ストレス科学 : 日本ストレス学会誌  8(2)

日本ストレス学会編集委員会

国立国会図書館雑誌記事索引 16(1):2001.9.30-;7巻1号 (平成4年11月25日)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 会長講演 心療内科からみたテクノストレス症候群の現状 / 高田勗
  • 筒井末春 / p25~25
  • 特別講演 1 生理学の立場から見たストレス反応 / 桂戴作
  • 佐藤昭夫 / p26~26
  • 特別講演 2 高齢者のストレスの諸問題-今日的立場より / 加藤正明
  • 長谷川和夫 / p27~27
  • 特別討論 現代人の精神発達と成熟レベル / 河野友信 / p28~29
  • 1.日本人の未熟性について / 篠田知璋 / p28~28
  • 2.現代人の精神発達と成熟レベル / 下山晴彦 / p29~29
  • 特別講演 3 新しい医療の倫理と患者・医師の人間関係 / 筒井末春
  • 星野一正 / p30~30
  • 教育講演 1 情動とストレス-情動相互作用モデルから / 末松弘行
  • 小此木啓吾 / p31~31
  • 教育講演 2 バイオフィードバック研究の現状と将来 / 梅沢勉
  • 白倉克之 / p32~32
  • トピックス1 慢性疲労症候群 / 中村賢
  • 斎藤巌 / p33~33
  • トピックス2 スポーツとストレス / 本明寛
  • 児玉昌久 / p34~34
  • トピックス3 心身症の生活習慣とライフイベント / 大本美彌子
  • 坪井康次 / p35~35
  • 招待講演 伝統価値指標とストレス反応について / 石津宏
  • 林憲 / p36~36
  • シンポジウムI ライフスタイルからみた職場の健康管理 / 岩根久夫
  • 豊川裕之 / p37~41
  • 1.ライフスタイルからみた職場の健康管理--運動習慣と成人病予防 / 下光輝一 / p37~37
  • 2.ライフスタイルと職業性ストレス / 川上憲人 / p38~38
  • 3.作業関連疾患の管理とライフスタイル / 相澤好治 / p39~39
  • 4.心療内科の立場から見たテクノストレス症候群の病態と健康管理 / 村林信行 / p40~40
  • 5.仕事への適応とライフスタイルからみた急性心筋梗塞の発症 / 道場信孝 / p41~41
  • シンポジウムII 心身相関からみたストレス性健康障害 / 並木正義
  • 浅井昌弘 / p42~46
  • 1.睡眠生理学と時間生物学からみた看護婦の健康 / 奥平進之 / p42~42
  • 2.新しいストレス・パラメーターからみたストレス病態生理 / 上原聡 / p43~43
  • 3.ストレスと呼吸器心身症 / 吾郷晋浩 / p44~44
  • 4.身体症状を訴えて精神科を訪れる患者から / 塚田浩治 / p45~45
  • 5.精神科外来患者に見られた心身相関とその治療 / 大野裕 / p46~46
  • シンポジウムIII 小児・思春期にみられる摂食障害 / 坂田利家
  • 鈴木二郎 / p47~51
  • 1.食行動異常を示す大学生及び患者の実態 / 中野弘一 / p47~47
  • 2.摂食障害の病態-神経生理学的考察 / 吉松博信
  • 坂田利家 / p48~48
  • 3.行動医学の立場から見た摂食障害の成立機序仮説と治療法 / 添嶋裕嗣 / p49~49
  • 4.精神分析的発達論から見た摂食障害の精神病理と治療 / 皆川邦直 / p50~50
  • 5.肥満と治療-シミュレーションによる経済的評価 / 藤野志朗 / p51~51
  • シンポジウムIV ストレス性健康障害に対する薬物療法 / 上島国利
  • 渋谷健 / p52~58
  • 1.ストレス適応研究からみた抗不安薬の前臨床評価 / 武田弘志 / p52~52
  • 2.心療内科領域における薬物療法 / 藤井滋樹 / p53~53
  • 3.一般臨床における薬物療法の留意点 / 大下敦 / p54~54
  • 4.パニック障害の成因と薬物療法 / 佐藤啓二 / p55~56
  • 5.全般性不安障害に対する薬物療法 / 片山義郎 / p57~57
  • 6.軽症うつ病の薬物療法 / 宮岡等 / p58~58
  • パネルディスカッション 実地医家の立場から見たストレス性健康障害 / 渡辺淳
  • 菊地博 / p59~62
  • 1.実地医家の立場から見たストレス性健康障害 / 鈴木仁一 / p59~59
  • 2.実地医家の立場から見たストレス性健康障害 / 松坂勲 / p60~60
  • 3.実地医家の立場から見たストレス性健康障害(うつ病について) / 河野博臣 / p61~61
  • 4.実地医家の立場から見たストレス性健康障害 / 重本洋定 / p62~62
  • パネルディスカッション エイズに関するストレスをめぐって / 杉田稔 / p63~65
  • 1.わが国および世界のAIDSの現況について / 鎌倉光宏 / p63~63
  • 2.HIV感染診療に携わる医療スタッフのストレス / 根岸昌功 / p64~64
  • 3.エイズ対策における企業および産業医の役割 / 森晃爾 / p65~65
  • 一般演題I / / p66~91
  • 1.ストレス適応現象の研究(第19報):活動性ストレスの動因因子と強化因子 / 泉澤恵、他 / p66~66
  • 2.ストレス適応現象の研究(第20報):活動性ストレスが誘発するストレス反応の発現強度と脳内モノアミン作働性神経系の関連 / 高田香、他 / p67~67
  • 3.心理的ストレス負荷ラットの性行動および脳内神経伝達物質の変化の検討 / 佐藤嘉一、他 / p68~68
  • 4.うつ病患者における性機能の検討-塩酸インデロキサシン投与による性機能改善の試み- / 佐藤嘉一、他 / p69~69
  • 5.ストレス負荷時におけるカルシウム投与の変化について / 大島由紀子、他 / p70~70
  • 6.生活音による尿中カテコールアミンと聴性脳緩反応(SVR)の変動 / 永田晟、他 / p71~71
  • 7.緊張作業負荷によるラットの血漿中脂質の変化 / 岩崎健二、他 / p72~72
  • 8.手術侵襲に対するストレスホルモンとInterleukinの変動 / 吉川雅輝、他 / p73~73
  • 9.長時間運動ストレスによる疲労困憊の程度と血中ホルモン濃度の関係 / 小田切優子、他 / p74~74
  • 10.日常生活場面における気分の変調と血圧の変動との関係 / 尾関友佳子、他 / p75~75
  • 11.GC-MSによるヒト唾液中コルチゾール濃度測定法の検討 / 倉崎信子、他 / p76~76
  • 12.某市役所におけるストレスマネジメントカウンセリングの試み / 内田江里、他 / p77~77
  • 13.家族内のストレス調整が奏効した神経性食思不振症の1症例 / 正慶修、他 / p78~78
  • 14.光FBのJet-lag治療への導入(1) / 熊野直、他 / p79~79
  • 15.光FBのJet-lag治療への導入(2) / 牧野真理子、他 / p80~80
  • 16.Emotional cryingはストレスを緩和できるか / 津田彰、他 / p81~81
  • 17.在日外国人のストレス管理の一手段としての音楽の活用の試み / 牧野真理子、他 / p82~82
  • 18.在日外国人における精神科受診の実態 / 大西守、他 / p83~83
  • 19.大学病院における心療内科の役割 / 羽仁真奈実 / p84~84
  • 20.ストレス反応はその人を現す(第一報) / 石田行仁、他 / p85~85
  • 21.家庭内のストレスで、うつ状態を呈した一症例に於ける短期入院の有用性 / 滝井英治、他 / p86~86
  • 22.管理社会における禅的療法の心身医学的研究 / 座間味宗和、他 / p87~87
  • 23.南極観測隊員にみる極地適応とストレス / 池川雅哉、他 / p88~88
  • 24.運動と感情との関連についての研究の現状と問題点 / 三浦康司、他 / p89~89
  • 25.健康意識及び健康行動を規定するA型行動歴 / 伊津野孝、他 / p90~90
  • 26.自律神経失調症に対するアルプラゾラム(ソラナックス)の有用性の検討 / 竹越至、他 / p91~91
  • 一般演題II / / p92~118
  • 1.項目反応理論(IRT)によるストレス反応尺度の分析(1)--その測定論的基礎 / 渡辺直登、他 / p92~92
  • 2.項目反応理論(IRT)によるストレス反応尺度の分析(2)--特性曲線・情報曲線による項目と尺度の分析 / 矢冨直美、他 / p93~93
  • 3.対処の好みがストレス反応に及ぼす影響 / 山野美樹 / p94~94
  • 4.パニック障害とストレスの関係についての考察 / 今崎牧生、他 / p95~95
  • 5.DSM III R大うつ病の3ケ月予後と、ストレス、およびストレス対処行動 / 上原徹、他 / p96~96
  • 6.早期喪失体験とその後の精神障害の出現頻度について / 山内慶太、他 / p97~97
  • 7.老年期うつ病に対する心身医学的アプローチの1経験例 / 斧澤克乃、他 / p98~98
  • 8.健康度自己評価からみた高齢者のストレス / 金森雅夫、他 / p99~99
  • 9.高齢者のユーモア反応と健康の関係 / 高下保幸、他 / p100~100
  • 10.ストレス適応現象の研究(第21報)加齢に伴う情動的ストレス感受性の低下と脳内モノアミン / 李踐偉、他 / p101~101
  • 11.ライフイベントと発症・経過の関連が対照的な消化性潰瘍の2症例 / 杉本篤夫、他 / p102~102
  • 12.労働者における仕事の負荷と心理的ストレス症状との関連 / 小泉智恵、他 / p103~103
  • 13.女性就労者におけるQWLの意義 第2報 QWLと生活習慣との関連 / 宮川路子、他 / p104~104
  • 14.女性就労者におけるQWLの意義 第1報 QWLと自覚症状との関連 / 石田千恵子、他 / p105~105
  • 15.ストレス状況から逃れられないうつ病の一例 / 北崎麻美子、他 / p106~106
  • 16.働く女性の性格ライフスタイルと免疫能 / 海原純子、他 / p107~107
  • 17.女性研究労働者の労働負担と家事負担--ストレスホルモンからみて / 三木圭一、他 / p108~108
  • 18.青年期女性の情動性摂食行動と自制仮説:発達段階の差による比較 / 藤原真理、他 / p109~109
  • 19.看護学生の生活習慣および食行動異常に関する調査 / 塚田縫子、他 / p110~110
  • 20.看護学生のストレスの原因および解消法 / 三田達雄、他 / p111~111
  • 21.最近の高校生の心理特性--自己イメージの経年による変化について / 小林信三、他 / p112~112
  • 22.不適切な食行動とストレスの関連が認められた単純性肥満の一例 / 端詰勝敬、他 / p113~113
  • 23.教員におけるバーンアウトとソーシャル・サポート / 木島伸彦 / p114~114
  • 24.親との死別を体験した大学生のパーソナリティ / 伊藤章代、他 / p115~115
  • 25.女子短大生の貧血とストレス--軽運動負荷の影響 / 山本亘、他 / p116~116
  • 26.CMIの精神的自覚症と経絡機能(AMI)との相関 / 赤坂文郎、他 / p117~117
  • 27.AIDS患者に対する心理的距離の決定因の研究 / 佐久田祐子、他 / p118~118
  • 症例発表 / 佐々好子 / p119~119
  • 1.配置転換におけるストレスとアルコール依存との関係について / 古井景、他 / p119~119
  • 症例発表 / 鵜養美昭 / p120~120
  • 2.子育てをストレスと感じる30代主婦の症例研究 / 中野博子、他 / p120~120
  • 症例発表 / 橋本雅雄 / p121~121
  • 3.ストレスと転換性障害--自己主張のできなかった1例について / 中島弘子、他 / p121~121

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 ストレス科学 : 日本ストレス学会誌
著作者等 日本ストレス学会編集委員会
日本ストレス学会
書名ヨミ ストレス カガク : ニホン ストレス ガッカイシ
書名別名 Japanese journal of stress sciences

Sutoresu kagaku

The Japanese journal of stress sciences
巻冊次 8(2)
出版元 日本ストレス学会
刊行年月 1993-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13494813
NCID AN10400523
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
01005916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想