日大歯学  43(2)

日本大学歯学会

国立国会図書館雑誌記事索引 38 (1) 1964.01~57 (4) 1983.07 ; 78 (3・4) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 大きさの変更あり;38巻1号(昭39.1)~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 乳歯過剰歯の1例 / 栗原//洋一 / 163~166<8355260>
  • Reserpineの長期投与がダイコクネズミの脳および肝臓のMAO活性に及ぼす影響 特にMAOI,5HTP,DOPA,ACTHおよびCortisoneのそれぞれの併用効果について / 菅沼//優 / 167~176<8355261>
  • d,1-GOBABとその光学分割体,GOBAB-Lactoneおよび諸種ω-amino Acidの抗Histamine性に関する研究 / 今関//彊 / 177~184<8355262>
  • DNP投与がカイウサギの耳下腺唾液量の季節的変動に及ぼす影響 / 斉木//稔 / 185~194<8355263>
  • Lanolin中の各種steroidの分離同定 特に新たに確認されたdihydrolanosterolならびにdihydroagnosterolについて / 岩田//洋 / 195~200<8355264>
  • β-Cholestanolの超微量定量法 / 永田//博見 / 201~207<8355265>
  • 温熱暴露がハツカネズミの脳AChE活性値に及ぼす影響 / 今井//元興 / 208~211<8355266>
  • ReserpineにMAOIを併用した場合のダイコクネズミにおける血糖値,肝glycogen量および脳AChE活性値 最終注射後30分値と16時間値 / 若松//佳子 / 212~217<8355267>
  • 口腔常在菌の常在機転に関する研究-10-口腔粘膜組織をもって調成した培地における緑色連鎖球菌の発育について / 白土//寿一 / 218~221<8355268>
  • モルモットの尿管尿量に関する研究〔耳下線固有睡液量との相関性〕 / 長田//洋 / 222~225<8355269>
  • ω-Amino Acidの抗プラスミン作用と抗浮腫作用について / 柿下//俊三 / 226~228<8355271>
  • 歯髄組織中のMalic Dehydrogenase Isoenzymeについて / 田村//荘介 / 229~232<8355272>
  • Gas ChromatographyによるヒトPlasma中β-Cholestanolの定量 / 滝口//久 / 233~235<8355273>
  • 薬物の毒性に関する研究-6-クロラムフェニコール・メタンスルホン酸コリスチンナトリウム / 中山//皖司 / 236~250,図6枚<8355274>
  • ホニュウ類の歯における球間区の出現 / 西原//是 / 251~257<8355275>
  • 学童の咀嚼能率の逐年的研究 / 酒井//洋一 / 258~270<8355276>
  • 歯根と歯槽骨との癒着に関する研究 / 検見崎//竹二郎 / 271~286<8355277>
  • 保険診療と査定について / 並木//勇次 / 287~290<8355278>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日大歯学
著作者等 日本大学歯学会
書名ヨミ ニチダイ シガク
巻冊次 43(2)
出版元 日本大学歯学会
刊行年月 1969-03
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 03850102
NCID AN00184159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想