看護技術  33(14)(477)

メヂカルフレンド社

国立国会図書館雑誌記事索引 31 (1) 1985.01~;本タイトル等は最新号による;大きさ: 変更あり;[1号]~[ ],[ ]~;総目次・総索引あり;改題注記 : 「看護のbooks」の改題

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 臨床に必要なカウンセリング技術<焦点> / p5~95<3148903>
  • 看護に活かすカウンセリング技法 / 飯田澄美子 / p5~13
  • ケースに学ぶカウンセリング技法 援助としての沈黙 1.突然病名を問われ…… 2.反応を待つ沈黙 3.意志疎通のための沈黙 / 鳥海房子
  • 佐々木知子・他 / p14~23
  • ケースに学ぶカウンセリング技法 受容的態度 患者の心が開くまでの対応 1.人間関係がくずれると過呼吸発作を起こすM子 2.全緘黙のあるT君 3.親への不満を暴力で訴えるA子 / 青柳和枝
  • 佐藤孝江・他 / p24~34
  • ケースに学ぶカウンセリング技法 患者の話の促進 1.カーッとなって看護婦に手を上げようとしたAさん 2.治療の是非をめぐってゆらぐUさんの心 3.死が間近にせまったIさん / 松川和子
  • 志々見美津恵・他 / p35~45
  • ケースに学ぶカウンセリング技法 共感 患者と同じ立場,心情になる 1.相互に近づくこと,対等に話し合うこと 2.看護婦の一方的な指導ではなく,患者の思いに近づく 3.患者の背中に手を入れる身体的接近 / 増田心子
  • 岡本澄江・他 / p46~54
  • ケースに学ぶカウンセリング技法 ボディランゲージ 身体言語を読み取る 1.沈黙することでニードを表わす 2.言葉よりも温かい接触 3.救護欲求からでた呼吸困難 / 三井繁子
  • 菅原淑子・他 / p55~64
  • ケースに学ぶカウンセリング技法 気づき ゲシュタルト療法を用いて 1.拒薬傾向の発見と導き 2.対人関係の改善に向けての気づき 3.不眠の原因を追っての気づき / 藤倉範夫
  • 太田勝美・他 / p65~74
  • ケースに学ぶカウンセリング技法 看護者の陥りやすいカウンセリングの落とし穴 1.いつもと違うA氏の奥さんの言動 2.うまく説明できたと思ったが 3.C氏の気持が痛いほど良くわかるのに / 川野雅資 / p75~83
  • 看護のなかでカウンセリングを実施する / 川本利恵子
  • 大田真理子・他 / p84~91
  • 患者の心を開かせるための看護者の態度の変容 / 松井一枝 / p92~95
  • 第20回看護懸賞論文入選作発表 入選作・入選者プロフィール・審査経過・審査を終えて / / p96~103
  • 看護は生き残れるか--看護が生き生きとあるために(第20回看護懸賞論文入選作) / 衛藤//幹子 / p104~115<3148899>
  • 編集室 / 廣田 / p116~116

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護技術
著作者等 メヂカルフレンド社
書名ヨミ カンゴ ギジュツ
書名別名 Japanese journal of nursing arts

The Japanese journal of nursing arts
巻冊次 33(14)(477)
出版元 メヂカルフレンド社
刊行年月 1987-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0449752X
NCID AN00407639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想