日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology  15(2)

日本癌治療学会

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1966.03~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: The journal of Japan Society for Cancer Therapy (1巻1号-32巻5号)→ The journal of Japan Society of Clinical Oncology (36巻1号-);46巻1号から46巻3号には「日本癌治療学会学術集会」49回の表示もあり;34巻から41巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」として2分冊刊行. 42巻から46巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」, 各巻3号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として3分冊刊行. 47巻以降各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として2分冊刊行;1巻1号 (Mar. 1, 1966)-;47巻3号は「JSCO」[電子資料] (USBメモリ) 50回として刊行, 48巻3号, 49巻3号は 「日本癌治療学会学術集会抄録号」 [電子資料] (USBメモリ) 51回, 52回として刊行

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 肝門部癌の放射線治療 / 綿引元 他4名 / p125~134<2214323>
  • 成人神経芽細胞腫の臨床的検討 / 肥後昌五郎 / p135~141<2214312>
  • 乳癌の局所皮膚再発とその治療方針 / 和田富雄 他7名 / p142~149<2214325>
  • 子宮頸癌根治手術後の神経因性膀胱の成因と病態--排尿機能の解析による骨盤神経叢温存の意義について / 佐々木秀敏 / p150~160<2214326>
  • 進行胃癌に対する免疫化学療法の臨床的検討--OK-432(Picibanil),Mitomycin C,5-Fluorouracilの併用(MF-O療法)について / 仁尾義則 他4名 / p161~165<2214322>
  • 進行乳癌に対する制癌剤の局所動脈内注入療法 / 弥生恵司 他6名 / p166~175<2214324>
  • 第17回日本癌治療学会総会 / / p177~285<2214313>
  • シンポジウム(I)癌診療と病理,展望と臨床医への要望 / / p177~189<2214314>
  • 総括意見 / 下里幸雄 / p177~177
  • 1)細胞診 / 高橋正宜 / p178~179
  • 2)術中迅速診断の検討 / 入久巳 / p179~181
  • 3)消化管における境界領域病変--組織分類とその前癌病変としての意義 / 広田映五
  • 板橋正幸
  • 三坂亮一 / p181~182
  • 発言 婦人科領域腫瘍 / 寺島芳輝 / p182~183
  • 4)肉腫 軟部肉腫の組織診断と分類 / 遠城寺宗知 / p183~184
  • 発言 骨腫瘍 / 前山巌 / p184~184
  • 5)診断技術の進歩 / 亀谷徹 / p184~186
  • 6)術前化学療法による胃癌および大腸癌の組織学的変化 / 加藤洋
  • 中村恭一
  • 菅野晴夫 / p186~187
  • 7)癌患者の死因 剖検からみた癌患者の死因 / 今井三喜 / p187~189
  • シンポジウム(II)固型癌の化学療法--効果判定をめぐって / / p190~206<2214315>
  • 総括意見 / 白壁彦夫
  • 仁井谷久暢 / p190~190
  • 1)総論 / 斉藤達雄 / p190~192
  • 2)頭頸部 頭頸部癌に対する効果判定 / 犬山征夫 / p192~193
  • 発言 口腔扁平上皮癌の化学療法効果判定における腫瘍条件因子としての組織所見の検討 / 清水正嗣 / p193~193
  • 3)肺 肺癌の化学療法における遠隔効果判定のための条件因子について / 池上晴通 / p194~195
  • 発言 肺癌化学療法の効果判定における腫瘍側因子としての組織型分類と亜型分類 / 西村穣 / p196~197
  • 4)胃 胃癌 / 栗原稔
  • 泉嗣彦 / p197~199
  • 発言 胃未分化型癌の化学療法による組織学的変化について / 中村恭一
  • 加藤洋 / p199~199
  • 5)乳腺 / 泉雄勝 / p200~201
  • 発言 乳癌の化学療法とEstrogen Receptorの意義 / 野村雍夫 / p201~202
  • 6)肝 肝癌の腫瘍効果の判定 / 岡崎伸生 / p202~203
  • 発言 肝癌化学療法の効果判定 / 久保保彦 / p203~204
  • 7)女性性器 / 笠松達弘
  • 恒松隆一郎 / p205~205
  • 発言 外陰癌の化学療法とその効果 / 須川佶 / p206~206
  • シンポジウム(III)転移性腫瘍治療の進歩,脳・肺・肝・骨・漿膜など / / p207~219<2214316>
  • 総括意見 / 太田和雄
  • 小山靖夫 / p207~207
  • 1)転移性脳腫瘍の集学的治療 / 高倉公朋 / p208~209
  • 2)転移性肺癌の化学療法 / 森下宗彦
  • 太田和雄 / p209~210
  • 3)転移性肺癌の外科療法 / 石原恒夫 / p211~212
  • 4)転移性肝癌の外科療法 / 長谷川博 / p212~213
  • 5)転移性肝癌の化学療法 / 三浦健 / p213~214
  • 6)転移性骨腫瘍の治療 / 阿部令彦
  • 榎本耕治
  • 久保田啓朗 / p214~214
  • 発言 癌骨転移の手術的療法 / 福間久俊 / p215~216
  • 7)癌性胸膜炎の治療 / 大田満夫
  • 広田暢雄
  • 植田英彦
  • 安元公正
  • 永野信吉
  • 真鍋英夫 / p217~217
  • 8)癌性腹膜炎の治療 / 新本稔
  • 服部孝雄 / p218~219
  • シンポジウム(IV)癌治療における外科手術と放射線治療の協力,脳・頭頸部・食道・肺・胃腸・子宮・泌尿器など / / p220~235<2214317>
  • 総括意見 / 田崎瑛生
  • 伊藤一二 / p220~220
  • 1)総論 A.放射線治療の立場から / 森田皓三 / p220~221
  • 1)総論 B.外科医の立場から / 戸部隆吉 / p222~223
  • 2)上顎洞癌 / 海老原敏 / p223~224
  • 指定発言 上顎癌 / 酒井俊一 / p225~225
  • 3)喉頭癌の治療--放射線治療と手術治療の役割 / 佐藤武男 / p225~226
  • 4)肺癌 / 尾形利郎 / p226~228
  • 5)食道癌治療における外科手術と放射線治療の協力 / 磯野可一 / p228~229
  • 6)胃癌 / 相馬哲夫 / p230~231
  • 7)膵癌の集学的治療--術中照射を中心に / 松田忠義
  • 小野寺時夫
  • 岡本篤夫
  • 伊藤一二
  • 石渡淳一
  • 田畑育男
  • 松川昌勝
  • 里見建裕
  • 竹川鉦一
  • 牧野宣一 / p231~232
  • 8)放射線腸管障害--外科から / 山田明義 / p233~233
  • 8)放射線腸管障害--放射線科から / 河原よし子 / p234~234
  • 指定発言 剖検からみた放射線治療による障害 / 下里幸雄 / p235~235
  • シンポジウム(V)癌診断技術の進歩(映像診断),放射線・内視鏡・RI・超音波 / / p236~248<2214318>
  • 総括意見 / 山田達哉
  • 福田守道 / p236~236
  • 1)X線診断 消化管のX線診断 / 西沢護 / p237~237
  • 2)上部消化管の内視鏡診断,とくに食道と胃について / 遠藤光夫
  • 鈴木茂 / p237~238
  • 3)核医学の立場からみた癌の画像診断の進歩について / 小山田日吉丸 / p238~240
  • 4)CT診断 / 板井悠二 / p240~241
  • 発言 超選択的血管造影下のCT検査について / 森山紀之 / p242~242
  • 5)超音波診断 / 福田守道
  • 板谷晴隆 / p242~244
  • 発言 超音波映像下穿刺による癌の診断 / 大藤正雄 / p245~246
  • 6)血管造影診断 / 鈴木敞
  • 今村正之
  • 真辺忠夫
  • 戸部隆吉 / p246~248
  • 7)映像診断の体系化 / 舘野之男 / p248~248
  • シンポジウム(VI)癌免疫療法の現況と問題点 / / p249~268<2214319>
  • 総括意見 / 藤井源七郎
  • 菊地浩吉 / p249~249
  • 1)人癌の免疫と免疫療法 / 菊地浩吉 / p249~252
  • 2)胃癌術後の免疫療法 / 中里博昭 / p252~254
  • 発言 胃がん絶対的非治癒切除例に対するOK-432腫瘍内大量投与 / 峠哲哉
  • 服部孝雄 / p254~256
  • 発言 / 折田薫三 / p256~257
  • 発言 / 佐丸義夫 / p257~259
  • 3)急性白血病の免疫療法 / 山田一正
  • 小寺良尚
  • 大野竜三 / p259~260
  • 4)進行癌の免疫療法 / 古江尚 / p261~263
  • 5)BCG-CWSによる肺癌の免疫療法 / 小倉剛
  • 山村雄一 / p263~264
  • 6)皮膚癌の免疫療法 / 石原和之 / p265~266
  • 7)小児癌の免疫療法 / 桜井実
  • 井沢道 / p266~268
  • シンポジウム(VII)悪性リンパ腫の免疫機能的性状とその治療成績をめぐって / / p269~275<2214320>
  • 総括意見 / 木村禧代二 / p269~269
  • 1)病理所見--その分類を中心に / 若狭治毅 / p269~270
  • 2)悪性リンパ腫細胞の膜性状--免疫学的立場から / 下山正徳 / p271~271
  • 3)悪性リンパ腫の酵素組織化学的所見と予後との関連 / 三方淳男
  • 張ヶ谷健一
  • 鈴木裕
  • 堤寛
  • 鈴木繁生
  • 影山圭三 / p271~273
  • 4)治療との関連 (1)放射線療法を中心に / 真崎規江
  • 重松康 / p273~274
  • 4)治療との関連 (2)化学療法の立場から / 木村郁郎 / p274~275
  • シンポジウム(VIII)下咽頭・頸部食道癌治療の進歩 / / p276~285<2214321>
  • 総括意見 / 竹田千里 / p276~276
  • 1)遠隔治療成績よりみた治療方針の検討 / 小野勇 / p276~277
  • 2)下咽頭・頸部食道癌に於けるFAR療法の効果 / 小宮山荘太郎 / p277~278
  • 3)下咽頭・頸部食道癌の外科治療とその限界 / 松浦秀博 / p278~279
  • 4)手術療法における問題点とその対策 / 中村輝久
  • 八板朗 / p279~281
  • 5)切除適応と再建術式について / 秋山洋 / p281~282
  • 発言 頸胸境界部を含んだ頸部食道癌の外科治療 / 掛川暉夫 / p283~284
  • 6)下咽頭癌に対する16分割4週間照射の効果 / 入江五朗 / p284~285
  • 第66回東北癌集談会例会 / / p286~287
  • 第38回九州癌学会 / / p288~294
  • 第29回乳癌研究会 / / p295~328

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
著作者等 日本癌治療学会
書名ヨミ ニホン ガン チリョウ ガッカイシ = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
書名別名 The journal of Japan Society for Cancer Therapy

日本癌治療学会学術集会educational book

日本癌治療学会学術集会プログラム号

日本癌治療学会学術集会抄録号

The journal of Japan Society of Clinical Oncology
巻冊次 15(2)
出版元 日本癌治療学会
刊行年月 1980-04
ページ数
大きさ 25-30cm
ISSN 00214671
NCID AN00187361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想