外科 = Surgery : 臨床雑誌  53(13)(664)

国立国会図書館雑誌記事索引 12 (8) 1950.08~;本タイトル等は最新号による;11巻10号以降の並列タイトル: Surgery;[1巻1号]-20巻14号 (1958年12月) ; 21巻1号 = 231号 (1959年1月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 偽膜性腸炎 / 平田公一
  • 石山賢 / p1480~1516
  • 胃切除後の下痢 この症例の評価と治療方針 / 平田公一 / p1480~1483
  • 胃切除後の下痢 この症例の評価と治療方針 / 石山賢 / p1484~1487
  • 偽膜性腸炎の疫学 / 木下博明 / p1488~1492
  • 偽膜性腸炎の病態--術後の腸炎との関連の中で / 初瀬一夫 / p1493~1498
  • 偽膜性腸炎のMRSA腸炎との鑑別 / 児玉節 / p1499~1505
  • 偽膜性腸炎の治療 / 守田信義 / p1506~1511
  • 偽膜性腸炎と周手術期における予防的抗菌薬 / 柵瀬信太郎 / p1512~1516
  • 外科疾患の年齢による修飾と予後-12-デスモイド / 小西//文雄 / p1527~1531<3749916>
  • 私の研究 鎖肛術後の排便障害 / 岩井直躬 / p1533~1536
  • 腸管細菌とBacterial Translocation / 井上純雄 / p1517~1526
  • 臨床経験 自己血分離貯血法による開心術の検討 / 岩淵知 / p1537~1539
  • 症例 穿孔にて発症した小腸平滑筋肉腫の2例と本邦報告例の検討 / 小檜山律 / p1540~1544
  • 症例 副腎偶発腫瘤が考えられた後腹膜囊胞状奇形腫の1例 / 相吉悠治 / p1545~1548
  • 症例 感染を伴った外傷性仮性膝窩動脈瘤破裂の1手術治験例 / 堺正仁 / p1549~1550
  • 症例 胃切除および下肢血行再建術を要した弾力線維性仮性黄色腫の1例 / 遠藤将光 / p1551~1554
  • 症例 開腹手術を要した重度心身障害者Chilaiditi症候群の1列 / 大塚正彦 / p1555~1558
  • 症例 尿管閉塞をきたした炎症性腹部大動脈瘤の1例 / 湯村正仁 / p1559~1561
  • 症例 巨大な乳腺悪性葉状腫瘍から肺転移をきたし死亡した1例 / 石原省 / p1563~1566
  • 症例 迷入膵を伴う内反したMeckel憩室による乳児腸重積症の1例 / 宇野武治 / p1567~1569
  • 症例 両側腸骨動脈閉塞症に対する腋窩大腿動脈バイパスに感染をきたした1例 / 阿部正一 / p1570~1572
  • 書評 腹壁・腹膜・イレウスの外科II / 継行男 / p1532~1532
  • 書評 MEの基礎知識と安全管理 / 佐野文男 / p1562~1562
  • 随録 第35回日本形成外科学会 / / p1526~1526
  • 随録 第13回食道静脈瘤硬化療法研究会 / / p1558~1558
  • 随録 日本乳癌学会会員募集 / / p1566~1572
  • 随録 次号予告,特集案内 / / p1573~1573
  • 随録 寄稿のさだめ・編集ペン / / p1574~1574
  • 随録 53巻総目次・事項索引 / / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 外科 = Surgery : 臨床雑誌
著作者等 南江堂
書名ヨミ ゲカ = Surgery : リンショウ ザッシ
書名別名 Surgery

Geka
巻冊次 53(13)(664)
出版元 南江堂
刊行年月 1991-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0016593X
NCID AN00073147
AA12405515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想