The Japanese journal of antibiotics  31(10)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 小児におけるCephalothin Sodium′Lilly′点滴静注時の血清内濃度-1-学童,幼児,乳児を中心として / 岩井//直一 / p571~578<1964957>
  • 小児におけるCephalothin Sodium′Lilly′点滴静注時の血清内濃度-2-新生児を中心として / 岩井//直一 / p579~586<1964958>
  • 小児におけるCephalothin Sodium′Lilly′点滴静注時の血清内濃度-3-薬動力学的検討 / 岩井//直一 / p587~594<1964959>
  • 高令者におけるCephalothin Sodium′Lilly′の吸収,排泄について / 上田//公介
  • 渡辺//秀輝
  • 和志田//裕人 / p595~600<1964956>
  • Amoxicillin錠(Widecillin錠)の小児科領域における臨床的検討 / 中沢//進 / p601~605<1964954>
  • AmpicillinとDicloxacillinの協力作用に関する検討-5-In vitroにおけるペニシリン,セファロスポリン感受性大腸菌に対する作用 / 諸星//俊郎 / p606~609<1964955>
  • ブドウ糖非発酵グラム陰性桿菌とセラチアに対するAmpicillin+CloxacillinとDibekacinの試験管内協力作用に関する検討 / 出口//浩一 / p610~613<1964960>
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CLXXII / / p578~578,586~586,594~594,600~600,605~605,614~615
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 CXLVI / / p616~624

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics

The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 31(10)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1978-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想