保健婦雑誌  41(12)

醫學書院 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (5) 1951.05~5 (2) 1953.02 ; 52 (6) 1996.06~59 (12) 2003.12;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;1巻1号(昭和26年1月) - 59巻12号(2003年12月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 事例と対話する事例検討 東京・特別区「訪問指導」研修を素材として / / p10~40,42~94
  • 第1部「訪問指導」研修を通しての自己拡大 研修,実践,そして学問の一体化 / 丸地信弘 / p10~12
  • 第1部「訪問指導」研修を通しての自己拡大 「研修活動に係わって芽生えた私のTwo in One / 松田正己 / p13~18
  • 第1部「訪問指導」研修を通しての自己拡大 訪問研修と私の自己拡大・統合(Two in One)のプロセス / 島内節 / p19~24
  • 第1部「訪問指導」研修を通しての自己拡大 「十字架」を背負って / 丸地信弘 / p25~27
  • 第1部「訪問指導」研修を通しての自己拡大 読者と著者のTwo in One的一体化のために / 丸地信弘 / p28~31
  • 第2部それぞれの人の思い 事例を提供した私の学び / 島本康子 / p32~34
  • 第2部それぞれの人の思い 研修後にPHC研究会に参加した私の思い / 渡辺ひろみ / p35~37
  • 第2部それぞれの人の思い 研修会を受講しての私の思いと学び / 林恵子 / p38~40
  • 第2部それぞれの人の思い 座談会 訪問指導研修が私たちにもたらしたもの / 金澤淳子
  • 岩瀬広美
  • 島内節
  • 杉山郁子
  • 石井光子 / p42~57
  • 第2部それぞれの人の思い 企画担当者の私の思い / 岩永牟得 / p58~63
  • 第2部それぞれの人の思い 自己の意識的変化に気づき始めて / 丸地信弘 / p64~65
  • 第3部素材としての「訪問指導」研修 素材としての訪問指導研修 / 松田正己 / p66~89
  • 第3部素材としての「訪問指導」研修 訪問指導研修の概要 / 島内節
  • 渡辺ひろみ
  • 松田正己
  • 岩永牟得 / p90~94
  • 私もひとこと 求めてやまなかったものとの邂逅 / 上野礼子 / p11~11
  • 私もひとこと 今一歩自分のものにできなかった / 三浦直子 / p18~18
  • 私もひとこと 新たな自分を発見するために努力中 / 唐木洋子 / p24~24
  • 私もひとこと 痛かったが自分の欠点を知ったよい機会 / 牧嶋邦 / p31~31
  • 私もひとこと 苦い学習体験の場であった / 岩本百里 / p37~37
  • 私もひとこと 少しは自分の見方が広がった / 高遠郁子 / p63~63
  • 用語解説 三位一体とTwo in One / 丸地信弘 / p12~12
  • 用語解説 「研修」ということについて / 松田正己 / p27~27
  • 用語解説 当たり前な発想 / 石井良夫 / p40~40
  • グラフ 組織活動シリーズ 52(最終回) 住民の組織活動を支える行政の役割 / 松下拡
  • 菊地頌子 / p1~
  • 保健活動の<見直し>から<見通し>へ 27(最終回) 事例と対話するトータル-ケア / 西村かおる
  • 花岡真佐子
  • 丸地信弘
  • 衛藤幹子
  • 松田正己
  • 渡辺ひろみ
  • 中川ロイ / p95~104
  • 発言席 保健婦さんへの期待 / 土井道子 / p9~9
  • 発言席 第41巻年間総目次 / / p105~108

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 保健婦雑誌
著作者等 医学書院
書名ヨミ ホケンフ ザッシ
書名別名 Japanese journal for public health nurse

The Japanese journal for public health nurse
巻冊次 41(12)
出版元 医学書院
刊行年月 1985-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00471844
NCID AN00228436
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想