呼吸と循環  46(2)

醫學書院

国立国会図書館雑誌記事索引 1(1):1953.3-31(12):1983.12 ; 49(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;総目次はCD-ROMとも;1巻1号(1953) - 5巻13号(1957) ; 6巻1号=49号(1958) - 30巻6号=342号(昭和57年6月) ; 30巻7号(July 1982) -;総目次・総索引: 51巻13号

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 圧受容体反射異常の病態 / / p117~164
  • 圧受容体反射を介する心拍・血圧調節機構 / 池田安宏・他 / p117~124
  • 薬物負荷による圧受容体反射機能評価法 / 栗田明・他 / p125~129
  • Head-up tilt試験による圧受容体機能評価--Neurally mediated syncopeの病態と治療 / 小林洋一・他 / p131~140
  • LBNPとNeck Suctionによる圧受容体機能評価 / 亀谷学・他 / p141~148
  • 降圧薬の圧受容体反射異常 / 尾股健・他 / p149~154
  • 長期臥床による圧受容器反射異常--長期ベッドレストで圧受容器反射機能に異常は起こらない? / 鈴木洋児 / p155~164
  • 摘出灌流心臓と心臓内因性adrenergic system / 望月正武 / p115~115
  • 綜説 放射線肺傷害 / 塩谷壽美恵・他 / p165~172
  • Bedside Teaching 肺気腫症の呼吸機能評価--酸素飽和度の測定だけでよいのか / 西田富昭・他 / p173~178
  • Bedside Teaching 硝酸薬の耐性とその回避 / 松本鉄也・他 / p179~185
  • 房室結節回帰性頻拍におけるslow pathway ablation / 円城寺由久・他 / p187~191
  • 症例 主肺動脈にまで達した巨大右房粘液腫の1例 / 岸宏一・他 / p193~197
  • 症例 持続心囊ドレナージが著効を示した若年の化膿性心外膜炎 / 杉浦真人・他 / p199~202
  • 症例 PTCAに伴う冠動脈瘤が慢性期に著明に縮小した1例 / 篠原尚典・他 / p203~207
  • Topics 気道のリモデリングに与る好酸球の役割 / 相沢久道 / p209~210
  • Topics ステント内再狭窄メカニズムについて / 榊原雅義 / p211~212
  • 学会案内 / / p148~148
  • 書評 / 石崎武志 / p140~140,213~213,214~214,215~215
  • 次号予告 / / p216~216
  • 投稿規定 / / p217~217
  • あとがき / 小川聡 / p218~218

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 呼吸と循環
著作者等 医学書院
書名ヨミ コキュウ ト ジュンカン
書名別名 Respiration and circulation
巻冊次 46(2)
出版元 医学書院
刊行年月 1998-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 04523458
NCID AN00087174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00008259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想