外科治療 = Surgical therapy : 外科系臨床雑誌  75(3)

国立国会図書館雑誌記事索引 1(1):1959.9-49(6):1983.12 ; 84(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;1巻1号 (昭和34年9月)-105巻6号 (2011年12月号);以後休刊;各巻6号ごとに総目次を収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 癌取扱い規約をめぐる諸問題 甲状腺癌 / 宮内昭 / p263~267
  • 特集 癌取扱い規約をめぐる諸問題 乳癌 / 稲治英生 / p268~272
  • 特集 癌取扱い規約をめぐる諸問題 食道癌 / 渡辺寛 / p273~276
  • 特集 癌取扱い規約をめぐる諸問題 胃癌 / 丸山圭一 / p277~282
  • 特集 癌取扱い規約をめぐる諸問題 大腸癌 / 吉雄敏文 / p283~287
  • 特集 癌取扱い規約をめぐる諸問題 肝癌 / 内野純一 / p288~294
  • 特集 癌取扱い規約をめぐる諸問題 膵癌 / 川原田嘉文 / p295~301
  • 特集 癌取扱い規約をめぐる諸問題 胆道癌 / 永川宅和 / p302~308
  • 特集 インフォームド・コンセント-癌の告知はどうあるべきか- 癌の告知について / 西満正 / p309~314
  • 特集 インフォームド・コンセント-癌の告知はどうあるべきか- 癌告知とインフォームド・コンセント / 森岡恭彦 / p315~319
  • 特集 インフォームド・コンセント-癌の告知はどうあるべきか- 告知後の諸問題 / 笹子三津留 / p320~323
  • 特集 インフォームド・コンセント-癌の告知はどうあるべきか- 進行癌治療の選択と癌告知 / 磨伊正義 / p324~328
  • 特集 インフォームド・コンセント-癌の告知はどうあるべきか- なぜ癌と告げるのか? / 澤口裕二 / p329~334
  • 臨床 進行膵癌に対する治療戦略 / 伊豆蔵正明 / p247~252
  • 手術手技 肝切除術の基本的手技 / 長堀薫 / p253~262
  • 今日の問題 癌とアポトーシス / 小川道雄 / p335~340
  • グラフ 腹部CT・MRIの読み方--胆・膵・脾のCTの読み方 / 松枝清 / p341~347
  • 手術のコツ 頸部囊胞状リンパ管腫の手術 / 辻野一郎 / p348~351
  • 研究速報 脊髄虚血に関する新しい運動神経モニターの研究 / 神谷喜八郎 / p352~353
  • 研究速報 無酸素再酸素化時の細胞死発生機構 / 清水重臣 / p354~355
  • 器械器具 大腿-膝窩動脈バイパス再手術例に対する第3世代のDardik biograft(R)(human umbilical vein graft)の使用経験 / 植松正久 / p357~362
  • 臨床の実際 超音波所見が経過観察に有用であった急性虫垂炎保存的治療の1例 / 糸島崇博 / p363~365
  • 臨床の実際 特発性肺血鉄症に合併したBasedow病の1例 / 小松誠 / p366~368
  • 教室の今日 大阪大学医学部第1外科学教室 / / p356~356
  • 第32回ストーマリハビリテーション講習会 / / p252~252
  • 第5回クリニカル・ビデオフォーラム / / p267~267
  • 第3回良性乳腺疾患研究会 / / p272~272
  • 1996 SURF講習会 / / p276~276
  • 第19回在宅経腸栄養研究会 / / p282~282
  • 第12回日本静脈・経腸栄養研究会 / / p362~362

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 外科治療 = Surgical therapy : 外科系臨床雑誌
著作者等 永井書店
書名ヨミ ゲカ チリョウ = Surgical therapy : ゲカケイ リンショウ ザッシ
書名別名 Surgical therapy
巻冊次 75(3)
出版元 永井書店
刊行年月 1996-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 04332644
NCID AN00073227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006707
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想