日赤医学 = The Japanese Red Cross medical journal  22(2)/(3)/(4)

大阪赤十字病院醫齒藥學研究會 [編]→日本赤十字社医学会[編]

国立国会図書館雑誌記事索引 8 (1) 1955.01~35 (1・2) 1983.06 ; 55 (2・3) 2003.06.25~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;47巻以降各巻1号の編者: 日本赤十字社医学会;8巻1号 (Jan. 1955)-;出版地の変更あり;8巻1号から46巻4号までの出版者: 大阪赤十字病院医歯薬学研究会, 47巻から55巻までの各巻1号の出版者: 日本赤十字社医学会, 47巻から55巻までの各巻2, 3号の出版者: 大阪赤十字病院医歯薬学研究会;8巻1号から46巻4号までの頒布者: 日赤医学出版所, 47巻から55巻までの各巻2, 3号の頒布者: 日赤医学出版所;総目次あり;改題注記 : 継続前誌: 博愛医学

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ネズミ(鼠,Rats)(巻頭欄) / 木村//廉 / 87~89<8355861>
  • Shockの治療方針 血行動態を中心に / 武下//浩 / 90~99<8355862>
  • Nitrazepam(ベンザリン)のトランキライザーとしての効果について / 古藪//修一 / 100~103<8355863>
  • 最近2年間の手術創感染の検討 / 山代//昇 / 104~106<8355864>
  • 特異な肝細胞内微細構造を示した肝内胆汁うっ滞症の1例 / 宮田//学 / 107~111<8355865>
  • 胎児環境検査の検討 / 鈴木//晴夫 / 112~118<8355866>
  • 脳卒中(右片麻痺)を主症状とした症例(第6回大阪日赤C.P.C.) / 星崎//東明 / 119~121,124<8355867>
  • 発疹,腹痛,肝脾腫を伴い意識障害をきたして死亡した症例(第6回大阪日赤C.P.C.) / 岡本//暢夫 / 121~123,124<8355868>
  • 腰痛及び下腹部痛を主訴とした下半身麻痺を来した症例(第7回大阪日赤C.P.C.) / 山田//英夫 / 124~126<8355869>
  • 大阪赤十字病院集談会(44/6,44/11) / / p127~129
  • 山口赤十字病院集談会(第228~234回) / / p129~136
  • 昭和43年度発表論文報告 / / p137~138
  • 昭和43年度学会発表報告 / / p138~142
  • 第22巻総目次 / / p1~5

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日赤医学 = The Japanese Red Cross medical journal
著作者等 大阪赤十字病院
日本赤十字社医学会
大阪赤十字病院醫齒藥學研究會→日本赤十字社医学会
書名ヨミ ニッセキ イガク = The Japanese Red Cross medical journal
書名別名 博愛医学

The Japanese Red Cross medical journal
巻冊次 22(2)/(3)/(4)
出版元 日本赤十字社医学会
刊行年月 1969-12
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03871215
NCID AN00184873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想