形成外科  12(2)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 口蓋裂形成術後の形態と機能 / 宮崎//正 / 145~150<8177356>
  • 有茎植皮の血行について / 藤野//豊美 / 151~160<8177357>
  • 前頭部突隆(pneumosinus dilatans)の形成手術 / 福田//修 / 161~165<8177358>
  • Malar bone fracture頬部骨骨折について 主としてレ線診断と臨床症状 / 大浦//武彦 / 166~172<8177359>
  • V-Y-Z plastyの両側唇裂二次修正への応用 / 添田//周吾 / 173~178<8177360>
  • 上顎陥凹をともなった先天性鞍鼻に新鮮自家肋軟骨及びその細片を使用した2症例 / 太田//八重子 / 179~183<8177361>
  • 先天性下口唇瘻の22例 / 福永//武志 / 184~188<8177362>
  • 造臍術の1例 / 丹下//一郎 / 189~191<8177363>
  • Cross leg flapの検討 / 鬼塚//卓弥 / 192~199<8177364>
  • 抄録 日本形成外科学会東京地方会第22回例会 / / p200~207
  • 抄録 日本形成外科学会東京地方会第23回例会 / / p208~216
  • 抄録 日本形成外科学会東京地方会第24回例会 / / p217~227
  • 抄録 Newsletter of the American Society of Plastic and Reconstructive Surgeons / / p228~229
  • らい形成外科第33号 / / p1~
  • 顔面神経麻痺における口唇麻痺の形成手術 特にStatic Methodについて / 成田//稔 / 1~9<8177355>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery

Keisei geka
巻冊次 12(2)
出版元 克誠堂
刊行年月 1969-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想