日本ストーマリハビリテーション学会誌  8(3)(17)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 17 (1) (通号: 42) 2001.07~22 (2) (通号: 58) 2006.12;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;5巻1号=9号(平成1年7月) - 22巻2号=58号(平成18年12月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 会告 /
  • 創立10周年記念祝賀会のお知らせ / 日本ストーマリハビリテーション学会創立10周年記念祝賀会準備委員会
  • 第10回国際ストーマリハビリテーション学会総会 日本開催のお知らせ /
  • 第10回 日本ストーマリハビリテーシヨン学会総会案内 / / ~9
  • ごあいさつ / 穴沢貞夫 / p2~3
  • 会場案内図 / / p4~5
  • 日程表 / / p6~7
  • 会員・演者への注意 / / p8~9
  • プログラム / / ~20
  • 第1会場 / / p11~14
  • 第2会場 / / p15~15
  • 第3会場 示説会場 / / p16~20
  • 抄録 / / ~84
  • 特別講演 『英国におけるストーマリハビリテーション』 / 桜井健司 / p21~24
  • パネルディスカッション 『ストーマ機器の医工学的問題点』 / 進藤勝久 / p25~34
  • 記念講演 『黎明期のストーマケア』 / 吉雄敏文 / p35~39
  • シンポジウム 「わが国におけるストーマリハビリテーションの過去、現在、未来」 / 中里博昭 / p40~42
  • 主題1:ストーマの長期管理 / 石田秀世
  • 原田俊子 / p43~44
  • 主題1:ストーマの長期管理 / 倉本秋
  • 片岡ひとみ / p45~46
  • 主題2:ストーマ管理困難症 / 渡辺成
  • 青木和恵 / p47~49
  • 主題2:ストーマ管理困難症 / 森谷宜皓
  • 松本睦子 / p50~51
  • ストーマ管理困難症(示説、討論) / / p52~59
  • 1)ハンディキャップ / 畑尾正彦
  • 三木佳子 / p52~53
  • 2)ウロストーマ / 河合恒雄
  • 襟川政代 / p54~55
  • 3)瘻孔 / 澤口裕二
  • 小池みどり / p56~57
  • 4)合併症 / 新井英樹
  • 西出薫 / p58~59
  • 一般演題:皮膚管理 / 大木繁男
  • 中根早苗 / p60~62
  • 一般演題:QOL、その他 / 江口英雄
  • 尾崎晴美 / p63~64
  • 示説、討論 / / p65~82
  • A-1)ストーマ機器 / 三重野寛治
  • 斉藤由香 / p65~67
  • A-2)ストーマ外来、社会的支援 / 竹之下誠一
  • 重見高子 / p68~69
  • A-3)排尿,性機能障害 / 宮井啓国
  • 判沢恵 / p70~71
  • A-4)褥創、洗腸 / 棚瀬信太郎
  • 田中秀子 / p72~73
  • B-1)精神的援助、セルフケア / 永沢康滋
  • 真田弘美 / p74~75
  • B-2)精神的援助、セルフケア / 渡辺正
  • 金山弘代 / p76~77
  • B-3)ウロストーマ / 増田富士男
  • 山本みつ枝 / p78~79
  • B-4)その他 / 国井康男
  • 柴崎真澄 / p80~82
  • ビデオセッション / 佐々木廸郎 / p83~83
  • ビデオセッション / 中條俊夫 / p84~84

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本ストーマリハビリテーション学会誌
著作者等 日本ストーマリハビリテーション学会
書名ヨミ ニホン ストーマ リハビリテーション ガッカイシ
書名別名 Journal of Japanese Society of Stoma Rehabilitation

Nihon sutoma rihabiriteshon gakkaishi
巻冊次 8(3)(17)
出版元 日本ストーマリハビリテーション学会
刊行年月 1992-12
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 09166440
NCID AN10131319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00080541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想