形成外科  35(7)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 原科孝雄 / p697~697
  • 特集 手先天異常の治療の進歩 / / p699~719,721~725,727~743,745~753,755~759
  • 母指多指症における早期術前矯正 / 岩沢幹直 ほか / p699~708
  • 母指多指症の早期骨切り術 / 上野治彦 ほか / p709~719
  • Open palm methodによる先天性母指内転拘縮の治療 / 中村蓼吾 ほか / p721~725
  • 指尖部骨性合指症に対する局所皮弁の応用 / 杉原平樹 ほか / p727~734
  • 先天異常手に対する指延長術 / 荻野利彦 ほか / p735~743
  • 先天異常手に対する早期骨移植術 / 平川正彦 / p745~753
  • 先天異常手の治療における新しい試み / 生田義和 / p755~759
  • 経験 顔面におけるrelaxed skin tension line(RSTL)の検討(第2報) / 並木保憲 ほか / p761~768
  • 経験 下腹直筋皮弁による股関節部,会陰部および陰囊部の再建 / 遠藤隆志 ほか / p769~773
  • 症例 陳旧性両側性顎関節突起骨折の開咬症に対してObwegeser-Dal Pont法を応用した1例 / 高原正明 ほか / p775~780
  • 症例 副耳下腺から発生した多形腺腫の1例 / 北吉光 ほか / p781~785
  • 手技 直視下顔面神経枝到達法を利用した下顎骨関節突起骨折の観血的整復術 / 川上重彦 ほか / p787~794
  • 外国文献抄訳 / / p795~806

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery
巻冊次 35(7)
出版元 克誠堂
刊行年月 1992-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想