Quality nursing : The Japanese journal of nursing education & nursing research  3(3)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 7 (1) 2001.01~10 (12) 2004.12;本タイトル等は最新号による;1巻1号(1995年1月) - 10巻12号(2004年12月);以後休刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • <特集> 看護教育学における研究成果の発展的活用 / / p4~50
  • 看護教育学研究 -その創造への道 / 杉森みど里 / p4~4
  • 看護教育学における研究成果の蓄積とその意義 / 鈴木純恵 / p5~13
  • 研究成果を基盤とした看護学実習の展開 / / p14~20,22~36,38~43
  • 看護学実習における教材化に関する問題と求められる研究成果 / 安酸史子 / p14~20
  • 研究成果活用の具体的展開 -支援が困難であった学生の事例分析 / 太田澄恵 / p22~29
  • 看護学実習においてケア対象者となる患者の行動に関する研究成果の活用 / 山田あゆみ / p30~36
  • 地域における看護学実習指導の問題と研究成果の活用 / 鈴木恵子 / p38~43
  • 看護実践への研究成果の活用 / / p44~50
  • 研究成果活用の具体的展開 -異なる研究者による看護場面の分析 / 島田理恵
  • 定廣和香子 / p44~50
  • 臨床看護実践における研究成果活用に関する研究--研究成果活用度別にみた看護婦(士)の特徴と研究成果活用の促進因子・阻害因子に焦点を当てて / 望月美知代
  • 杉森みど里 / p51~56
  • 看護学生の特性不安と自我状態の関連性における実証的研究 / 柴川明子
  • 金山正子 / p62~66
  • 連載 / / p67~85
  • ゴールドマーク・レポート抄訳 5 公衆衛生看護婦
  • 成功と失敗 / 小玉香津子
  • 小川典子 / p67~72
  • ヨーロッパの看護 11 ポルトガルの看護事情 / Maria Isabel Soares
  • 尾田葉子 / p73~79
  • 患者学を目指して 2 英国老人医療福祉の問題点とその原因 / 大関信子 / p80~85
  • One Point Column 1つの疑問 -看護学生のアンケート調査から / 鈴木ルリ子 / p58~58
  • One Point Column お宅の先生は… / 小松奈美子 / p58~58
  • One Point Column 複合疾患で歩行困難の高齢者が独居生活を続けるための基礎的条件 / 竹谷英子 / p59~59
  • One Point Column 最近,臨床実習について思うこと / 窪田幸子 / p59~59
  • One Point Column ホスピス病棟より -看護の原点 / 井上米子 / p60~60
  • One Point Column 実習記録の味つけ / 川本昌子 / p60~60
  • One Point Column リアリティショックを乗り越えるために / 鳥居美帆 / p61~61
  • One Point Column 実習室の掃除 / 藤田郁子 / p61~61
  • 医学セミナー 話題の感染症-その正しい理解と対応のために 2 MRSA感染症 / 賀来満夫 / p86~90
  • 学会告知板 / / p91~91,92~92
  • 投稿規定 / / p95~95

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Quality nursing : The Japanese journal of nursing education & nursing research
著作者等 文光堂
書名別名 Quality nursing : Japanese journal of nursing education and nursing research
巻冊次 3(3)
出版元 文光堂
刊行年月 1997-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13409875
NCID AN10462338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00099829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想