日大歯学  74(2)

日本大学歯学会

国立国会図書館雑誌記事索引 38 (1) 1964.01~57 (4) 1983.07 ; 78 (3・4) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 大きさの変更あり;38巻1号(昭39.1)~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 臨床 上下顎移動術(上顎後方移動,下顎前方移動)を行った顎変形症の3例 / 李明子 ほか / p115~122
  • 臨床 原発性骨内癌と考えられた下顎癌の1例 / 松本光彦 ほか / p123~126
  • 臨床 著しい下顎歯列弓狭窄および叢生を伴う成人反対咬合の1治験例 / 納村泰弘 ほか / p127~133
  • 臨床 誤った矯正治療により惹起された著しい歯周組織の破壊を伴った不正咬合患者の再治療と術後の12年間の検討 / 田村幸子 ほか / p134~140
  • 臨床 下顎前方部にみられた静止性骨空洞の2例 / 関和忠信 ほか / p141~145
  • 小児の舌骨の位置と顎顔面形態との関係についての研究 / 内山正 / p146~153
  • Polymeric immunoglobulin receptorの酵素的切断に関する検討 / 土屋穂秋 / p154~159
  • 歯周ポケットから分離したTreponema denticolaのPCR法による同定とキモトリプシン様プロテアーゼ産生について / 小熊秀佳 / p160~167
  • 鶏胚肢芽外胚葉上皮による軟骨形成の抑制作用に関する実験的検討 / 濵いつ子 / p168~175
  • 内皮-間葉トランスフォーメーション関連抗原を認識するモノクローナル抗体の作製およびそのキャラクタリゼーション / 菅山妙子 / p176~182
  • A2F8モノクローナル抗体によるヒト歯肉血管内皮の免疫組織化学的検出 / 遠藤精一 / p183~190
  • ラットの自発行動およびドパミンD₁/D₂受容体刺激誘発顎運動に及ぼすsteptozotocin誘発糖尿病の影響 / 中村伸 / p191~199
  • 骨密度減少による下顎骨骨量,咀嚼能力および咬合力への影響 / 植松秀紀 / p200~205
  • 下顎運動に関する研究 I-1. 前方滑走運動時のスピー彎曲および顆頭運動の計測について / 澤田健友 ほか / p206~211
  • Mouse polymeric immunoglobulin receptor genomic DNAの遺伝子配列の解析 / 岩瀬孝志 ほか / p212~219
  • 学位請求論文内容要旨・審査要旨公表第135号 / / p220~227

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日大歯学
著作者等 日本大学歯学会
書名ヨミ ニチダイ シガク
書名別名 Nichidai shigaku
巻冊次 74(2)
出版元 日本大学歯学会
刊行年月 2000-03
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 03850102
NCID AN00184159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想