消化器外科nursing  3秋季増刊(24)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 6 (1) (通号: 54) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;1巻1号=1号(1996年) -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 序にかえて / / p9~10
  • ストーマリハビリテーションにおける医師と看護婦の役割 / 大村裕子 / p9~10
  • I ストーマとともに暮らす / / p13~33
  • 1 ストーマ患者のQOL / 赤池こずえ / p13~20
  • はじめに / 赤池こずえ / p13~13
  • QOL(quality of life)とは何か / 赤池こずえ / p14~14
  • オストメイトのQOLとは / 赤池こずえ / p15~16
  • ストーマケアとオストメイトのQOL / 赤池こずえ / p16~16
  • QOLは測定できるか / 赤池こずえ / p16~17
  • オストメイトのQOLに影響を及ぼす要因とその測定法 / 赤池こずえ / p17~19
  • オストメイトのQOLを低下させないために / 赤池こずえ / p19~20
  • おわりに / 赤池こずえ / p20~20
  • 2 ストーマ造設患者に対する術前のインフォームド・コンセント / 蘆吉和 / p21~29
  • はじめに / 蘆野吉和 / p21~22
  • 当科における手術までの説明の手順と内容 / 蘆野吉和 / p22~25
  • 私自身がストーマ造設を受ける立場となったときに必要とする情報とは / 蘆野吉和 / p26~26
  • 考察 / 蘆野吉和 / p26~29
  • インフォームド・コンセント ナースからの要望 / 柴﨑真澄 / p30~33
  • はじめに / 柴崎真澄 / p30~30
  • 癌の告知 / 柴崎真澄 / p30~31
  • ストーマ造設の告知 / 柴崎真澄 / p31~32
  • 術前オリエンテーション / 柴崎真澄 / p32~32
  • おわりに / 柴崎真澄 / p32~33
  • II 良いストーマをつくるために / / p37~67
  • 3 術前のストーマサイトマーキング / 佐藤美和 / p37~47
  • はじめに / 佐藤美和 / p37~38
  • ストーマサイトマーキングの必要性 / 佐藤美和 / p38~38
  • マーキングの基準 / 佐藤美和 / p38~39
  • マーキングの準備 / 佐藤美和 / p39~40
  • マーキングの実際 / 佐藤美和 / p41~46
  • マーキングの評価 / 佐藤美和 / p47~47
  • おわりに / 佐藤美和 / p47~47
  • 術前のストーマサイトマーキング 医師からの注文 / 船橋公彦 / p48~52
  • はじめに / 船橋公彦 / p48~48
  • ストーマサイトマーキングにあたって / 船橋公彦 / p48~50
  • ストーマサイトマーキングの実際 / 船橋公彦 / p50~52
  • おわりに / 船橋公彦 / p52~52
  • 4 外科的合併症の予防,理想的なストーマ手術とは / 門脇淳 / p53~62
  • はじめに / 門脇淳 / p53~53
  • 従来のストーマ造設法と合併症発生 / 門脇淳 / p53~56
  • ストーマの形状と高さについて / 門脇淳 / p57~60
  • 合併症を考慮したストーマ術式とは / 門脇淳 / p60~61
  • まとめ / 門脇淳 / p62~62
  • 合併症を予防するための手術に対するナースからの要望 / 尾崎晴美 / p63~67
  • 理想的なストーマはどのようにしてつくられたか / 尾崎晴美 / p63~66
  • ストーマについて手術記録に記載していただきたい事項 / 尾崎晴美 / p66~67
  • III 標準的な術後ケア / / p71~103
  • 5 術直後ケア,ストーマ創管理とストーマケア / 菅野直子 / p71~84
  • はじめに / 菅野直子 / p71~71
  • 術直後のストーマケアの目的 / 菅野直子 / p72~72
  • 患者指導の実際 / 菅野直子 / p72~73
  • 術直後のストーマケアの実際 / 菅野直子 / p73~75
  • 術直後の装具選択の基準 / 菅野直子 / p75~76
  • 装具装着のポイントとケアの実際 / 菅野直子 / p76~82
  • ストーマ創の管理 / 菅野直子 / p82~83
  • おわりに / 菅野直子 / p84~84
  • 術直後ケア,ストーマ造設とストーマケアドクターサイドから / 池秀之 / p85~86
  • はじめに / 池秀之 / p85~85
  • 患者に対して / 池秀之 / p85~85
  • 術直後のストーマ / 池秀之 / p86~86
  • 術直後のストーマ創管理,ストーマケア / 池秀之 / p86~86
  • 6 退院前の社会復帰ケア / 佐藤理子 / p87~103
  • はじめに / 佐藤理子 / p87~88
  • 「退院前の社会復帰ケア」の目標 / 佐藤理子 / p88~89
  • セルフケア能力のアセスメントの方法 / 佐藤理子 / p90~91
  • セルフケアができない場合,どのようなサポートを行うか? / 佐藤理子 / p91~94
  • セルフケアを効率よく達成する計画 / 佐藤理子 / p94~102
  • おわりに / 佐藤理子 / p102~103
  • IV 装具選択とスキンケア / / p111~134
  • 7 ストーマ装具の選択 / 溝上祐子 / p111~121
  • はじめに / 溝上祐子 / p111~112
  • ストーマ装具の選択ポイント / 溝上祐子 / p112~120
  • おわりに / 溝上祐子 / p120~121
  • 8 ストーマ周囲皮膚のスキンケア / 安田智美
  • 田澤賢次 / p122~134
  • はじめに / 安田智美
  • 田澤賢次 / p122~123
  • 皮膚障害の発生要因 / 安田智美
  • 田澤賢次 / p123~124
  • 予防的スキンケア / 安田智美
  • 田澤賢次 / p124~131
  • スキンケアの実際 / 安田智美
  • 田澤賢次 / p131~132
  • スキンケア用品 / 安田智美
  • 田澤賢次 / p132~133
  • おわりに / 安田智美
  • 田澤賢次 / p133~134
  • V より専門的なストーマケア / / p137~166
  • 9 管理的合併症予防 / 山本由利子 / p137~151
  • はじめに / 山本由利子 / p137~137
  • 管理的合併症とは / 山本由利子 / p137~138
  • 管理的合併症の種類と予防 / 山本由利子 / p138~143
  • 感染による皮膚障害 / 山本由利子 / p143~143
  • 全身疾患による皮膚障害 / 山本由利子 / p143~146
  • 皮膚疾患 / 山本由利子 / p146~147
  • 外的刺激によるもの / 山本由利子 / p147~148
  • 不適切なスキンケア方法 / 山本由利子 / p148~149
  • ストーマ粘膜の障害 / 山本由利子 / p149~151
  • おわりに / 山本由利子 / p151~151
  • 10 管理困難なストーマのケア / 西出薫 / p152~166
  • はじめに / 西出薫 / p152~152
  • 症例1 / 西出薫 / p153~155
  • 症例2 / 西出薫 / p155~157
  • 症例3 / 西出薫 / p157~162
  • 考察 / 西出薫 / p162~165
  • おわりに / 西出薫 / p165~166
  • VI オストメイトの生活を支える / / p169~191
  • 11 ストーマ外来 / 中野真寿美 / p169~180
  • はじめに / 中野真寿美 / p169~170
  • ストーマ外来の目的・意義 / 中野真寿美 / p170~170
  • 当院のストーマ外来開設までの経緯 / 中野真寿美 / p170~171
  • ストーマ外来の実際 / 中野真寿美 / p171~178
  • ストーマ外来の問題点 / 中野真寿美 / p178~179
  • おわりに / 中野真寿美 / p179~180
  • 12 在宅ケアとの連携 / 日比野保子 / p181~191
  • はじめに / 日比野保子 / p181~182
  • 在宅ケアをすすめるための条件 / 日比野保子 / p182~182
  • 在宅ケアの対象となるオストメイト / 日比野保子 / p182~183
  • 在宅ケアプラン策定手順 / 日比野保子 / p183~183
  • 在宅ケア支援体制の現状 / 日比野保子 / p184~184
  • 在宅ケアに移行ケースへの支援 / 日比野保子 / p184~189
  • 在宅ケアを支援する看護者の心得 / 日比野保子 / p189~191
  • 終章 / / p195~202
  • 13 ストーマリハビリテーションとはどんな臨床領域だろうか? / 穴澤貞夫 / p195~202
  • はじめに / 穴澤貞夫 / p195~195
  • 進歩が途絶えた世界のストーマ医療 / 穴澤貞夫 / p195~196
  • ストーマリハビリテーションとは一体何か? / 穴澤貞夫 / p197~198
  • 第三の医学としてのストーマリハビリテーション / 穴澤貞夫 / p198~198
  • ストーマリハビリテーションは誰が担うか? / 穴澤貞夫 / p198~199
  • 見本にならない欧米のシステム / 穴澤貞夫 / p199~201
  • わが国で育まれてきたものを大切にしよう / 穴澤貞夫 / p201~201
  • おわりに / 穴澤貞夫 / p201~202
  • 索引 / / p204~206
  • 日本オストミー協会本部 / / p206~206
  • 掲載広告 ゼオンメディカル(株) / / p34~34
  • 掲載広告 (株)ホリスター / / p68~68
  • 掲載広告 金原出版 / / p104~104
  • 掲載広告 聖路加国際病院 / / 綴込
  • 掲載広告 高砂医科工業(株) / / 表3
  • 掲載広告 ブリストル・マイヤーズ・スクイブ(株) / / 表4

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 消化器外科nursing
著作者等 メディカ出版
書名ヨミ ショウカキ ゲカ nursing
書名別名 消化器外科ナーシング

Gastroenterological surgery nursing

Shokaki geka nursing
巻冊次 3秋季増刊(24)
出版元 メディカ
刊行年月 1998-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13417819
NCID AN10513064
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00103808
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想