The Japanese journal of antibiotics  36(10)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 原著 / / p2665~2924
  • β-Lactam系抗生物質Cefotiamの肺・気管支内分布に関する実験的研究-2-Serratiopeptidaseの併用効果について / 高久//史麿
  • 石原//陽子
  • 北村//諭 / p2665~2670<2641607>
  • Cefotiamの心筋内移行に関する臨床的検討 / 日比//道昭 / p2671~2674<2641608>
  • 慢性副鼻腔炎並びに慢性中耳炎に対する注射用広域合成セファロスポリンCefotiamの使用経験 / 小田//恂
  • 二木//隆 / p2675~2682<2641609>
  • 耳鼻咽喉科領域感染症におけるCefotiamの臨床的検討 / 佐竹//敬一 / p2683~2687<2641610>
  • 耳鼻咽喉科領域感染症に対するCefotiamの臨床的検討 / 佐藤//文彦 / p2688~2692<2641611>
  • 耳鼻咽喉科領域感染症に対するセフェム系抗生物質Cefotiamの臨床的効果 / 馬場//駿吉 / p2693~2710<2641612>
  • 耳鼻咽喉科領域におけるCefotiamの使用経験 / 杉山//正夫 / p2711~2714<2641613>
  • Cefotiamの耳鼻咽喉科領域における臨床的検討 / 吉田//政雄
  • 石田//達也
  • 武田//一雄 / p2715~2720<2641614>
  • 耳鼻咽喉科感染症に対するCefotiamの使用経験 / 夜陣//紘治 / p2721~2729<2641615>
  • Cefotiamの上顎洞組織内移行の検討 / 中島//幹夫 / p2730~2732<2641616>
  • 耳鼻咽喉科領域感染症に対するCefotiamの臨床効果 / 中島//格 / p2733~2741<2641617>
  • 耳鼻咽喉科領域感染症に対するCefotiamの基礎的,臨床的研究 / 古田//茂 / p2742~2749<2641618>
  • 最近の尿路感染症,特に急性膀胱炎を中心として分離される細菌とその薬剤感受性 / 新井//俊彦
  • 鈴木//恵三 / p2750~2756<2641603>
  • Campylobacter jejuni/coliのMIC測定に関する検討 / 佐久//一枝
  • 杉本//清
  • 内山//百合子 / p2757~2762<2641605>
  • 核磁気共鳴(NMR)法による数種化合物のβ-ラクタマ-ゼ活性阻害効果の比較 / 塩味//陽子
  • 河野//恵
  • 小原//康治 / p2763~2768<2641622>
  • 呼吸器感染症に対するCefamandoleとCefmetazoleの二重盲検法による臨床評価の比較 / 大島//信一 / p2769~2812<2641596>
  • Amikacin点滴静注時の聴器障害に対する検討 / 前山//拓夫 / p2813~2819<2641604>
  • 子宮頚癌術後患者におけるPiperacillinの骨盤死腔液への移行について / 小池//晧弌
  • 大嶋//勉 / p2820~2824<2641601>
  • 小児穿孔性虫垂炎の術後抗生剤療法--特にLatamoxefの検討 / 飯田//秀治 / p2825~2832<2641602>
  • Escherichia coli, Serratia marcescens及びPseudomonas aeruginosaに対するSisomicin,DibekacinとCefotetan,Cefotaxime,Latamoxef,Cefsulodin間の併用に関する細菌学的研究 / 斎藤//正人 / p2833~2843<2641619>
  • 耳鼻咽喉科領域感染症由来臨床分離菌株のFosfomycinに対する感受性 / 出口//浩一 / p2844~2848<2641624>
  • Campylobacter jejuni腸炎に対するFosfomycinの検討 / 淵上//達夫 / p2849~2855<2641597>
  • 新生児,未熟児におけるTobramycin点滴静注時の薬動力学的検討 / 豊永//義清 / p2856~2868<2641598>
  • セファマイシン系抗生物質とアミノ配糖体系抗生物質の併用に関する研究 / 田中//真由美 / p2869~2880<2641625>
  • 造血器腫瘍疾患に合併した感染症に対するCefoxitinの使用経験 / 南//信行 / p2881~2886<2641600>
  • 最近分離された臨床材料由来株のCefotaxime及び他のセフェム系抗生剤に対する薬剤感受性 / 藤田//信一 / p2887~2892<2641623>
  • 造血器疾患に合併した重症感染症に対するCefotaximeの治療効果 / 椿尾//忠博 / p2893~2900<2641599>
  • 内科領域におけるCefotaximeの臨床効果 / 斎藤//博 / p2901~2912<2641626>
  • Micronomicinの感受性ディスク法に関する検討 / 金沢//裕
  • 松本//清幸
  • 倉又//利夫 / p2913~2920<2641621>
  • Micronomicin sulfateの聴器へ及ぼす影響--Audiogramによる検討 / 渋谷//守
  • 湯浅//涼
  • 朴沢//孝治 / p2921~2924<2641620>
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CCXXXII / / p2670~2670,2682~2682,2687~2687,2714~2714,2720~2720,2729~2729,2741~2741
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 CCVI / / p2749~2749,2756~2756,2762~2762,2768~2768,2812~2812,2819~2819,2843~2843,2855~2855,2868~2868,2886~2886,2892~2892,2920~2920,2924~2924

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 36(10)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1983-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想