日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology  28(7)

日本癌治療学会

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1966.03~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: The journal of Japan Society for Cancer Therapy (1巻1号-32巻5号)→ The journal of Japan Society of Clinical Oncology (36巻1号-);46巻1号から46巻3号には「日本癌治療学会学術集会」49回の表示もあり;34巻から41巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」として2分冊刊行. 42巻から46巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」, 各巻3号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として3分冊刊行. 47巻以降各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として2分冊刊行;1巻1号 (Mar. 1, 1966)-;47巻3号は「JSCO」[電子資料] (USBメモリ) 50回として刊行, 48巻3号, 49巻3号は 「日本癌治療学会学術集会抄録号」 [電子資料] (USBメモリ) 51回, 52回として刊行

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 成人T細胞白血病に対する多剤併用療法の効果 / 大納伸人 他7名 / p949~955<3843851>
  • 抗癌剤-リピオドール懸濁液による肝細胞癌の動注効果 / 相川久幸 / p956~966<3843837>
  • 家兎VX-2子宮癌モデルに対するCDDP動注法と動脈化学塞栓療法における実験的比較検討 / 播磨洋子 他7名 / p967~975<3843826>
  • 単結節型細胞癌 肝切除80例の臨床病理学的検討 / 高安隆 他2名 / p987~987
  • 悪性卵巣腫瘍における後腹膜リンパ節転移の検討と拡大手術の治療成績 骨盤および傍大動脈リンパ節廓清による / 植田国明 他5名 / p988~996<3843820>
  • 進行および再発子宮体癌における化学療法 / 竹島信宏 他6名 / p997~1004<3843848>
  • 乳癌の血管侵襲に関する臨床病理学的研究 第VIII因子関連抗原を用いた免疫組織化学的手法による検討 / 寺井直樹 / p1005~1016<3843862>
  • Protein A灌流血漿の自己の腫瘍細胞に対する障害活性の検討 / 安部まこと 他3名 / p1017~1024<3843816>
  • Glioblastomaに対する分割照射法に関する臨床的・基礎的研究 / 加藤真吾 / p1025~1036<3843813>
  • 症例報告 Stage IV乳癌に対するネオアジュバント療法の試み / 梅野美一 他1名 / p1037~1043
  • 症例報告 十二指腸癌に対する膵頭十二指腸切除術後の肝転移再発に対して動注化学療法が有効であった1例 / 小針雅男 他4名 / p1044~1047

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
著作者等 日本癌治療学会
書名ヨミ ニホン ガン チリョウ ガッカイシ = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
書名別名 The journal of Japan Society for Cancer Therapy

日本癌治療学会学術集会educational book

日本癌治療学会学術集会プログラム号

日本癌治療学会学術集会抄録号

The journal of Japan Society of Clinical Oncology
巻冊次 28(7)
出版元 日本癌治療学会
刊行年月 1993-07
ページ数
大きさ 25-30cm
ISSN 00214671
NCID AN00187361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想