漢方の臨床  31(2)(354)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 漢方エキス剤の副作用 / 三谷和合 / p5~11
  • 乳児(孫)に教わった漢方 / 平木陽一 / p12~15
  • 処方は簡要に / 勝田正泰 / p15~17
  • これからの漢方・初学者からみた漢方医学への期待と問題点 / 田家照生 / p18~21
  • 日本漢方と中医学 / 桑木崇秀 / p22~33
  • 道三・三喜邂逅の地「柳津」考 / 矢数道明 / p33~40
  • 伝染性単核症に対する小柴胡湯、大柴胡湯の効果 / 原敬二郎 / p41~47
  • 多発性神経炎の一治験 / 岡野勝憲 / p48~51
  • ポロプシーを伴ったカゼ / 藤平健 / p52~54
  • 「雲南白薬」の臨床経験 / 張瓏英 / p55~60
  • エキス製剤による漢方治療雑感 / 山田光胤 / p61~64
  • 中国に於て出版された日本の漢方関係書籍の年代別目録 (三) / 真柳誠 / p64~75
  • 私の「三た」 / 橋口親義 / p76~82
  • 新養生論 (3) / 富田光陽 / p83~87
  • 食中毒の自験例 / 長瀬千秋 / p87~89
  • 漢方牛歩録 (34) 風邪に大青龍湯 / 中村謙介 / p89~91
  • 漢方体験記 (49) 八味丸の体験四例 / 河野順 / p92~94
  • 武見太郎先生の逝去を悼む / 矢数道明 / p95~99
  • 漢方医界MEMO 昭和59年1月 / 協会本部 / p100~101
  • 細迫陽三先生逝去 / 気賀林一 / p101~101
  • 漢方診療おぼえ書 (83) 尿不利に五苓散 顔面のシミに加味逍遙散 漫性腎炎に猪苓湯 / 緒方玄芳 / p102~103
  • 漢方研究室 / 小倉重成 / p104~111
  • よたび「康治本傷寒論」について / 遠田裕政 / p112~121
  • 漢薬ノート (26) 桃仁 / 鈴木堯 / p122~123
  • 鮎川濯三先生のご逝去を悼む / 矢数道明 / p123~124
  • 森光三氏の逝去を悼む / 太田裕康 / p124~124
  • 傷寒雑病弁証通釈 (28) / 松本一男 / p125~125
  • 小児腹痛に対する小建中湯の治験 / 細川喜代治 / p126~130
  • 糖質ステロイド剤が無効の慢性ネフローゼ型腎炎に小柴胡湯と八味丸併用が有効であった症例について / 有地滋
  • 有地英子
  • 戸田静男 / p131~136
  • 編集後記 / 気賀 / p103~103

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine

Kanpo no rinsho
巻冊次 31(2)(354)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 1984-02
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想