形成外科  30(6)(161)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 一色信彦 / p481~481
  • 手技 外側趾列多合趾症の切除趾に関する考察 / 難波雄哉 ほか / p482~487
  • 手技 Gluteus medius-tensor fasciae latae flapによる大転子部褥創の治療経験 / 加藤至 ほか / p488~495
  • 手技 私たちの耳介形成術 / 井上裕史 ほか / p496~502
  • 手技 小耳症再建術における一考察--耳珠,耳甲介腔の再建について / 伊藤芳憲 ほか / p503~509
  • 経験 血管肉腫に対する局所温熱療法と放射線療法併用の効果について / 安田浩 ほか / p510~516
  • 経験 マイボーム腺癌6症例の治療経験 / 中西秀樹 ほか / p517~523
  • 症例 悪性皮膚混合腫瘍の1症例 / 菅又章 ほか / p524~529
  • 症例 ミオグロビン尿症を合併したGoldenhar症候群の1例 / 井上裕史 ほか / p530~534
  • 骨形成因子の臨床応用の可能性--骨誘導能を有する生体材料の開発 / 中原治彦 ほか / p535~542
  • 小耳症における第1・第2鰓弓症候群--残存耳介の形態と側頭骨の形態,顔面神経麻痺,聴力障害との関連について / 古川晴海 / p543~557
  • 有限要素法と皮膚のバイオメカニクス / 川端秀彦 ほか / p558~563
  • 外国文献抄訳 / / p564~577

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery
巻冊次 30(6)(161)
出版元 克誠堂
刊行年月 1987-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想