アレルギー科  1(1)(1)

アレルギー科編集委員会 編

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 19 (4) (通号: 112) 2005.04~21 (6) (通号: 126) 2006.06;本タイトル等は最新号による;1巻1号通巻1号(平成8年1月)~21巻6号通巻126号(June 2006)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 アレルギー性炎症と好酸球 / / p1~94
  • 好酸球の生物学的活性 / 小島荘明 / p1~6
  • 好酸球増多をきたす疾患 / 鈴木修二 / p7~12
  • 好酸球活性化サイトカインとその役割 / 森晶夫,ほか / p13~19
  • 好酸球と接着分子 / 茆原順一 / p20~26
  • マスト細胞と好酸球の関係 / 海老澤元宏,ほか / p27~31
  • 好酸球活性化のシグナル伝達機構 / 岩本逸夫,ほか / p32~37
  • 好酸球サイトカイン産生の統御機構 / 平井浩一,ほか / p38~42
  • 好酸球生成活性物質遊離機構 / 高藤繁 / p43~52
  • 気道上皮と好酸球 / 佐藤誠,ほか / p53~59
  • 気管支喘息における好酸球の役割 / 沼尾利郎,ほか / p60~65
  • 慢性好酸球性気管支炎と気道過敏性 / 藤村政樹 / p66~74
  • 鼻アレルギーにおける好酸球の役割 / 寺田修久,ほか / p75~80
  • アトピー性皮膚炎における好酸球の役割 / 田中洋一 / p81~86
  • 好酸球肉芽腫の成因と好酸球活性化機序 / 鳥巣要道,ほか / p87~94
  • アトピー素因を決定する遺伝子 / 白川太郎,ほか / p95~102
  • サイトカインによる血管内皮細胞への接着分子の発現 / 窪田泰夫 / p103~111
  • アレルギーにおけるステロイドの作用機序 / 奥平博一,ほか / p112~115
  • NHLBI/WHO喘息ガイドライン / 湯川龍雄,ほか / p116~125
  • 投稿規定 / 伊藤幸治
  • 今野昭義
  • 玉置邦彦
  • 羅智靖 / p126~128
  • 次号予告 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 アレルギー科
著作者等 科学評論社
アレルギー科編集委員会
書名ヨミ アレルギーカ
書名別名 Allergology

Arerugika
巻冊次 1(1)(1)
出版元 科学評論社
刊行年月 1996-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13417584
NCID AN10507298
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00103828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想