外科 = Surgery : 臨床雑誌  52(8)(646)

国立国会図書館雑誌記事索引 12 (8) 1950.08~;本タイトル等は最新号による;11巻10号以降の並列タイトル: Surgery;[1巻1号]-20巻14号 (1958年12月) ; 21巻1号 = 231号 (1959年1月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 高齢者の腸管出血 / 伊藤勝基
  • 木村健 / p758~802
  • 出血源不明の腸管出血 この症例の検査と治療方針 -外科側から / 伊藤勝基 / p758~761
  • 出血源不明の腸管出血 この症例の検査と治療方針 -内科側から / 佐藤一弘 / p762~765
  • 高齢者の腸管出血 / 岡部聡 / p766~775
  • 消化管出血の画像診断 / 吉川淳 / p776~784
  • 腸管出血の内視鏡による治療 / 金子栄藏 / p785~789
  • 腸管出血のInterventional Radiologyによる治療 / 草野正一 / p790~794
  • 腸管出血の手術適応と術中の出血源の探索 / 長町幸雄 / p795~802
  • 術後リハビリテ-ションの実際-8-大腸大量切除 / 秋山//義之 / p803~807<3684715>
  • 私の研究 マルチセンサー型心拍数制御ペースメーカー / 原田幸雄 / p809~811
  • 私の研究 間欠的肝門部遮断(Pringle変法)を用いた肝切除術による肝硬変合併肝癌の外科治療 / 二川俊二 / p812~814
  • 今月の臨床 早期胃癌に対するR₂リンパ節郭清を伴った幽門保存胃切除術 / 大内明夫 / p815~820
  • 臨床経験 穿孔性虫垂炎術後の創感染対策 / 岩本勲 / p821~823
  • 臨床経験 直腸癌に対する局所切除術 / 友田博次 / p825~828
  • 症例 塞栓術にて治癒せしめた大腿深動脈損傷の1例 / 妹尾和克 / p829~831
  • 症例 小腸部分切除術後に発症した虚血性小腸炎の1例 / 松元仁久 / p832~834
  • 症例 TAE後発症した急性気腫性胆囊炎の1例 / 松山和男 / p835~837
  • 症例 肝・胃重複癌の同時切除例 / 水谷伸 / p839~841
  • 症例 胆囊摘除術後に発生し持続ドレナージが有効であったBilomaの1例 / 小池祥一郎 / p842~846
  • 症例 胸腺腫を合併した赤芽球癆(PRCA)の1例 / 藤井秀則 / p847~850
  • 症例 穿孔性腹膜尖を合併したIBL様T細胞リンパ腫の1例 / 日野原徹 / p851~853
  • 症例 乳腺Mucocele-like Tumorの1例 / 中島芳道 / p854~856
  • 外科医の金言 人生の生き甲斐を維持せよ / 石川浩一 / p808~808
  • 書評 Maingot's Abdominal Operations / 桜井健司 / p824~824
  • 書評 Coronary Intervention / 三井利夫 / p838~838
  • 随録 第8回アジア外科学会 / / p775~775
  • 随録 第21回ストーマリハビリテーション講習会受講者募集 / / p789~789
  • 随録 第3回日本内分泌外科学会 / / p846~846
  • 随録 次号予告,特集案内 / / p857~857
  • 随録 寄稿のさだめ・編集ペン / / p858~858

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 外科 = Surgery : 臨床雑誌
著作者等 南江堂
書名ヨミ ゲカ = Surgery : リンショウ ザッシ
書名別名 Surgery
巻冊次 52(8)(646)
出版元 南江堂
刊行年月 1990-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0016593X
NCID AN00073147
AA12405515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想