The Japanese journal of antibiotics  28(4)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Amikacin(BB-K8)の毒性に関する研究-1-急性毒性およびラットにおける亜急性毒性 / 松崎//明紀 / p415~434<1613537>
  • Amikacin(BB-K8)の毒性に関する研究-2-ラットにおける慢性毒性 / 松崎//明紀 / p435~457<1613538>
  • Amikacin(BB-K8)の毒性に関する研究-3-犬における亜急性毒性 / 松崎//明紀 / p458~484<1613539>
  • Amikacin(BB-K8)の毒性に関する研究-4-犬における慢性毒性 / 松崎//明紀 / p485~524<1613540>
  • 皮膚科領域におけるBB-K8の使用経験 / 皆見//紀久男
  • 丸田//宏幸
  • 亀山//明 / p525~529<1613546>
  • 最近臨床材料から分離した各種病原菌に対するAmikacin(BB-K8)と他のアミノグリコシッド剤の抗菌力の比較 / 小栗//豊子
  • 小酒井//望 / p530~537<1613542>
  • Yersinia enterocoliticaおよびYersinia pseudotuberculosisの接合による耐性の伝達について-2-とくに自然界分離のSM耐性菌に関して / 金沢//裕
  • 倉又//利夫 / p538~541<1613528>
  • Comparison of absorption and excretion of cefazorin with cephalothin and cephapirin / Tatsunori@@Shimizu / p542~548<1613530>
  • 結核感染マウスの病理組織学的変化に及ぼすSchizophyllan,StreptomycinおよびRifampicinの影響 / 小松//信彦 / p549~557<1613543>
  • 14C-Josamycinおよび14C-Josamycin propionateのラットにおける吸収,分布,排泄 / 立花//章男 / p558~566<1613536>
  • 小児化膿性髄膜炎の化学療法 / 小林//裕 / p567~580<1613529>
  • 疣贅にたいするブレオマイシンの使用経験 / 石坂//隆 / p581~583<1613535>
  • 耳鼻咽喉科領域におけるPT-122M(Doxycyclin)に関する基礎的ならびに臨床的研究 / 岩沢//武彦 / p584~594<1613544>
  • Doxycycline静注の基礎的,臨床的検討 / 金沢//裕
  • 倉又//利夫 / p595~599<1613534>
  • DoxycyclineとMinocyclineの試験管内抗菌作用 / 横沢//光博
  • 中川//圭一 / p600~604<1613541>
  • 静注用塩酸Doxycyclinに関する臨床的検討 / 関根//理
  • 薄田//芳丸
  • 樋口//興三 / p605~610<1613533>
  • 腎機能障害患者における静注用Doxycyclineの検討 / 薄田//芳丸 / p611~616<1613547>
  • Doxycycline静注液についての検討 / 副島//林造 / p617~622<1613527>
  • Doxycyclineの静脈内投与による耳鼻咽喉科感染症の臨床的検討 / 三辺//武右衛門 / p623~627<1613545>
  • Serum levels and urinary excretion of parent antibiotics and desacetyl forms after parenteral administration of cephalothin and cephapirin / Tatsunori@@Shimizu / p628~633<1613531>
  • Sodium Cephalothin腹腔内投与の臨床的検討 / 安富//徹
  • 岡本//美穂二 / p634~637<1613548>
  • ガ-リックの抗菌活性の特徴について / 高橋//徳治
  • 佐藤//哲康
  • 内田//幸正 / p638~642<1613532>
  • 雑録 新刊紹介 / 秦藤樹 / p627~627
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CXXXVI / / p457~457,524~524,529~529,541~541,548~548,580~580,583~583,594~594,604~604,610~610,616~616,633~633,643~648
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 CX / / p649~654

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics

The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 28(4)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1975-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想