外科 = Surgery : 臨床雑誌  49(11)(610)

国立国会図書館雑誌記事索引 12 (8) 1950.08~;本タイトル等は最新号による;11巻10号以降の並列タイトル: Surgery;[1巻1号]-20巻14号 (1958年12月) ; 21巻1号 = 231号 (1959年1月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 外科診療におけるPros and Cons / 門田俊夫
  • 玉熊正悦 / p1082~1176,1178~1328,1330~1376
  • 1 創傷の処置 剃毛 / 門田俊夫 / p1082~1085
  • 1 創傷の処置 開放創に抗菌薬は必要か / 坂部孝 / p1086~1089
  • 1 創傷の処置 消毒薬による創傷処置 / 田島知郎 / p1090~1093
  • 1 創傷の処置 汚染創に対する縫合糸の選択 / 林四郎 / p1094~1097
  • 1 創傷の処置 ドレーンの必要度と抜去のタイミング / 酒井克治 / p1098~1103
  • 1 創傷の処置 手術創と包帯,包帯交換 / 加藤文彦 / p1104~1107
  • 1 創傷の処置 抜糸のタイミング / 田中嘉雄 / p1108~1113
  • 1 創傷の処置 創傷哆開の予防 / 柵瀨信太郎 / p1114~1120
  • 2 周手術期のケア 周手術期における予防的抗生物質 / 雨宮厚 / p1122~1127
  • 2 周手術期のケア 消化器手術と術前浣腸 / 大谷五良 / p1128~1130
  • 2 周手術期のケア 経鼻胃管 / 田宮洋一 / p1131~1134
  • 2 周手術期のケア 経口栄養開始のタイミングとそのStep Up / 北島政樹 / p1135~1139
  • 2 周手術期のケア 経腸栄養と経静脈栄養 / 碓井貞仁 / p1140~1144
  • 2 周手術期のケア 腸管運動促進薬の術後投与 / 山内英生 / p1145~1151
  • 2 周手術期のケア 術後の安静と早期離床 / 桜井健司 / p1152~1156
  • 2 周手術期のケア 術後静脈血栓症の予防 / 田辺達三 / p1157~1160
  • 2 周手術期のケア 止血薬の術後投与 / 長崎二三夫 / p1161~1164
  • 2 周手術期のケア 術後肝障害の予防と治療 / 森敬一郎 / p1165~1171
  • 2 周手術期のケア 高齢者の術後せん妄 / 山城守也 / p1172~1176
  • 3 手術リスク 術前検査値と血液凝固障害 / 大里敬一 / p1178~1182
  • 3 手術リスク 術前検査値と呼吸機能障害 / 槙田浩史 / p1183~1187
  • 3 手術リスク 術前検査値と肝機能障害 / 小林進 / p1188~1190
  • 3 手術リスク 腎不全患者における術前全身状態の評価 / 寺岡慧 / p1191~1198
  • 3 手術リスク 虚血性心疾患(とくにOMI)を伴う患者の一般手術 / 宮本忠臣 / p1199~1202
  • 3 手術リスク 黄疸と手術リスク / 榊原宣 / p1203~1208
  • 3 手術リスク 重症糖尿病患者の緊急手術 / 伊藤徹 / p1209~1212
  • 3 手術リスク 高血圧患者の手術,降圧薬は必要か? / 加藤真 / p1213~1216
  • 3 手術リスク 喫煙と手術 / 大村昭人 / p1217~1222
  • 3 手術リスク 妊婦の手術 / 関場香 / p1223~1228
  • 3 手術リスク 高度肥満患者の手術 / 諏訪邦夫 / p1229~1232
  • 3 手術リスク 風邪と全身麻酔 / 野上俊光 / p1233~1237
  • 3 手術リスク 摂食後(full stomach)の緊急手術 / 西野卓 / p1238~1242
  • 3 手術リスク HBs抗原陽性患者の手術 / 山崎一信 / p1243~1246
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア 出血性ショックに対する輸液 / 藤田達士 / p1248~1252
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア ショックと昇圧薬 / 藤井千穂 / p1253~1260
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア ショックに対する血管拡張薬 / 村井正 / p1261~1266
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア ショックとプロスタグランディン / 石山賢 / p1267~1272
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア 術後の乏尿と利尿薬 / 塚本長 / p1273~1276
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア 中心静脈圧と肺動脈楔入圧 / 中島英洋 / p1277~1282
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア 気管切開と挿管 / 石田詔治 / p1283~1287
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア 重症患者に対する抗タンパク分解酵素療法 / 中村紀夫 / p1288~1291
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア DICのヘパリン療法 / 山本保博 / p1292~1295
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア 大量ステロイド療法 / 早坂滉 / p1296~1300
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア 自己血輸血 / 湯浅晋治 / p1301~1305
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア 全血輸血と成分輸血 / 関口定美 / p1306~1314
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア 新鮮凍結血漿とアルブミン製剤の効用 / 丸山雄二 / p1315~1318
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア 肺浮腫と高浸透圧輸液 / 毛利平 / p1319~1323
  • 4 ショックおよびクリティカル・ケア 輸液・輸血の加温 / 並木昭義 / p1324~1328
  • 5 癌治療の周辺 免疫療法の効果と問題点 / 峠哲哉 / p1330~1334
  • 5 癌治療の周辺 癌免疫と輸血 / 折田薫三 / p1335~1338
  • 5 癌治療の周辺 拡大手術と縮小手術 / 小堀鷗一郎 / p1339~1342
  • 5 癌治療の周辺 温熱療法の効果 / 古賀成昌 / p1343~1346
  • 5 癌治療の周辺 術後の抗癌薬の使い方と選択 / 高橋俊雄 / p1347~1350
  • 6 医の倫理 癌患者のターミナル・ケア / 河野博臣 / p1352~1357
  • 6 医の倫理 癌患者に対する病名告知 / 草間悟 / p1358~1364
  • 6 医の倫理 「エホバの証人」信者の手術 / 饗庭忠男 / p1365~1368
  • 6 医の倫理 患者の自己決定権 / 饗庭忠男 / p1369~1375
  • 寄稿のさだめ・編集ペン / / p1376~1376

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 外科 = Surgery : 臨床雑誌
著作者等 南江堂
書名ヨミ ゲカ = Surgery : リンショウ ザッシ
書名別名 Surgery
巻冊次 49(11)(610)
出版元 南江堂
刊行年月 1987-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0016593X
NCID AN00073147
AA12405515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想