日本生理学雑誌 = The journal of the Physiological Society of Japan  21(8)

日本生理学会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 11 (9・10) 1949.12~66 (4) 2004;本タイトル等は最新号による;11巻4号以降の並列タイトル: Journal of Physiological Society of Japan;1巻1号-;1巻1号から10巻11/12号までの出版者: 大日本生理學會

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 第36回日本生理学会総会記事 / / p859~965
  • 一般口演 / 田代裕
  • 井上章 / p859~912
  • 1. Microsomal Ribonucleoprotein(RNP)Particleの物理化学的研究 / 田代裕
  • 井上章 / p859~859
  • 2. 蛋白質細分画法によるγ-線照射蛋白質の研究 / 曾我美勝
  • 田村喜弘
  • 今井安夫
  • 品川嘉也 / p859~860
  • 3. 筋漿,神経漿及び線細胞原形質の極微構造に関する最近の認識と機能 / 笹川久吾
  • 猪俣健太郎
  • 小倉光夫
  • 王竜三 / p860~860
  • 4. 生物膜の抵抗値,容量値に対する直流の影響 / 斎藤忠義 / p860~861
  • 5. 生活組織に及ぼす高水圧の影響(第8報) / 林香苗
  • 安田浩士
  • 村上哲英
  • 三木福治郎
  • 片岡至 / p861~861
  • 6. 組織培養の増殖に及ぼすチスティン,アスコルビン酸の影響 / 古閑睦好 / p861~861
  • 7. 交通疲労に関する研究(1)瞬発握力の時間的推移 / 末永一男
  • 後藤賢二 / p861~862
  • 8. D-アミノ酸酸化酵素の基質,受容体及び作用簇の酵素蛋白との相互作用 / 山野俊雄
  • 三宅可浩 / p862~862
  • 9. フラビン酵素の物理的特性と電子運搬機構 / 久保秀雄
  • 岩坪源洋
  • 亘弘
  • 志賀健 / p862~862
  • 10. 麻酔剤の酵素作用,特にCytchrome oxidaseに対する態度について / 鎌倉勝夫
  • 川嶋昭司 / p862~863
  • 11. 所謂P物質に対する蛋白分解酵素及び分解抑制剤の影響について / 辻岡俊明 / p863~863
  • 12. 大手術後のエネルギー代謝 / 黄彩廷
  • 山本勝美
  • 山下泰徳
  • 近藤悟
  • 石島福昭
  • 柳沢文憲
  • 阿比留博之
  • 草柳芳昭
  • 広田和俊 / p863~864
  • 13. Host Responseにおける血小板及び血液の変化に関する研究,特に各組織のセロトニン遊出について / 島本多喜雄
  • 山崎博男
  • 藤田勉
  • 井上道郎
  • 塩沢三朗
  • 佐川農夫
  • 藤井貴久栄 / p864~864
  • 14. 鶏胚反応の機作について(II) / 稲垣克彦 / p864~865
  • 15. 赤血球浮游液のカタラーゼ反応型式からみた種族特異性 / 片山吉穂
  • 十歳寺新
  • 舟木広 / p865~865
  • 16. 人工赤血球に関する研究 / 簑島高
  • 小田輝子 / p865~865
  • 17. 各種分離血球の性状及び機能の観察 / 木村英一
  • 塙功
  • 田中茂夫
  • 木下喜博
  • 林文彦
  • 中野英夫
  • 杉原俊明 / p865~866
  • 18. プロトロンビン転化に於けるトロンビン自家触媒作用と脂質 / 福武勝博 / p866~866
  • 19. 血清の表面粘度について / 河合山治
  • 勝義孝 / p866~867
  • 20. オキシグラフによる生体内血流中,ならびに組織中PO₂の測定 / 小山富康
  • 望月政司
  • 古川誠 / p867~867
  • 21. 調節対象としての血圧 / 畠山一平
  • 佐川喜一
  • 渡辺武
  • 高橋正
  • 近藤克 / p867~868
  • 22. 血圧下降による白血球の変動 / 佐藤煕
  • 大庭健吾
  • 黄伝明
  • 後藤道雄
  • 金上幸夫 / p868~868
  • 23. 腹部内臓刺戟時に於ける血圧,腸運動変化の分離の機序 / 伊藤信義
  • 山田厚
  • 瀬藤晃一 / p868~868
  • 24. 蟇心臓に対する搏動抑制通流と催起刺激について / 川村一男
  • 秋岡稔博 / p868~869
  • 25. Q-II音の病態生理学的意義--力学的ならびにエネルギー性力学的心不全について / 稲垣義明
  • 木下安弘
  • 橘正敏
  • 浪川素 / p869~869
  • 26. 心室筋の興奮伝播機構について / 水野康
  • 岡島光治 / p869~870
  • 27. 蓄放電撃による心房粗動の研究 / 豊島恒道 / p870~870
  • 28. 日本人の呼吸型について / 石河利寛
  • 山川純子
  • 宮内節子 / p870~870
  • 29. 中枢性肺水腫に関する研究--視束前野刺戟による肺動脉圧の変動 / 卜部美代志
  • 瀬川安雄
  • 坪川孝志
  • 泉海一
  • 宮永盛郎
  • 菊地誠 / p870~871
  • 30. Hypoxiaに於ける肺換気動態--肺コンプライァンス並びに機械的抵抗について / 三瀬淳一
  • 平間宏 / p871~871
  • 31. 呼吸の化学的調節機序の研究 / 斎藤幸一郎
  • 本田良行 / p871~872
  • 32. 顎運動の高位中枢機構に関する研究 / 河村洋二郎
  • 船越正也
  • 塚本周作 / p872~872
  • 33. 唾液腺の排泄機能について / 覚道幸男
  • 吉田洋
  • 厚味庄平
  • 芦田昭二
  • 坂口利幸 / p872~872
  • 34. 胃,腸管運動と脳波との関係について / 中村武
  • 山本勝美
  • 石嶋福昭
  • 横田俊二 / p872~873
  • 35. 胃運動神経(迷走神経)中の2種類線維の混在について / 加藤元一
  • 伊藤秀三郎
  • 祓川寿夫 / p873~873
  • 36. 消化管自働能の起源に関する研究特に胎児に於ける観察--映画供覧 / 田北周平
  • 西島早見
  • 浜昭典 / p873~874
  • 37. 小腸筋層の研究--輪走筋 / 横山正松
  • 本田和正 / p874~874
  • 38. 腸内容輸送に対する腸内粘膜反射の役割について / 福原武
  • 中山沃
  • 角忠明 / p874~875
  • 39. グルカゴンの研究 / 阿部正和
  • 井川幸雄
  • 中野昭一 / p875~875
  • 40. 低食塩食と疲労について(第2報) / 小野悌之助
  • 越川裕正
  • 美崎教正
  • 尾松芳男 / p875~876
  • 41. 生体内脂質の生理学的研究(その1)変温動物の脂肪器官に於ける季節的変動について(第1報) / 石川繁子 / p876~876
  • 42. 胸腺抽出物質の作用に就いて / 河田真雄 / p876~877
  • 43. 甲状腺ホルモンの脱アミノ代謝 / 山本清 / p877~877
  • 44. 尿泡沫現象に対するストレスの影響及びその機作について--続報 / 青木一郎
  • 細谷雄二
  • 佐多誠之
  • 黒坂正 / p877~878
  • 45. 排尿反射に関する其の後の研究 / 久留勝
  • 西山敬万
  • 山本浩 / p878~878
  • 46. 体液酸塩基平衡調節作用の比較生理学的研究 体液酸塩基平衡作用にす関る研究(第14報) / 箭田正輝 / p878~878
  • 47. 発熱物質作用と副腎皮質 / 福田篤郎
  • 松本修 / p878~879
  • 48. 各温度に対応する卵黄膜(未精鶏卵)の電気抵抗及び電気容量の測定から得られた1つの温度常数の生理学的意義及び初期神経胚の組織像と其の働作電圧に就いて / 大畑進
  • 篠塚修之
  • 小倉和夫 / p879~879
  • 49. Taenia Coliの収縮機構について / 鈴木泰三
  • 和田謙郎
  • 緑川規夫 / p879~880
  • 50. 子宮平滑筋細胞内電位に関する研究 / 後藤昌義
  • 栗山熙
  • 安部良治 / p880~880
  • 51. 人体筋緊張の検出及び記録 / 塚原進 / p880~881
  • 52. 亀の頭部牽引筋の生理学的性質 / 鈴木澄男 / p881~881
  • 53. カテコールの作用機序 / 松本淳治
  • 西博通 / p881~881
  • 54. 生長期ならびに成熟白鼠のクレアチン代謝と食蛋白量との関係について / 新山喜昭
  • 冨田義雄
  • 井上五郎 / p881~882
  • 55. myosin ATPaseの活性中心とその性質に関する研究 / 永井寅男
  • 宮崎英策
  • 寺山良雄
  • 内田倖喜
  • 小西和彦
  • 高橋宏 / p882~882
  • 56. 二硫化炭素痙攣の作用について / 永井一夫
  • 大浦恒利
  • 北村重晴 / p882~883
  • 57. 骨格筋筋緊張とγsystem / 沼本満夫 / p883~883
  • 58. 練習効果として出現する視直観像 / 大行慶雄 / p883~883
  • 59. 皮脂排出機転に関する研究 皮膚のエーテル溶解性物質の量に及ぼす発汗の影響 / 新田初雄
  • 猪飼公郎
  • 椙江勇 / p883~884
  • 60. 汗腺活動の微細様相について / 中山昭雄
  • 百瀬隆 / p884~884
  • 61. Hordenine-sulfate及びmethiodideの軸索反射性発汗の受容部に対する作用について / 田代郷太郎 / p884~885
  • 62. 温度刺激の蛙の皮膚受容器に及ぼす影響 / 杉靖三郎
  • 芹沢勝助
  • 藤田紀盛
  • 藤田千代 / p885~885
  • 63. 皮膚痛点の交流刺戟 / 三田俊定
  • 吉野悌一 / p885~886
  • 64. 電位法による皮膚電気反射の波形の吟味 / 横田敏勝
  • 加藤正道
  • 藤森聞一 / p886~886
  • 65. 働作電位の各段階とその由来 / 松本政雄 / p886~886
  • 66. Generator potentialに対する温度効果 / 菊地鐐二
  • 内藤恵一 / p886~887
  • 67. 長毛様体神経の活動電位 / 西田勇
  • 岡田博匡
  • 中野治 / p887~887
  • 68. 4級アンモニウム塩基の刺戟作用による神経末端の化学的興奮について / 伊藤竜
  • 鈴木鐐三郎
  • 印牧寿美子 / p887~888
  • 69. 食塩低濃度溶液中に於ける単一絞輪のGraded Response / 上原陽子 / p888~888
  • 70. 容積脉波より見た通流電極第3作用 / 鈴木正夫
  • 島村安雄 / p888~889
  • 71. 化学反応を基礎とした興奮の機序 / 矢野真琴 / p889~889
  • 72. 電気緊張下に於ける神経の興奮伝導速度に就いて--単一神経線維使用 / 加藤元一
  • 伊藤秀三郎
  • 山中勲 / p889~889
  • 73. 迷走・交感両神経の性状の差異 / 勝田穣
  • 奥野正良
  • 水野良和
  • 坂井文弥 / p889~889
  • 74. 迷走神経胃枝中にAdrenergic fibreとcho-linergic fibreの混在について / 大久保信一
  • 佐々良 / p889~890
  • 75. 周期的光駆動脳波の位相について / 佐藤謙助
  • 尾崎俊行
  • 三村珪一
  • 桝屋滋
  • 本多夏生 / p890~890
  • 76. 遠心性神経における皮質運動領刺戟と求心性神経刺戟の相互作用 / 中浜博
  • 中村耕之助 / p890~891
  • 77. 視床下部組織によるACTH分泌物質の生成 / 伊藤真次
  • 辻岡敬介 / p891~891
  • 78. 脊髄後根中の自律神経について 後根切断変性実験による研究 / 西中弘
  • 大口文雄 / p891~891
  • 79. 恒常的外制止に関する研究 / 梅田玄勝
  • 武内睦哉 / p891~892
  • 80. 脊髄反射に及ぼす吸気成分の影響 / 永谷忠
  • 千葉康則
  • 中村正 / p892~892
  • 81. 条件反射の制止過程に及ぼす皮質領野剔除の影響 / 深見安
  • 田中守也
  • 巫水綿 / p892~893
  • 82. 交感神経系の興奮及び抑制について / 入内島十郎 / p893~893
  • 83. ヒキガエルの肺筋,ことにその自働収縮と神経支配について / 小林庄一
  • 島田久八郎
  • 依田税
  • 高橋久仁男 / p893~893
  • 84. 視覚の量子生理学(V) / 神谷貞義
  • 山本純恭
  • 堀内徹也
  • 百瀬皓
  • 阿部圭助 / p894~894
  • 85. 眼球の輪転について 補遺 / 竹中哲夫
  • 竹中繁雄
  • 田中瑞穂
  • 高焯権 / p894~894
  • シンポシウムA:伝導・伝達 / / p894~903
  • 86. 内臓平滑筋細胞内電位に於けるExcitation Transmission Potential / 後藤昌義 / p894~894
  • 87. 内臓平滑筋における興奮の筋・筋伝達とその過程を示すIntercellular Junction Potential / 後藤昌義 / p894~895
  • 88. 尿管の回復曲線と活動電位の伝導に就いて / 市河三太
  • 池田治 / p895~895
  • 89. 両棲類の心搏動の正常・逆向き・循環伝導・もどり伝導 / 内山孝一 / p895~896
  • 90. 灌流蟇心の機械曲線及び心電曲線に対する陰イオンの影響 / 川端五郎
  • 竹尾義長 / p896~896
  • 91. 房室伝導系の相対不応期に於ける伝導性に関する実験的研究 / 土肥一郎
  • 土肥豊 / p896~897
  • 92. 房室に於ける伝導は可逆か不可逆か / 佐野豊美
  • 小野勝
  • 田崎実
  • 土橋弘道
  • 只木英子
  • 島本多喜雄 / p897~897
  • 93. 無髄線維の興奮伝導 / 内薗耕二 / p897~898
  • 94. 有髄神経線維の興奮伝導 / 山田守 / p898~898
  • 95. 有髄神経髄鞘部の電気的興奮 / 小西喜久治 / p898~898
  • 96. 単一ラ氏絞輪の活動電位のfiring levelについて / 古谷野速雄 / p898~898
  • 97. ラ氏絞輪形質膜の化学的性質について / 高橋日出彦 / p899~899
  • 98. 脊髄神経節における興奮の伝導 / 伊藤正男
  • 高橋悳
  • 大島和一 / p899~899
  • 99. 脊髄後根交感神経(efferent)の瞳孔縮少作用(その4) / 幸塚嘉一
  • 内藤博江
  • 浅井茂次
  • 堀川惺子
  • 三戸裕 / p899~900
  • 100. 神経線維-神経細胞間の興奮伝導について / 萩原生長 / p900~900
  • 101. 神経筋伝達について / 大村裕
  • 富田忠雄 / p900~900
  • 102. 終板電位,微小終板電位の変動条件 / 若林勲
  • 岩崎静子 / p900~901
  • 103. 端板電位に及ぼす蛇毒及びその他の物質の影響 / 中上克彦
  • 中村勉 / p901~901
  • 104. 神経筋接合部に対する超音波作用 / 東野庄司
  • 高木貞敬 / p901~902
  • 105. 神経筋接合部に対するCS₂の効果 / 越川裕正 / p902~902
  • 106. 神経筋伝達のCaイオン欠乏に対するグアニジン,カルバミン酸,尿素及びビタミン類の恢復作用について / 坂井栄隆
  • 堤時彦
  • 増田四郎 / p902~902
  • 107. 接合部伝達の模型的考察 / 岡田勝喜
  • 山田守 / p902~903
  • シンポシウムB:中枢の電気生理 / / p903~912
  • 108. 辺縁系の電気的活動 / 時実利彦 / p903~903
  • 109. 小脳系の電気的活動 / 須田勇 / p903~904
  • 110. 大脳皮質の誘発電位 / 中浜博 / p904~904
  • 111. 汎性投射系の誘発電位 / 岩間吉也 / p904~905
  • 112. 海馬の誘発電位 / 鈴木幸夫
  • 平則夫 / p905~905
  • 113. 家兎の海馬の電気的活動 / 鳥居鎮夫
  • 杉俊二 / p905~905
  • 114. 運動の調節機序(3)γ系の相反性神経支配について / 本郷利憲
  • 久保田競
  • 島津浩 / p905~906
  • 115. 海馬の誘発電位 / 平野源一
  • 神保真也
  • 斎藤陽一
  • 秋本波留夫 / p906~906
  • 116. 実験的震顫と小脳機能について / 成田俊三
  • 榎本二郎
  • 竹内滋郎
  • 神前博文 / p906~907
  • 117. 動眼神経核の電気生理学的研究 / 佐々木和夫
  • 大谷卓造 / p907~907
  • 118. 高等動物中枢運動系に於けるVitamin B類の作用 / 小山生子
  • 石野卓弥
  • 竹内宏 / p907~908
  • 119. 大脳皮質のDendritic PotentialとDC Shiftについて / 岩瀬善彦
  • 内田孝
  • 塚越芳美 / p908~908
  • 120. Estrogen,Progesterone添加去勢雌家兎のEmotional EEG Arousal現象の発現と中脳部網様体電気刺激との関係について / 川上正澄 / p908~909
  • 121. 刺激の三要素と脳の「変換機能」,脳波と誘発電位の周波数特性について / 佐藤謙助
  • 尾崎俊行
  • 三村珪一
  • 桝屋滋
  • 本多夏生 / p909~909
  • 122. 単一矩形波刺激による脳幹網様体の抑制促進機構の研究 / 島村宗夫
  • 藤森聞一 / p909~910
  • 123. 微小電極による大脳皮質誘発電位の分析 / 浅沼広
  • 石川友衛 / p910~910
  • 124. 抗コリン剤と脳波 / 横田力 / p910~910
  • 125. 脳細胞の電気的活動に影響する脳抽出物について / 河村洋二郎
  • 船越正也
  • 高田充 / p910~910
  • 126. 知覚性二次放電の分析 / 岩間吉也
  • 山本長三郎 / p911~911
  • 127. 視蓋前域ノイロン群の光刺激による電気的活動 / 西田勇
  • 岡田博匡
  • 中野治 / p911~911
  • 128. 聴覚領に於ける誘発電位の分析 / 堀泰雄 / p911~912
  • 129. 音刺激に対する応答から見た脳内ニューロンの機能的差異について / 勝木保次 / p912~912
  • シンポシウムC:感覚生理 / / p912~924
  • 130. 視覚の電気現象 / 冨田恒男 / p912~912
  • 131. 眼盃標本の抵抗分布とERG / 村上元彦
  • 橋本葉子 / p912~913
  • 132. 視覚の化学 / 細谷雄二 / p913~913
  • 133. 嗅器系の電気現象 / 高木貞敬 / p913~914
  • 134. 聴器系の電気現象 / 勝木保次 / p914~914
  • 135. Visual pigments in the human fovea with special reference to conemonochromatism / R.A.Weale / p914~915
  • 136. 内臓の求心性支配について / 新島旭 / p915~915
  • 137. 昆虫化学感覚毛の電気的活動 / 森田弘道 / p915~916
  • 138. 魚類の嗅粘膜電位と嗅神経放電 / 渋谷達明
  • 高木貞敬 / p916~916
  • 139. 前庭神経に関する実験 / 萩原仁
  • 西丸貞
  • 佐々木弘純 / p916~917
  • 140. 体位知覚の錯誤--2,3の自己経験 / 藤田敏彦 / p917~917
  • 141. 昆虫の聴覚について / 菅乃武男 / p917~918
  • 142. 聴覚領野切断の聴覚条件反射に及ぼす影響 / 千葉康則
  • 中村正
  • 高井進 / p918~918
  • 143. 両側皮質聴領剔除後における機能代償に関する実験的研究 / 丸山直滋
  • 菅野義信 / p918~918
  • 144. 口腔内の感覚末端器の電気現象 / 坂田三弥
  • 熊野千太郎
  • 田本博猛
  • 山田守 / p918~919
  • 145. 味蕾の電子顕微鏡的研究--味覚の細胞生理学的研究(V) / 清水増子
  • 花岡利昌 / p919~919
  • 146. 局所麻酔剤の味受容器の反応に及ぼす影響 / 草野皓
  • 佐藤昌康 / p919~920
  • 147. 複眼視細胞内電位と微細構造との関係について / 桑原万寿太郎
  • 中研一
  • 富永佳也 / p920~920
  • 148. 淡水魚網膜内活動電位に対する直流及びPulse通電の効果について / 渡辺宏助
  • 登坂恒夫
  • 横田庸男 / p920~921
  • 149. 遊離網膜の電気刺激 / 本川弘一
  • 山下栄三
  • 小川哲朗 / p921~921
  • 150. Single ReceptorのAction Potentialを得る方法について / 花岡利昌
  • 藤本克己
  • 梁瀬健 / p921~922
  • 151. 明暗順応変化より見た網膜内電位の解析 / 御手洗玄洋
  • 安藤滋
  • 堀部博 / p922~922
  • 152. 家兎の視物質 / 藤下成周 / p922~923
  • 153. 眼の電流閾値測定に関する新示標 / 三田俊定
  • 佐藤誠
  • 鈴木隆 / p923~923
  • 154. 色覚異常者の漸増及び漸減の経過について / 附田恵 / p923~924
  • シンポシウムD:γ-アミノ酪酸 / / p924~929
  • 155. 大脳皮質に於けるγ-アミノ酪酸 / 岩間吉也 / p924~924
  • 156. 条件反射とγ-アミノ酪酸 / 三田正紀
  • 石戸谷武 / p924~924
  • 157. 中枢神経化学的伝達物質の陽性並びに陰性条件反射による影響 / 栖原六郎
  • 高下弘夫
  • 田中喬 / p924~925
  • 158. β-hydroxy-γ-amino butyric acidの中枢運動系に対する制止作用 / 林髞 / p925~925
  • 159. γ-アミノ酪酸とてんかん脳の物質代謝 / 陣内伝之助
  • 森昭胤 / p925~925
  • 160. dl-γ amino β hydroxy酪酸(dl-GABOB)とl-γ amino β hydroxy酪酸(l-GABOB)との抑制作用の比較 / 大口雅人 / p925~926
  • 161. γ-amino酪酸(GAB)は興奮伝達物質の母体である / 青島健
  • 滝川幸作
  • 芳賀禧夫
  • 奥寺恒夫 / p926~926
  • 162. 犬の自然癲癎とGABOBに依る治療の原理 / 永井一夫
  • 市石稔
  • 大森邦雄
  • 梶川光一 / p926~927
  • 163. γ-Aminobutyrylcholinについて / 栗秋要 / p927~927
  • 164. γ-アミノ酪酸(GABA)の薬理作用の2,3に就いて / 井上章
  • 福屋正史
  • 土屋和道
  • 辻岡俊明 / p927~928
  • 165. γ-アミノ酪酸の中枢作用 / 高橋日出彦 / p928~928
  • 166. 網膜に於けるGABA / 小島克
  • 水野勝義
  • 宮崎弘子
  • 杉田雄一郎 / p928~929
  • シンポシウムE:反復興奮 / / p929~937
  • 167. 反復興奮と自働性興奮 / 戸塚武彦 / p929~929
  • 168. 心臓のpacemaker / 内山孝一 / p929~930
  • 169. 哺乳動物心臓のPacemaker potential / 松田幸次郎 / p930~930
  • 170. 呼吸中枢の自働性 / 福原武 / p930~931
  • 171. 脊髄の反復興奮の発現 / 鈴木正夫 / p931~931
  • 172. 交流干渉閾値について / 竹中繁雄
  • 竹中哲夫
  • 田中瑞穂
  • 竹中昇 / p931~932
  • 173. 塩縮より見た骨格筋の反復興奮 / 永井甲子四郎
  • 吉原栄之助
  • 根本互
  • 田水汀
  • 山口勝広 / p932~932
  • 174. 律動的興奮週期の変動の2型について / 伊藤文雄 / p932~932
  • 175. Adaptative Stimulationについて / 若林勲
  • 斎藤忠義
  • 中西孝雄 / p932~933
  • 176. 循環中枢の周期性興奮催起機序 / 佐川喜一
  • 畠山一平 / p933~933
  • 177. 脊髄反射による肋間筋活動の調節 / 角忠明
  • 小谷覚 / p933~934
  • 178. 血圧の第3級動揺とCheyne-Stokes呼吸 / 石河利寛
  • 山川純子 / p934~934
  • 179. ストリキニン痙攣からみた脊髄の反復興奮 / 真島英信
  • 石田絢子
  • 田中晴二 / p934~935
  • 180. 血圧の自働調節 / 宮川清 / p935~935
  • 181. 迷走神経緊張の発現機序について / 武重千冬 / p935~935
  • 182. 種々の興奮性組織に於ける電気的刺激閾のconstancyおよび等流搏動に対する興奮式について / 坂本嶋嶺 / p935~936
  • 183. 運動単位導出による終板伝達回復曲線について / 伊谷昭幸 / p936~936
  • 184. 筋原線維にみられる反復興奮 / 名取礼二
  • 五十島長太郎 / p936~937
  • シンポシウムF:環境生理 / / p937~941
  • 185. 寒気生理 / 緒方維弘 / p937~937
  • 186. ウサギ,ラットの物理学的体温調節の一面について / 田坂定孝
  • 吉利和
  • 冨家崇雄
  • 戸川潔
  • 本田西男
  • 入来正躬 / p937~938
  • 187. 高温環境生理 / 斎藤一 / p938~938
  • 188. 季候馴化 / 吉村寿人 / p938~939
  • 189. 2,3内分泌臓器組織の季節的変動に就いて / 河田真雄 / p939~939
  • 190. 航空医学の現状--低圧の生理 / 大島正光 / p939~939
  • 191. 低圧環境における疲労について / 万木良平
  • 戸塚保 / p939~940
  • 192. 低圧家兎に対する酸素運搬体の影響 / 簑島高
  • 清原迪夫
  • 本間伊佐子
  • 藤田紀盛
  • 佐藤健治
  • 鈴木紀男 / p940~940
  • 193. 代謝量に及ぼす高次中枢活動の影響 / 千葉康則
  • 高井進
  • 竹尾義長 / p940~941
  • 194. 人体の耐寒性に関する研究 / 宇佐美駿一
  • 巻幡勝之
  • 塩見昭三 / p941~941
  • シンポシウムG:脉管生理 / / p941~949
  • 195. 電気容量脉波計による脉波の研究 / 簑島高
  • 清原迪夫
  • 藤田紀盛
  • 荻野義夫
  • 藤田とく
  • 山県伊佐志
  • 佐々木ハナ
  • 大木千枝
  • 佐野アヤ子 / p941~941
  • 196. 脉管の比較生理学 / 西丸和義 / p941~942
  • 197. 血管運動神経 / 幸塚嘉一 / p942~942
  • 198. 血圧に関する問題 / 佐藤熙 / p942~943
  • 199. 末梢循環のhaemodynamics / 長島長節 / p943~943
  • 200. 微細脉管の組織生理学 / 小川義雄
  • 遊佐清有
  • 関正昭 / p943~944
  • 201. 血管平滑筋の電気現象 / 船木三郎 / p944~944
  • 202. 皮膚血管のnervodynamics / 高木健太郎
  • 熊沢孝明
  • 永坂鉄夫
  • 鈴木正康
  • 井原昭和 / p944~945
  • 203. 灌流標本の一般的性質 / 畠山一平 / p945~945
  • 204. フナ及びヤツメウナギ心臓の生理学的研究 / 高橋三郎
  • 森口静夫
  • 市河三太 / p945~946
  • 205. 犬の下肢灌流について / 佐藤熙
  • 大庭健吾
  • 黒沢弥之助
  • 米田正 / p946~946
  • 206. 異物血管内静注による血圧下降現象 / 本郷節哉
  • 舟木広 / p946~947
  • 207. adrenaline,noradrenalineおよびatropine投与時の末梢血管筋の臨界閉鎖圧の変化に関する研究 / 白石信尚 / p947~947
  • 208. Vitamin B₁の血圧降下作用(第II報) / 松本保久
  • 溝口続
  • 徳満豊 / p947~947
  • 209. ウレタン麻酔犬の全身性酸素不足の下で起る呼吸運動及び血圧の第3級動揺について / 千葉正子
  • 寒河江宏 / p948~948
  • 210. 右心バイパス法による静脉環流調節時における腎循環 / 長島長節
  • 富川浩明
  • 浅野献一
  • 森本和夫
  • 沢口重徳
  • 野口輝彦 / p948~948
  • 211. プラスミン・ショックの実験生理学的研究 / 渡辺英史
  • 伊川禎治 / p948~949
  • 212. 労作強度と上膊動脉血圧との関係について / 室川正彦 / p949~949
  • シンポシウムH:能働輸送 / / p949~956
  • 213. 生体膜能働輸送の最近の動向 / 吉村寿人 / p949~950
  • 214. 蛙皮に於けるNaの能動輸送に及ぼすDCGの影響 / 今村昭
  • 佐々木長代 / p950~950
  • 215. 蛙皮のナトリウム活性輸送起電力に対する代謝阻害剤の影響 / 若林勲
  • 中島重広
  • 橋本隆 / p950~951
  • 216. 平滑筋単一細胞内電位に及ぼすイオンの影響 / 前野巍
  • 尾崎幸男
  • 後藤昌義 / p951~951
  • 217. 有髄神経線維のKイオンの組織化学的生理学的研究 / 佐藤明夫 / p951~951
  • 218. 能働輸送の機構--特に細胞内微細構造物の働きについて / 伊藤真次 / p952~952
  • 219. 肝mitochondriaの腫脹反応と脱燐活性 / 長井音次
  • 辻本毅
  • 吉田一雄 / p952~952
  • 220. 酵母の呼吸及び膜透過のウレタンによる促進について / 鎌倉勝夫
  • 辻井主 / p952~953
  • 221. 赤血球膜の活性輸送現象 / 吉川春寿 / p953~953
  • 222. 赤血球内での酸素の拡散 / 望月政司 / p953~953
  • 223. 白血球膜の塩分輸送について / 浦上芳達 / p953~954
  • 224. 尿細管の能動輸送機構 / 吉田常雄 / p954~954
  • 225. 酸性尿及びアルカリ性尿生成機転について / 藤本守
  • 杉本順一
  • 湯浅実 / p954~955
  • 226. 代謝と電気現象から見た胃の塩酸分泌機構 / 小玉作治
  • 北原怜 / p955~955
  • 227. 唾液腺のイオン分泌のエネルギー論的研究 / 井上太郎 / p956~956
  • シンポシウムI:興奮性膜 / / p956~964
  • 228. 骨格筋の電気生理学的性質 / 佐藤昌康 / p956~956
  • 229. 心筋の電気生理学的性質 / 星猛 / p956~957
  • 230. 細胞内刺激法による心筋の比較生理学的研究 / 栗山煕
  • 安部良治
  • 前野巍
  • 尾崎幸男
  • 後藤昌義 / p957~957
  • 231. 心房筋細胞電位に対する諸種重金属イオンの作用 / 小林春雄
  • 新井文一
  • 高橋日出彦 / p957~958
  • 232. 心筋等に対する各種イオンの影響(1) / 野田憲一 / p958~958
  • 233. 心筋膜活動電位と物質代謝との関連について / 八木舎四
  • 阿部忠昭
  • 三上五郎 / p958~958
  • 234. 諸種心臓安定剤投与時の心筋膜電位について / 柴田二郎 / p958~959
  • 235. 心筋の活動電位と伝導速度の同時記録 / 内山孝一
  • 円谷豊
  • 石川玄知
  • 阿久沢節男
  • 高木経雄
  • 岩本守弘 / p959~959
  • 236. 家兎及び鶏胚の心電図に関する研究 / 白石馨
  • 稲垣克彦 / p959~960
  • 237. 神経細胞の興奮機序 / 萩原生長 / p960~960
  • 238. ミミズ神経節細胞の活動電位 / 秩父志行 / p960~960
  • 239. 脳室刺戟電極による運動系節細胞の閾値測定 / 中島洋 / p960~961
  • 240. 軸索反射性発汗並びに立毛の受容部の性質 / 和田正男 / p961~961
  • 241. 膜電位固定法による有髄神経線維活動の分析 / 大村裕
  • 丸橋寿郎
  • 富田忠雄 / p961~962
  • 242. 薬剤による神経活動電位の変形 / 楢橋敏夫 / p962~962
  • 243. 電気化学的興奮模型に於ける興奮性膜の変化 / 松本政雄
  • 後藤鹿島
  • 秋山勲
  • 佐藤秀 / p962~962
  • 244. 単一有髄神経線維に於ける活動電位活動電流及び膜抵抗の相互関係について / 大村裕
  • 富田忠雄
  • 丸橋寿郎 / p962~963
  • 245. 犬心筋細胞の膜抵抗について / 上田五雨
  • 渥美英子 / p963~963
  • 246. カタツムリの咽頭索引筋及びその神経筋接合部の性質 / 尾関正寛 / p963~964
  • 247. 無脊椎動物神経細胞の電圧電流特性 / 斎藤望 / p964~964
  • 実験供覧 / 尾崎秀雄
  • 最上平太郎
  • 西井弘
  • 芦田元 / p964~965
  • 248. 骨盤神経切断中枢端刺激による膀胱収縮に及ぼす脳幹並びに脊髄切截の影響 / 尾崎秀雄
  • 最上平太郎
  • 西井弘
  • 芦田元 / p964~964
  • 249. 新ヘッドアンプを使用した実験供覧 / 内薗耕二
  • 新島旭
  • 小原昭作
  • 古谷野速雄 / p964~964
  • 250. 電子管制御による動物用人工呼吸器--実験供覧 / 畠山一平
  • 佐川喜一 / p964~965
  • 機械展示 / 森下敬一 / p965~965
  • 251. 森下式顕微鏡映画撮影装置 / 森下敬一 / p965~965
  • 252. 高入力抵抗負性容量型前置増巾器の試作 / 内薗耕二
  • 新島旭
  • 小原昭作
  • 古谷野速雄 / p965~965

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本生理学雑誌 = The journal of the Physiological Society of Japan
著作者等 大日本生理學會
日本生理学会
日本生理学会編集・広報委員会
書名ヨミ ニホン セイリガク ザッシ = The journal of the Physiological Society of Japan
書名別名 Journal of Physiological Society of Japan

The journal of the Physiological Society of Japan

Nihon seirigaku zasshi
巻冊次 21(8)
出版元 日本生理学会
刊行年月 1959-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00319341
NCID AN00193896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想