  • シンポジウム3 法医学試料からの性別判定 / 塩野寛 / p41~41
  • シンポジウム4 分子遺伝疫学技術の社会医学への応用--DNA多型と慢性疾患 / 原田勝二 / p42~42
  • シンポジウム5 動物におけるDNA多型と親子判定への応用 / 向山明孝 / p43~43
  • シンポジウム6 DNA鑑定と刑事司法をめぐる問題 / 斎藤誠二 / p44~44
  • A1 AMPFLPおよびSTR多型の自動フラグメント分析(GENESCAN) / 原島規吉
  • 太田正穂
  • 土金彰
  • 本田克也
  • 勝山善彦
  • 杉山英子
  • 福島弘文 / p45~45
  • A2 STR多型検出およびMultiplex PCR法の検討 / 髙橋雅典
  • 加藤幸映
  • 黒須明
  • 長井敏明
  • 上山滋太郎 / p46~46
  • A3 STR多型の型判定における問題点 / 黒崎久仁彦
  • 木内政寛
  • 植田信太郎 / p47~47
  • A4 法科学資料からのShort Tandem Repeat部位の多型検出 / 吉田日南子
  • 関口和正
  • 水野なつ子
  • 笠井賢太郎
  • 坂井活子
  • 佐藤元
  • 瀬田季茂 / p48~48
  • A5 Amp-FLP結果を変動させるPCR阻害物質 / 吉井富夫
  • 秋山勝則
  • 武田江里加
  • 石山昱夫 / p49~49
  • A6 PCR法を用いたヒト組織からのDNA多型検査におよぼす温熱曝露の影響 / 横田信
  • 長井講有
  • 井村万亀雄
  • 前田均 / p50~50
  • A7 分子生物学的手法を用いた個人識別法の実用化と法医学的試料への応用 / 佐々木雅弘
  • 塩野寛 / p51~51
  • A8 血液以外の試料を用いたDNA型の親子鑑定への応用 / 西牧裕子
  • 佐藤慶太
  • 勝又純俊
  • 周懐谷
  • 米村勇
  • 中嶋八良
  • 支倉逸人 / p52~52
  • A9 DNA多型の親子鑑定への応用(III) / 中村茂基
  • 澤口聡子
  • 中田伸子
  • 大上治
  • 小笠原壽恵
  • 澤口彰子 / p53~53
  • A10 MVR法による血縁判定について(第2報) / 神山清文
  • 横田真一
  • 近藤由佳
  • 保里昌彦
  • 樋口十啓 / p54~54
  • A11 アリル特異的MVR-PCRの法医学的応用 / 玉木敬二
  • 黄秀林
  • 山本敏充
  • 打樋利英子
  • 勝又義直 / p55~55
  • A12 マイクロサテライトDNA多型(HUMTO01,FES)の法医学的応用 / 田村明敬
  • 松井清司
  • 藤田清司
  • 内田敦子
  • 宮崎時子
  • 溝井泰彦 / p56~56
  • A13 法医学における多型分析に適したマイクロサテライトの検討 / 藤田一
  • 内藤笑美子
  • 出羽厚二
  • 山内春夫
  • 木南凌 / p57~57
  • A14 Alu-PCR産物のDNA多型 / 玉置嘉広
  • 岸田哲子
  • 福田昌子
  • 王嵬
  • 黒木浩二 / p58~58
  • A15 Rh polypeptideのsplicing isoforms / 梶井英治
  • 梅西文範
  • 池本卯典 / p59~59
  • A16 PCR-SSCP法によるMCT118(D1S80)interalleleの分析 / 永井淳
  • 渡辺芳久
  • 山田定男
  • 武内康雄
  • 大谷勲 / p60~60
  • A17 唾液蛋白シスタチンSAの多型と関連するシスタチン遺伝子CST2の変異 / 羽賀俊明
  • 水口清 / p61~61
  • A18 フタMHCのDNA多型について / 進藤祥子
  • 吉岡尚文 / p62~62
  • A19 PCR法による歯からのDNA型分析 / 太田黒弘子
  • 向山レイ
  • 堤博文
  • 小室歳信
  • 岸田泰栄
  • 美浦一郎
  • 川野茂
  • 竹井哲司 / p63~63
  • A20 唾液斑からのDNA検出に関する法医歯科学的研究 / 簑島忠夫
  • 宇都宮丈児
  • 伊東励
  • 山岸光男
  • 吉沢英樹
  • 大谷進
  • 山本勝一 / p64~64
  • A21 ラット各組織におけるFas抗原発現性の検討 / 小口岳史
  • 伊藤敦子 / p65~65
  • A22 生物試料からのガスクロマトグラフィーによるアルコールと青酸の同時測定 / 塚本昭次郎
  • 鐘ケ江孝
  • 内ケ崎西作
  • 北澤実
  • 千葉正悦
  • 遠藤真琴
  • 松村芳子
  • 武藤亨
  • 山口進久
  • 村上知二
  • 押田茂實 / p66~66
  • A23 ミクロHPLCfritFAB/MSによる生体試料中テオフィリンおよび関連化合物の分析 / 稗田洋子
  • 柏村征一
  • 原健二
  • 影浦光義 / p67~67
  • A24 HPTLCによる解熱鎮痛消炎剤の分析(第2報) / 篠塚達雄
  • 武井節子
  • 黒田直人
  • 栗原克由
  • 柳田純一 / p68~68
  • B1 脳脂質の死後変化 / 新津ひさえ
  • 熊谷礼子
  • 桂秀策 / p69~69
  • B2 死後の瞳孔径の変化について / 吉川潔
  • 高橋弘志
  • 鈴木庸夫 / p70~70
  • B3 本栖湖中に9年間沈んでいた死ろう化死体 / 大矢正算
  • 木戸啓
  • 木村由紀子
  • 西園敏子
  • 井上利男 / p71~71
  • B4 硝子体液、髄液、心のう液のヒポキサンチン濃度による死後経過時間推定に関する研究 / 杉江秀明
  • 栗原文男
  • 船尾忠孝 / p72~72
  • B5 頸椎脱臼後のラット線条体ドパミン及びセロトニン放出増加の法医学的検討 / 吉本寛司
  • 河村啓司
  • 上村公一
  • 古村節男
  • 矢山和宏 / p73~73
  • B6 皮膚損傷の受傷後経過時間に関する実験的研究(第1報) / 近藤稔和
  • 大辻雅彦
  • 西上潤
  • 高安達典
  • 大島徹 / p74~74
  • B7 Carboxypeptidase Nを用いた損傷の生活反応判定について--人屍例への応用 / 前野善孝
  • 森諭香
  • 岩佐峰雄
  • 井上博之
  • 的場梁次 / p75~75
  • B8 急死例に認められる脳の循環障害 / 藤倉隆
  • 小湊慶彦
  • 滝沢久夫
  • 平田ゆかり
  • 浜島誠
  • 坂逸平
  • 伊藤弘行
  • 内藤道興 / p76~76
  • B9 損傷に基づく神経線維(特に軸索)の形態的変化について / 小片守
  • 吾郷一利
  • 吾郷美保子
  • 中島弘志
  • 津金澤督雄 / p77~77
  • B10 道央地区における最近の乳児急死、特に就寝ならびに発見体位について / 舟山眞人
  • 安積順一
  • 畠克彦
  • 田畑典子
  • 渡辺俊文
  • 森田匡彦 / p78~78
  • B11 大阪府監察医事務所における乳幼児突然死(SIDS)症例について--胸腺の免疫組織学的検討および肝臓の脂肪変性に関する検討 / 河野朗久
  • 西克冶
  • 的場梁次
  • 坂井芳夫
  • 助川義寛 / p79~79
  • B12 焼死組織によるユビキチンの免疫組織化学的検索 / 大谷静治
  • 舟山眞人
  • 池田卓也
  • 渡邊俊文
  • 畠克彦
  • 那谷雅之
  • 斎藤一之
  • 森田匡彦
  • 佐藤昇志 / p80~80
  • B13 アナフィラキシー・ショックの免疫組織化学的検索 / 山崎紀子
  • 向田政博
  • 長谷川達也 / p81~81
  • B14 各種中毒ラット肝、腎、脳におけるカテプシンB、H、Lの局在--免疫組織化学的研究 / 徳永逸夫
  • 前岩道彦
  • 武市早苗 / p82~82
  • B15 ラットを用いたinsitu一回灌流法によるエタノールの腸管吸収に関する研究 / 木下博之
  • 井尻巖
  • 飴野節子
  • 福家千昭
  • 霧生孝弘
  • 篠原豊彦
  • 飴野清 / p83~83
  • B16 フェニルアミノアラニンの蓄積性について--トリプトファン食品による健康障害関連物質(第2報) / 足立順子
  • Esther M.Sternberg / p84~84
  • B17 ヒト精液及び腎γ-glutamyltransferaseの酵素反応速度論的解析 / 郡司啓文
  • 平岩幸一 / p85~85
  • B18 熱ショックタンパク質に関する研究(第2報)熱ストレスによるユビキチンの合成誘導と細胞内局在 / 笠井謙多郎
  • 刘兰
  • 北敏郎
  • 田中宣幸 / p86~86
  • B19 ヒト涙特異的抗体の作製と法医学的応用 / 長江美紀子
  • 青木康博
  • 那谷雅之
  • 勾坂馨 / p87~87
  • B20 膵特異抗体の作製とその特性 / 山口和哉
  • 安田誠治
  • 大澤資樹
  • 野坂みずほ
  • 辻力
  • 木村章彦 / p88~88
  • B21 酵素免疫測定法によるヒト及び臓器の識別同定:肝損傷の免疫学的検討(第6報)--ヒト肝特異抗原の糖鎖解析 / 瀬尾泰久
  • 高濵桂一 / p89~89
  • B23 動物血清ハプトグロビン様蛋白の性状について / 廣瀬渉
  • 津田亮一
  • 松本秀樹
  • 鶴屋伸一郎
  • 中園一郎 / p90~90
  • B22 抗10-ハイドロキシ-12-オクタデセノエン酸モノクローナル抗体の作製とその特異性 / 山田良広
  • 長尾正崇
  • 岩瀬博太郎
  • 酒田和彦
  • 高取健彦 / p91~91
  • B24 法医解剖における感染性ウイルスの抗原と抗体の検索 / 恒成茂行
  • 木林和彦
  • 樋口章浩
  • 本庄弘次 / p92~92
  • A25 脳死判定に及ぼす生前の薬物投与の影響について / 斉藤剛
  • 武市早苗
  • 中島康洋
  • 澤田祐介
  • 山本五十年 / p93~93
  • A26 薬毒物による腎障害発症の病理組織学的解析と脂質過酸化の関与に関する研究 / 山田高路
  • 山田久陽 / p94~94
  • A27 腎毒性物質によるチトクロームP450分子種への影響(第4報) / 中村真弓
  • 田中栄之介
  • 三澤章吾 / p95~95
  • A28 メタンフェタミンによる高体温発生のメカニズムについて / 牧角俊郎
  • 吉田謙一 / p96~96
  • A29 尿中覚せい剤の各種スクリーニング法の有用性と限界について / 屋敷幹雄
  • 宮崎哲次
  • 若本普文
  • 小嶋亨
  • 津久江一郎
  • 織田一衛
  • 倉本孝子
  • 坂井紘治 / p97~97
  • A30 Adultラット培養心筋細胞の覚醒剤毒性観察(1) / 何頌躍
  • 袖崎賢一郎
  • 的場梁次 / p98~98
  • A31 火災時発生ガスの混合毒性と死亡原因の推定 / 服藤恵三 / p99~99
  • A32 硫化水素の法医中毒学的研究(第6報) / 山本好男
  • 山田光子
  • 種子島章男
  • 兼正晃
  • 福永龍繁
  • 西克治 / p100~100
  • A33 キシレン中毒が骨格筋収縮機構に及ぼす影響について / 矢部勝弘
  • 齋藤一之
  • 新井正明
  • 高田綾
  • 原正昭
  • 村井達哉
  • 渡辺博司 / p101~101
  • A34 エチルコカインによる心筋障害についての実験的研究--単離心筋細胞を用いて / 白鴻成
  • モハメッド-ナシムル-イスラム
  • 黒木尚長
  • 寺田賢
  • 若杉長英 / p102~102
  • A35 COCAINE-ALCOHOL関連死体の血中COCAETHYLENE濃度 / 守屋文夫
  • Joseph J.Muto
  • トーマスT.野口
  • 石津日出雄 / p103~103
  • A36 アルコール・コカイン併用時のコカエチレンの生成と致死作用との関係 / 早瀬環
  • 松林景子
  • 小島一也
  • 松本博志
  • 福井有公 / p104~104
  • A37 ジニトロアニリン系除草剤の迅速分離法とキャピラリーガスクロマトグラフィー / 熊沢武志
  • 李暁鵬
  • 佐藤啓造
  • 石井晃
  • 妹尾洋
  • 鈴木修 / p105~105
  • A38 培養細胞のパラコート毒性(II) / 富田正文 / p106~106
  • A39 胃内容のみから検出された覚醒剤類似物質の同定 / 丸山恭子
  • 重田聡男
  • 高津光洋
  • 新垣百合朝
  • 阿部光伸
  • 大槻政弘 / p107~107
  • A40 GC-NPDによる抗精神病薬のスクリーニング--Costello法と固相抽出法の比較検討 / 徳永仁伯
  • 永田武明
  • 工藤恵子
  • 今村徹
  • 浦川成美 / p108~108
  • A41 エカチン®中毒におけるチオメトン、酸化活性代謝物チオメトンスルホキシドおよびチオメトンスルホンの法中毒学的考察 / 池渕淳
  • 湯浅勲
  • 入澤淑人 / p109~109
  • A42 ベンザナマイド系薬物の表面電離検出ガスクロマトグラフィーによる分析 / 石井晃
  • 鈴木修
  • 熊沢武志 / p110~110
  • A43 裁判科学的尿中モルヒネ分析における留意点 / 松原和夫
  • 長谷川正紀
  • 間瀬田千香暁
  • 香川昌人
  • 高橋節典
  • 木村恒二郎 / p111~111
  • B25 PCR-RFLP法によるABO式血液型の遺伝子型判定(続報) / 西向弘明
  • 福森泰雄
  • 沖浦達幸
  • 織本千年
  • 四宮孝昭 / p112~112
  • B26 血痕からのABO式血液型の遺伝子型検出に際しての問題点 型の異なる血液型の混合について / 中西祥徳
  • 長崎靖
  • 橋本良明 / p113~113
  • B27 O遺伝子検出のための対立遺伝子特異的増幅法 / 松木孝澄
  • 中島たみ子
  • 古川研 / p114~114
  • B28 唾液中のLewis型血液型物質の定量 / 木村博司
  • 王保捷
  • 秋山和子 / p115~115
  • B29 レーザー光熱変換分光分析法による免疫学的反応の測定(3)血清中のLewis式血液型抗原の測定 / 木村博子
  • 松沢茂隆
  • 杜昭儀
  • 北森武彦
  • 澤田嗣郎 / p116~116
  • B30 P式血液型のp型に比較的多量に存在するP類似抗原の生合成 / 竹屋章
  • 細見修
  • 矢澤伸
  • 西島洋憲
  • 小暮正久 / p117~117
  • B31 血漿中に証明されるα-L-フコシダーゼ(FUCA1)の遺伝的多型 / 竹下治男
  • 灘野大太
  • 安田年博
  • 飯田礼子
  • 岸紘一郎 / p118~118
  • B32 Dried agarose film overlay(DAFO)法を用いた精液斑からのDnase I型判定 / 澤崎一三
  • 灘野大太
  • 竹下治男
  • 飯田礼子
  • 岸紘一郎 / p119~119
  • B33 ヒト組織における血液型B抗原のα-galactosidaseならびに顕微定量測光法による定量化の試み / 伊藤信彰
  • 河原信吾
  • 石谷昭子
  • 平野佳成
  • 森村佳史
  • 東裕子
  • 廣田忠臣 / p120~120
  • B34 ヒト甲状軟骨の超軟X線像からの年齢推定(第IV報) / 小西聡
  • 巽信二
  • 佐野嘉則
  • 野田裕司
  • 山口真由
  • 古谷昭雄
  • 杉山静征
  • 吉村昌雄 / p121~121
  • B35 ポリエステル粘着シートを用いた毛髪標本作製法 / 岩本良二
  • 棟方栄治
  • 村川雄大
  • 太田奈穂樹 / p122~122
  • B36 糞便の微量分析についてあるいは糞便の系統的分析法 / 本村浩之
  • 石原卓士 / p123~123
  • B37 北海道南西沖地震に伴う検屍の際に感じた法医学的問題 / 塚本哲
  • 三上八郎
  • 舟山真人
  • 芳賀光治
  • 寺沢浩一 / p124~124
  • B38 被虐待児症候群の3剖検例 / 佐藤喜宣
  • 岡田健夫
  • 柏手宏允
  • 渡邉貞一
  • 須藤孝子
  • 梶原正弘
  • 蔭原聞天
  • 荘司輝昭
  • 高木徹也
  • 北村明子
  • 遠藤任彦
  • 向井敏二
  • 梁瀬武史 / p125~125
  • B39 兵庫医科大学法医学教室が取り扱った過去20年間における異状死体の統計的検討(その1) / 菱田繁
  • 羽竹勝彦
  • 谷口忠昭
  • 大内晴美
  • 根來宗孝
  • 南貴子
  • 日笠久美
  • 山村武彦 / p126~126
  • B40 尿中α-human atrial natriuretic peptide分析の法医学領域における応用 / 鳥山直樹
  • 中山圭美
  • 加藤明子
  • 雨宮愛
  • 稲村啓二
  • 相原弼徳
  • 嶋田光哉
  • 津田征郎 / p127~127
  • B41 脳波自動解析システムによる鼻腔誘導脳波の検討(5) / 沖井裕
  • 河本圭司
  • 橋本孫一
  • 綿引利充
  • 吉田学
  • 吉村澄孝
  • 時安太久磨
  • 石田哲朗
  • 赤根敦 / p128~128
  • B42 C言語による法医剖検画像データベース検索システムの開発 / 大野曜吉
  • 平川慶子
  • 丸田哲生
  • 植草協子
  • 佐藤美保 / p129~129
  • P1 in vivo³¹P-MRS法によるラット骨格筋の死後変化の数量化(1)--死後経過時間推定への応用 / 平川慶子
  • 植草協子
  • 仁平信
  • 丸田哲生
  • 大野曜吉 / p131~131
  • P2 実験的腸管損傷に対する物理学的検討 / 向田政博
  • 高田雄三
  • 池本隆昭
  • 山崎紀子 / p132~132
  • P3 脳損傷の生成機序に関する研究の進歩について / 藤原敏
  • 柳田泰義
  • 西村明儒
  • 上野易弘
  • 中川加奈子
  • 足立順子
  • 龍野嘉紹
  • 溝井泰彦 / p133~133
  • P4 人体上に残された咬傷と思われる損傷の鑑定例 / 網干博文
  • 池谷剛
  • 高橋登世子
  • 遠藤真琴
  • 内ヶ崎西作
  • 小室歳信
  • 竹井哲司 / p134~134
  • P5 医療処置介在例における剖検所見の変容とその法医学的意義 / 橋本良明
  • 長崎靖
  • 中西祥徳 / p135~135
  • P6 乳児急死例における肝細胞内の熱ショック蛋白質(ユビキチン)所見 / 舟山眞人
  • 景山則正
  • 畠克彦
  • 安積順一
  • 渡辺俊文
  • 森田匡彦
  • 大谷静治
  • 村井達也
  • 徳留省悟
  • 池田卓也 / p136~136
  • P7 椎骨動脈の解離性動脈瘤について / 村井直子
  • 村井達哉
  • 齋藤一之
  • 高田綾
  • 松尾義裕
  • 新井正明
  • 矢部勝弘
  • 原正昭
  • 渡辺博司 / p137~137
  • P8 乳幼児突然死症候群における肺・気管の病理組織学的所見--デイド郡監察医事務所での105剖検例の検討 / 青木康博 / p138~138
  • P9 法医解剖120例における腎組織所見について / 伊藤洋子
  • 上村繁雄
  • 木村博司
  • 助川義寛 / p139~139
  • P10 剖検で横紋筋融解のみとめられた4症例 / 高田綾
  • 矢部勝弘
  • 原正昭
  • 村井直子
  • 新井正明
  • 齋藤一之
  • 村井達哉
  • 渡辺博司 / p140~140
  • P11 病院内で死亡した妊婦の2剖検例 / 向井敏二
  • 加納節夫
  • 原修一
  • 岩田修永
  • 簗瀬武史
  • 遠藤任彦
  • 佐藤喜宣
  • 黒崎久仁彦 / p141~141
  • P12 法医剖検例における熱ショック蛋白質の出現様態 / 久保真一
  • 北村修
  • 折原義行
  • 深江鉄男
  • 中園一郎 / p142~142
  • P13 抗ロイコトキシンモノクローナル抗体の作製とその免疫組織化学的応用 / 長尾正崇
  • 張維東
  • 山田良広
  • 大野常彰
  • 岩楯公晴
  • 高取健彦 / p143~143
  • P14 Dihydrotestosteroneの心血管系に及ぼす影響 / 角田健司
  • 渡辺正二
  • 佐藤啓造 / p144~144
  • P15 ラット虚血再灌流心筋におけるカルパイン活性の変化 / 反町吉秀
  • 吉田謙一 / p145~145
  • P16 高血圧自然発症ラットの動脈血管壁マトリックスの検討 / 藤谷登
  • 松村末夫 / p146~146
  • P17 イムノクロマト法(仮称)による唾液からのABO式および分泌型非分泌型の判定 / 森田香
  • 松沢茂隆 / p147~147
  • P18 キノコにに分布する血球凝集素(レクチン)の血液型と糖特異性について / 任穎
  • 中島たみ子
  • 松木孝澄
  • 古川研 / p148~148
  • P19 血液型自動判定装置の吸収試験への応用 / 佐藤元嗣
  • 水野靖
  • 小島俊典
  • 大瀧博之 / p149~149
  • P20 酵素免疫測定法(ELISA)による血痕からのRh系血液型の検査法 / 松原和夫
  • 田部浩一
  • 中村博明
  • 香川昌人
  • 高橋節典
  • 木村恒二郎 / p150~150
  • P21 ASO-Primer PCR法によるGSTM1 allelesの検出 / 原田勝二
  • 中村貴子
  • 三澤章吾 / p151~151
  • P22 唾液DNase Iの遺伝的多型 / 岸紘一郎
  • 天井悦子
  • 澤崎一三
  • 竹下治男
  • 灘野大太
  • 安田年博 / p152~152
  • P23 霊長類の血液型遺伝子 / 小湊慶彦
  • 山本文一郎 / p153~153
  • P24 ミスマッチプライマーを用いたPCR-RFLPs法によるKm型判定 / 藤田清司
  • 鈴木広一
  • 岩田美佐
  • 伊東重徳
  • 田村明敬
  • 内田敦子
  • 溝井泰彦 / p154~154
  • P25 MCT118型対立遺伝子の栃木県在住の日本人における出現頻度 / 福井えみ子
  • 紺野薫
  • 土田修一
  • 池本卯典 / p155~155
  • P26 VNTR多型の迅速PCR増幅法 / 勝山善彦
  • 原島規吉
  • 本田克也
  • 太田正穂
  • 土金彰
  • 全田浩
  • 福島弘文 / p156~156
  • P27 Polyacrylamide gel electrophoresisを用いたhaptoglobinバリアントの検索とそのhemoglobin結合の分子識別学的研究 / 岡崎登志夫
  • 柳澤裕子
  • 長井辰男 / p157~157
  • P28 Integrin α IIb遺伝子Exon 30に存在するPolymorphic Silent Base Change / 岩本禎彦
  • 梶井英治
  • 池本卯典 / p158~158
  • P29 血痕からのDNA抽出・精製と多型性検出 / 那谷雅之
  • 何平
  • 青木康博
  • 長江美紀子
  • 勾坂馨
  • 木村敏夫 / p159~159
  • P30 PCR-SSCP分析法によるHLA-DQB2領域の遺伝的多型 / 秋山勝則
  • 吉井富夫
  • 石山昱夫 / p160~160
  • P31 PCR法による歯からの性別判定--第二報 / 宇都宮丈児
  • 簑島忠夫
  • 伊東励
  • 山本伊佐夫
  • 山本茂
  • 大谷進
  • 山本勝一 / p161~161
  • P32 二段階PCR法を用いたHLA-DNAタイピングの歴史学的資料への応用 / 打樋利英子
  • 山本敏充
  • 小島俊典
  • 玉木敬二
  • 勝又義直
  • 小澤智生
  • 山田格 / p162~162
  • P33 法医学的応用に適するマイクロサテライトの効率的検出と集団調査 / 福田昌子
  • 玉置嘉広
  • 王嵬
  • 岸田哲子
  • 黒木浩二 / p163~163
  • P34 MCT118型及びHLADQα型の日本人における出現頻度 / 佐藤元
  • 笠井賢太郎
  • 吉田日南子
  • 水野なつ子
  • 関口和正
  • 千住弘明
  • 坂井活子
  • 瀬田季茂 / p164~164
  • P35 Y染色体マイクロサテライトY-27H39(DYS19)多型の法医学への応用 / 山本雄二
  • 高田真吾
  • 宮石智
  • 守屋文夫
  • 石津日出雄 / p165~165
  • P36 血液及び毛髪からのMCT118型検出の学生実習への導入 / 千葉正悦
  • 内ケ崎西作
  • 北澤実
  • 武藤亨
  • 村上知二
  • 鐘ケ江孝
  • 遠藤真琴
  • 塚本昭次郎
  • 押田茂實 / p166~166
  • P37 PCRによる陳旧毛髪の性別判定の一例--約800年前の毛髪の鑑定例 / 福井謙二
  • 高津光洋 / p167~167
  • P38 高速液体クロマトグラフィーによる保存成人溶血液ヘモグロビンの分析 / 桂生代
  • 熊谷礼子
  • 桂秀策 / p168~168
  • P39 アミノ酸ラセミ化法による焼死体の歯からの年齢推定へのアプローチ(1) / 大谷進
  • 小笠原章夫
  • 相田順子
  • 杉本治雄
  • 菅野均
  • 山本勝一 / p169~169
  • P40 数種哺乳類精細管の組織化学的検索 / 池原譲
  • 種子島章男
  • 兼正晃
  • 山田光子
  • 山本好男
  • 福永龍繁
  • 西克治 / p170~170
  • P41 HPLCによる胃内容中野菜種の同定 / 林葉康彦
  • 永田武明
  • 木村恒二郎
  • 今村徹 / p171~171
  • P42 恥骨結合面の形態からの年齢推定 / 入江啓一
  • 芳賀光治
  • 三上八郎
  • 塚本哲
  • 寺沢浩一 / p172~172
  • P43 血痕より抽出したABH抗原のELISA法による血液型検査 / 細江洋之
  • 山本秀孝
  • 内田英成 / p173~173
  • P44 脂肪酸組成分析による人獣骨片の鑑別について / 香川昌人
  • 中村博明
  • 長谷川正紀
  • 間瀬田千香暁
  • 松原和夫
  • 木村恒二郎 / p174~174
  • P45 食・毒キノコの鑑別スクリーニング法の検討(第3報) / 権守邦夫
  • 目黒ひとみ
  • 吉岡尚文
  • 卢英強 / p175~175
  • P46 全自動HPLC(REMEDi)による覚醒剤の分析 / 佐藤彌生
  • 黒崎久仁彦
  • 斎藤久子
  • 木内政寛 / p176~176
  • P47 塩化メチレン急性中毒時のラット体内濃度分布と組織障害 暴露様式の相違による比較検討 / 伊藤敦子
  • 竹下智子
  • 小口岳史
  • 島田優子
  • 伊藤順通 / p177~177
  • P48 アルコール食投与ラットの赤血球膜リン脂質の脂肪酸構成におけるγ[-]ルン酸の効果 / 塚本昭次郎
  • 藤岡達彦
  • 鐘ケ江孝
  • 名児耶忠章
  • 嶋村政男
  • 三枝洋子 / p178~178
  • P49 コカインの毒性について / 青木公子
  • 吉田武美
  • 黒岩幸雄 / p179~179
  • P50 毛髪中覚せい剤の分析 / 荘司輝昭
  • 高木徹也
  • 北村明子
  • 蔭原聞天
  • 須藤孝子
  • 渡辺貞一
  • 柏手宏允
  • 佐藤喜宣 / p180~180
  • P51 覚せい剤の光学活性の相違とアルブミン分子への結合定数および最大結合分子数に関する研究 / 柳澤裕子
  • 中里賢一
  • 長井辰男 / p181~181
  • P52 抗生物質投与時の死体アルコール濃度に関する研究--アルコールの死後産生のメカニズム / 長野亨
  • 笠井謙多郎
  • 田中宣幸 / p182~182
  • P53 キャピラリー高速液体クロマトグラフィー 高速原子衝撃質量分析法による生体試料中のミダゾラムの分析 / 佐野敏幸
  • 水野靖
  • 小林克章
  • 勝又義直
  • 服部秀樹
  • 山田高路
  • 佐藤啓造 / p183~183
  • P54 全胚培養法を用いたメタンフェタミンの催奇形作用に関する研究 / 山本淑子
  • 山本啓一
  • 阿比留仁
  • 福井有公
  • 塩田浩平 / p184~184
  • P55 カラムスイッチング法を用いた血清中薬毒物の直接分析 / 吉田学
  • 赤根敦
  • 沖井裕
  • 吉村澄孝
  • 時安太久磨
  • 綿引利充 / p185~185
  • P56 ヒトにおけるパラコートおよびジクワットの代謝産物について(第2報) / 飴野清
  • 福家千昭
  • 飴野節子
  • 木下博之
  • 霧生孝弘
  • 井尻巖 / p186~186
  • P57 救命処置に使用される薬剤の血中エタノール動態に及ぼす影響 ウサギによるエピネフリン投与実験 / 長崎靖
  • 中西祥徳
  • 橋本良明 / p187~187
  • P58 死体におけるスミチオンの血中濃度について / 米満孝聖
  • 土岐千絵
  • 浜田希世
  • 宮北省二
  • 恒成茂行 / p188~188
  • P59 水銀中毒事故死例 / 栗崎恵美子
  • 郡司啓文
  • 水澤郁文
  • 平岩幸一 / p189~189
  • P60 パンクロニウム中毒の剖検例 / 上村公一
  • 藤宮龍也
  • 古村節男
  • 屋敷幹雄
  • 小嶋亨 / p190~190
  • P61 2剖検例に認められたワセリン様異物の分析 / 吾郷美保子
  • 津金澤督雄
  • 小片守
  • 吾郷一利
  • 中島弘志
  • 末永正和 / p191~191
  • P62 水頭症を認めた飢餓死の1例 / 水澤郁文
  • 郡司啓文
  • 栗崎恵美子
  • 平岩幸一 / p192~192
  • P63 高度焼損死体の法医学的考察 / 織本千年
  • 四宮薫
  • 四宮孝昭 / p193~193
  • P64 外傷性硬膜静脈洞血栓症の1例 / 瀬戸良久
  • 武市早苗
  • 辻彰子
  • 小島原将直
  • 斉藤剛
  • 長沢俊郎
  • 中島康洋 / p194~194
  • P65 頸椎損傷の法医病理学的検討 / 藤宮龍也
  • 上村公一
  • 大洞弓子
  • 古村節男
  • 入澤淑人 / p195~195
  • P66 血液からコカインが検出された死体の一剖検例 / 大澤資樹
  • 三ッ国洋一 / p196~196
  • P67 Salmonella enteritidisによる細菌性食中毒の一剖検例 / 宮崎哲次
  • 小嶋亨
  • 屋敷幹雄
  • 岩﨑泰昌 / p197~197
  • P68 老年期における心肥大度の評価 / 重田聡男
  • 高津光洋
  • 一杉正仁
  • 一杉正治
  • 村田須美枝
  • 中村慎 / p198~198
  • P69 過去5年間に横浜市大で取扱った司法解剖の統計的及び社会医学的傾向について / 津田征郎
  • 嶋田光哉
  • 相原弼徳
  • 雨宮愛
  • 鳥山直樹
  • 尤志英
  • 馮永求 / p199~199
  • P70 北海道南西沖地震の検屍における法歯学的検査 / 三上八郎
  • 塚本哲
  • 芳賀光治
  • 寺沢浩一
  • 遠藤雅夫 / p200~200
  • P71 臓器提供者としての脳死患者における死体検案のあり方について / 黒須三恵
  • 長谷場健
  • 大野曜吉 / p201~201
  • P72 血漿脂質の加齢変化の実験的研究 / 水谷洋子
  • 伊藤美武
  • 伊藤要子
  • 佐藤秩子
  • 田内久
  • 山田髙路 / p202~202
  • P73 ホルマリン固定展示標本の新作製法 / 若杉長英
  • 小椋義明
  • 網干雄介
  • 鈴木捷 / p203~203
  • P74 頸部損傷の実験的研究 I.後頭環軸関節の損傷による回旋不安定性 / 盛島利文
  • 池田典昭
  • 原田征行 / p204~204
  • P75 正面衝突した普通乗用車の運転者に見られた頭蓋底輪状骨折 / 上野易弘
  • 中川加奈子
  • 西村明儒
  • 中西孝一
  • 足立順子
  • 藤原敏
  • 龍野嘉紹 / p205~205
  • P76 狩猟用ライフル銃による銃器損傷死の1例 / 福島亨
  • 佐々木雅弘
  • 塩野寛 / p206~206
  • P77 特異な皮下出血を認めた一剖検例 / 入澤淑人
  • 井上晃孝
  • 湯浅勲
  • 池渕淳
  • 井上仁
  • 古村節男 / p207~207
  • P78 脳血流動態からみた窒息死の再検討(IX)--溺死経過時間延長モデル(淡水溺死例)について / 小谷淳一
  • 澤口彰子
  • 船尾忠孝
  • 中山茂信
  • 澤口聡子
  • 中田伸子
  • 越澤亜江子 / p208~208
  • P79 虚血性心疾患による突然死2例の心組織所見 / 的場梁次
  • 前野善孝
  • 小山宏義
  • 河野朗久
  • 瀬古昌美 / p209~209
  • P80 乳幼児突然死症候群における肺神経内分泌細胞の分布(第3報) / 中川裕司
  • 土井幹雄
  • 大橋教良
  • 三澤章吾 / p210~210
  • P81 早期虚血心筋障害指標としてのフォドリン分解 / 吉田謙一
  • 原田一樹
  • 反町吉秀 / p211~211
  • P82 ラット心筋梗塞モデルの自動顕微測光システムによる実験的研究 / 黒須明
  • 髙橋雅典
  • 上山滋太郎
  • 加藤幸映
  • 長井敏明 / p212~212
  • P83 三次元画像解析による脳死例の小脳に関する組織計量的研究 / 古川理孝
  • 船尾忠孝 / p213~213
  • P84 急性クロム中毒の一剖検例 / 黒崎久仁彦
  • 中村俊彦
  • 向井敏二
  • 遠藤任彦 / p214~214
  • P85 寒冷に置かれた皮膚の組織学的変化--家庭用冷凍庫から発見された嬰児 / 田畑典子
  • 畠克彦
  • 舟山眞人
  • 安積順一
  • 森田匡彦 / p215~215
  • P86 前立腺組織における血液型関連抗原の発現 / 長井講有
  • 井村万亀雄
  • 前田均
  • 木村章彦
  • 辻力 / p216~216
  • P87 免疫電顕による細胞内ロイコトキシンの局在に関する検討 / 張維東
  • 長尾正崇
  • 岩楯公晴
  • 豊増翼
  • 高取健彦
  • 岩坂茂 / p217~217
  • P88 人屍例におけるフラビン(FAD)含有モノオキシゲナーゼの臓器分布(第一報) / 山崎元彦
  • モハメッド-ナシムルーイスラム
  • 若杉長英 / p218~218
  • P89 熱傷性ショックに関する研究(第1報)肝機能に与える影響 / 田中敏子
  • 刘〓
  • 北敏郎
  • 田中宣幸 / p219~219
  • P90 ハチ刺傷によるショックの免疫学的研究(第2報)--可溶性CD23およびインターロイキン4 / 飴野節子
  • 飴野清
  • 木下博之
  • 霧生孝弘
  • 福家千昭
  • 井尻巖 / p220~220
  • P91 Transferrinに関する研究 / 北武
  • 新岡顕尚
  • 池田典昭 / p221~221
  • P92 各種オリゴ糖によるクスノキレクチンの糖結合特異性の検討 / 吾郷一利
  • 津金澤督雄
  • 小片守
  • 吾郷美保子 / p222~222
  • P93 いわゆる精漿特異タンパク,γ-Sm,Prostate specific antigen(PSA)p30の精製とアミノ酸ミクロシークエンス / 伊藤幸夫
  • 木村博子
  • 小林了
  • 松沢茂隆 / p223~223
  • P94 Subunit-specificモノクローナル抗体によるITI型判定 / 原田彰
  • 梅津和夫
  • 鈴木庸夫 / p224~224
  • P95 ヒト脳リボヌクレアーゼインヒビターの免疫化学的研究 / 灘野大太
  • 竹下治男
  • 澤崎一三
  • 安田年博
  • 岸紘一郎 / p225~225
  • P96 ルイス式血液型酵素のゲノム解析とその基質特異性について / 矢澤伸 / p226~226
  • P97 シベリア,沿海州における少数民族,ウデヘ族及びナナイ族の多型形質について(1)血液型,Gm型,及びいくつかの血清型 / 鈴木広一
  • 石本剛一
  • 宮崎時子
  • 松本秀雄
  • 溝井泰彦 / p227~227
  • P98 シベリア、沿海州における少数民族、ウデヘ族及びナナイ族の多型形質について(2)その他数種形質 / 石本剛一
  • 鈴木広一
  • 松本秀雄 / p228~228
  • P99 DNA分析による血液型キメラの再検討 / 辻彰子
  • 池田典昭
  • 梅津和夫
  • 小島原將直
  • 武市早苗 / p229~229
  • P100 パラフィン包埋サンプルを用いた親子鑑定例 / 小林了
  • 木村博子
  • 伊藤幸夫
  • 松沢茂隆 / p230~230
  • P101 重複遺伝子GC*1F・1A2は存在するか / 梅津和夫
  • 鈴木庸夫
  • 湯浅勲 / p231~231
  • P102 血痕からの性別判定--PCR法とサザン法の比較 / 飯塚直人
  • 赤坂はるか
  • 松田祐子
  • 高橋健一
  • 久保田寛
  • 日比野隆彦
  • 高木賢治
  • 小林了
  • 松沢茂隆 / p232~232
  • P103 ABO式血液型の遺伝子型判定におけるプライマーの検討 / 高田雄三
  • 向田政博 / p233~233
  • P104 ABO式血液型の遺伝子型判定法の検討 / 五味三佐子
  • 鷺盛久
  • 小暮正久 / p234~234
  • P105 PCRによる女性判定法の法医試料への応用 / 内藤笑美子
  • 出羽厚二
  • 藤田一
  • 山内春夫
  • 木南凌 / p235~235
  • P106 サブゲノムライブラリーから単離したDNAフィンガープリントプローブの特徴 / 岸田哲子
  • 中村道利
  • 福田昌子
  • 王嵬
  • 黒木浩二
  • 玉置嘉廣 / p236~236
  • P107 毛髪からの性別判定(PCR法とSex chromatin検出法との比較検討) / 玉城尚
  • 森永泰正
  • 永盛肇
  • 内間栄行 / p237~237
  • P108 PCR法を用いた指紋に関する法医鑑識学的研究 / 林子清
  • 近藤稔和
  • 高安達典
  • 大辻雅彦
  • 西上潤
  • 大島徹 / p238~238
  • P109 PCR法によるIgA2遺伝子多型の検出 / 高田真吾
  • 山本雄二
  • 井上誠一
  • 矢野朱
  • 宮石智
  • 石津日出雄 / p239~239
  • P110 蛍光標識フライマーを用いたPCR法による親子鑑別 / 福島弘文
  • 原島規吉
  • 本田克也
  • 土金彰
  • 太田正穂
  • 勝山善彦 / p240~240
  • P111 歯牙と血液試料のDNAを用いて検出されたD1S80、D4S43、D12S67、DYS19型の比較 / 水口清
  • 花岡洋一 / p241~241
  • P112 親子鑑定例におけるGPT、PGM1、のsilent alleleの存在とHpβ鎖の変異型 / 中田伸子
  • 澤口聡子
  • 山下ケサ子
  • 越澤亜江子
  • 王秀玲
  • 澤口彰子 / p242~242
  • P113 イムノブロッティングによるヒト汗のABO式血液型活性蛋白のSDS--ポリアクリルアミドゲル電気泳動像 / 斉藤茂
  • 中屋敷徳 / p243~243
  • P114 Sandwich ELISAによる脳ミオシンの検出 / 木村章彦
  • 大澤資樹
  • 安田誠治
  • 池田晴彦
  • 太田正孝
  • 山口和哉
  • 辻力 / p244~244
  • P115 PAG-IEFによる型判定に及ぼす各種タンパク質の影響について / 山田定男
  • 高山知周
  • 永井淳
  • 武内康雄
  • 大谷勲 / p245~245
  • P116 Immobiline等電点電気泳動法(TEP-IEF)による血痕からのGc型判定 / 石川富美雄
  • 山下ケサ子
  • 大上治
  • 中田伸子
  • 澤口聡子
  • 中村茂基
  • 澤口彰子 / p246~246
  • P117 頭蓋・顔写真スーパーインポーズ像における解剖学的合致性についての評価 / 吉野峰生
  • 窪田聡
  • 松田秀明
  • 今泉和彦
  • 宮坂祥夫
  • 瀬田季茂 / p247~247
  • P118 法医実務における微量血痕からの酵素型およびHLA-DQα遺伝子型検査 / 山入端立延
  • 小林哲哉
  • 菅野稔加
  • 園田祥司
  • 三谷友亮
  • 貞野奈津美
  • 久ノ坪ゆかり
  • 横田信 / p248~248
  • P119 表面電離検出ガスクロマトグラフィーによるモルヒネの検出 / 黒野俊介
  • 妹尾洋
  • 木村美智子
  • 服部秀樹
  • 山田高路 / p249~249
  • P120 ラットにおけるdl-ethylamphetamineの立体選択的代謝--ラット尿中のd-およびl-isomerの経時的変化 / 長井敏明
  • 松島和巳
  • 岩本文夫
  • 髙橋雅典
  • 加藤幸映
  • 黒須明
  • 上山滋太郎 / p250~250
  • P121 ALCO-SCREEEN™(唾液中アルコール濃度試験紙)の有用度の検討 / 勝又純俊
  • 佐藤慶太
  • 周懐谷
  • 森田智
  • 米村勇
  • 中嶋八良
  • 支倉逸人 / p251~251
  • P122 Epichlorohydrinの毒性について(2) / 伊藤敦子
  • 竹下智子
  • 小口岳史
  • 島田誠
  • 伊藤順通 / p252~252
  • P123 キャピラリー高速液体クロマトグラフィー 高速原子衝撃質量分析法の法医学実際例への応用 / 佐藤啓造
  • 小林克章
  • 水野靖
  • 熊澤武志
  • 道解公一
  • 内藤道興
  • 勝又義直 / p253~253
  • P124 顕微FTIRの法医学的応用 / 森啓
  • 弦間万里子
  • 石山昱夫 / p254~254
  • P125 リスモダン®(ジソピラミド)中毒の1例 / 高木徹也
  • 荘司輝昭
  • 北村明子
  • 蔭原聞天
  • 梶原正弘
  • 岡田健夫
  • 佐藤喜宣 / p255~255
  • P126 固定臓器からの精神神経用剤(ジアゼパム及びクロルプロマジン)の分析 / 西上潤
  • 高安達典
  • 大辻雅彦
  • 近藤稔和
  • 斎藤和則
  • 大島徹 / p256~256
  • P127 ラットジクワット中毒におけるシステインプロテアーゼインヒビターの増加 / 南方かよ子
  • 鈴木修 / p257~257
  • P128 コカインのToxicokinetics 臓器移行性に関する定量的評価(第2報) / 中村智恵美
  • 松林景子
  • 早瀬環
  • 小島一也
  • 松本博志
  • 谷川原祐介
  • 福井有公 / p258~258
  • P129 キュリーポイント・パイロライザーを用いた"パルス・ヒーティング法"による生物試料中のケトン類の測定 / 野口久仁子
  • 長井講有
  • 樋口豊治
  • 前田均 / p259~259
  • P130 尿中馬尿酸によるトルエン乱用者と非乱用者の識別 / 高橋節典
  • 香川昌人
  • 松原和夫
  • 木村恒二郎 / p260~260
  • P131 排気ガス暴露の際に死体の皮膚を赤変させる原因物質の解明 / 四宮薫
  • 織本千年
  • 四宮孝昭 / p261~261
  • P132 ガスクロマトグラフィー 質量分析法による体組織中脂溶性薬毒物一斉分析のための試料処理法について / 原健二
  • 柏村征一
  • 稗田洋子
  • 影浦光義 / p262~262
  • P133 ハロペリドール連続投与ラット脳における神経毒性代謝物の蓄積 / 五十嵐一雄
  • 糟谷史代
  • 福井巳芳 / p263~263
  • P134 脳死を経過した死体の組織中薬物分布 / 工藤恵子
  • 永田武明
  • 今村徹
  • 浦川成美 / p264~264
  • P135 トルエン飲用が疑われた急性中毒死の1例 / 武内康雄
  • 松浦一也
  • 大谷勲 / p265~265
  • P136 頭蓋内損傷後のレスピレーター脳の一例 / 澤口聡子
  • 中村茂基
  • 中田伸子
  • 大江治
  • 小笠原壽恵
  • 澤口彰子
  • 小林槇雄 / p266~266
  • P137 マレーシアにおける法歯・法人類学的個人識別事例 / 橋本正次
  • 寺田仁志
  • 中野愛彦
  • 水口清 / p267~267
  • P138 縊頸後に総頸動脈血栓症を生じた一剖検例 / 栗原克由
  • 村井達哉
  • 黒田直人
  • 齋藤一之
  • 篠塚達雄
  • 松尾義裕
  • 木村壽子
  • 柳田純一 / p268~268
  • P139 巨大椎骨動脈瘤破裂の一剖検例 / 種子島章男
  • 福永龍繁
  • 山本好男
  • 山田光子
  • 西克治 / p269~269
  • P140 頭部CT像による頭蓋骨の個人識別鑑定例 / 赤根敦
  • 吉村澄孝
  • 沖井裕
  • 吉田学
  • 時安太久磨
  • 綿引利充 / p270~270
  • P141 追突事故による致死的硬膜外血腫 / 小嶋亨
  • 宮崎哲次
  • 屋敷幹雄
  • 岩﨑泰昌
  • 安井弥 / p271~271
  • P142 秋田県の交通死亡事故について / 吉岡尚文
  • 二部恒美 / p272~272
  • P143 市大解剖例における臓器重量について / 雨宮愛
  • 新井直美
  • 稲村啓二
  • 相原弼徳
  • 嶋田光哉
  • 津田征郎 / p273~273
  • P144 兵庫医科大学法医学教室が取り扱った過去20年間における異状死体の統計的検討(その2) / 菱田繁
  • 羽竹勝彦
  • 谷口忠昭
  • 大内晴美
  • 根來宗孝
  • 南貴子
  • 日笠久美
  • 山村武彦 / p274~274
  • P145 陰毛の白毛発生による年齢推定 / 芳賀光治
  • 寺沢浩一
  • 塚本哲
  • 三上八郎 / p275~275
  • P146 イラストによる学生の自己表現の開発(II)中国医学生と日本医学生の比較 / 柳田純一
  • 支倉逸人
  • 澤口彰子
  • 栗原克由
  • 篠塚達雄
  • 黒田直人 / p276~276

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本法医学雑誌 = The Japanese journal of legal medicine
著作者等 日本法医学会
書名ヨミ ニホン ホウイガク ザッシ = The Japanese journal of legal medicine
書名別名 The Japanese journal of legal medicine
巻冊次 48補冊
出版元 日本法医学会
刊行年月 1994-04
ページ数
大きさ 26-28cm
ISSN 00471887
NCID AN00197605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00019085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想