Quality nursing : The Japanese journal of nursing education & nursing research  2(12)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 7 (1) 2001.01~10 (12) 2004.12;本タイトル等は最新号による;1巻1号(1995年1月) - 10巻12号(2004年12月);以後休刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • <特集> 慢性病患者のケア技術への研究の活用 / / p4~56
  • 慢性病患者へのケア技術の展開 / 正木治恵 / p4~9
  • 経過の緩慢な慢性病をもつ患者へのケア技術 -糖尿病患者の自己管理方法の変化とその理由に着目して / 清水安子 / p10~17
  • 増悪/寛解を繰り返す慢性病をもつ患者へのケア技術 -慢性関節リウマチ患者の疾病受容過程に着目して / 湯浅美千代 / p18~25
  • 進行性の慢性病をもつ患者へのケア技術 -筋萎縮性側索硬化症患者の自己決定に着目して / 古川直美 / p26~30
  • ターミナル期に至る慢性病をもつ患者へのケア技術 -がん患者のセルフケア行動とその意味に着目して / 谷本真理子 / p32~37
  • 慢性病患者とその家族へのケア技術 -糖尿病患者と家族が共に担う自己管理に着目して / 中村直子 / p38~43
  • ケア技術の研究への展開 -患者中心の変容過程に焦点をあてて / 横田碧 / p44~51
  • 慢性病患者へのケア技術の教育と看護基礎教育カリキュラムの改革 / 野口美和子 / p52~56
  • 膠原病患者における病気のイメージとステロイド服用に対するコンプライアンスの関係 / 橋口暢子
  • 大田明英
  • 正村啓子
  • 濱野香苗
  • 坂田麻子
  • 牛山理
  • 鈴木憲明
  • 井上悦子
  • 井上範江
  • 長澤浩平 / p61~68
  • 連載 / / p69~87
  • ゴールドマーク・レポート抄訳 3 公衆衛生看護のフィールド / 小玉香津子
  • 小川典子 / p69~74
  • ヨーロッパの看護 8 イギリスの看護事情(前編) / Shelagh Murphy
  • 尾田葉子 / p75~82
  • 米国看護教育の現況と動向 4 変貌を迫られる大学院教育 / 山内豊明 / p83~87
  • One Point Column 教師の資質向上が大きく期待される新カリキュラム / 臼井陽子 / p57~57
  • One Point Column 基礎技術教育の課題について / 柴田恵子 / p57~57
  • One Point Column 看護の専門性が求められる時代 / 川口敬子 / p58~58
  • One Point Column 院内学級の開設 / 祖父江育子 / p58~58
  • One Point Column 「白衣の天使」というディスクール / 浅井美智子 / p59~59
  • One Point Column 講義と飲み物 / 太田祐子 / p59~59
  • One Point Column チャパリーマン / 小松奈美子 / p60~60
  • One Point Column 「らい予防法」廃止の後に / 玄田公子 / p60~60
  • 医学セミナー 免疫機構研究の最前線と診療への展開 5 アレルギー / 森晶夫
  • 奥平博一 / p88~94
  • 総目次 / / p95~100
  • 学会告知板 / / p100~100
  • 投稿規定 / / p102~102

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Quality nursing : The Japanese journal of nursing education & nursing research
著作者等 文光堂
書名別名 Quality nursing : Japanese journal of nursing education and nursing research
巻冊次 2(12)
出版元 文光堂
刊行年月 1996-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13409875
NCID AN10462338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00099829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想