Emergency nursing  5(2)(32)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 14 (1) (通号: 157) 2001.01~17 (12) (通号: 212) 2004.12;本タイトル等は最新号による;1巻1号から3巻6号までの刊行頻度は隔月刊;1巻1号 = 1号 (1988年5/6月)-17巻12号 = 212号 (2004年12月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 救急NOW 救急救命士 その成立と期待 / 山本保博 / p9~37
  • 「1」救急救命士制度の概要と今後の課題 / 藤井充 / p10~14
  • 「2」救急医療キャンペーンを終えて--救急救命士誕生の舞台裏 / 黒岩祐治 / p15~18
  • 「3」救急救命士への胎動 / 中根一廸 / p19~23
  • 「4」救急看護婦にとってのプレホスピタルケア / 高橋章子 / p24~27
  • 「5」救急救命士の誕生--epoch makingの意義と期待 / 山本保博 / p28~34
  • 救急救命士への期待と不安--救急救命士制度創設に寄せて / 吉村秀實 / p36~37
  • 連載 / / p1~46,48~56,57~60,62~82
  • 巻頭エッセー 国民に応急手当の認識を / 坪井栄孝 / p1~1
  • 画像ケース・スタディ 2 外傷性脳内血腫 / 石蔵礼一
  • 吉永和正 / p4~8
  • 知って防止する感染症 2 看護業務における感染防止対策 / 島田敏子
  • 千代孝夫
  • 田中孝也 / p57~60
  • 救急看護の基礎技術 30 気管切開法 / 高須伸克
  • 鈴木幸一郎 / p62~68
  • Do Not 清潔なところもあれば不潔なところもある消毒部位 / 山本保博 / p49~49
  • 思い出に残る1ページ 最期の瞬間までの看護 / 岡部真由美 / p56~56
  • 急性期リハビリテーション 2 呼吸に関するリハビリテーション / 渡辺進
  • 古米幸好
  • 井上桂子
  • 秋田一郎 / p38~43
  • MEとなかよく 11 患者モニター(5)呼気炭酸ガス濃度計(カプノメータ) / 酒井順哉 / p70~74
  • 交通外傷により下半身麻痺となった患者の看護--Finkの危機モデルによる分析 / 竹本良子
  • 清田智子
  • 中矢二三子
  • 井戸尻智子
  • 根岸房子 / p76~81
  • 救急材料 11 人工皮膚 / 篠崎正博 / p44~46
  • 救急領域での専門用語 J・K / 加藤一良 / p69~69,82~82
  • REPORT 第19回日本救急医学会総会看護部会 / / p52~55
  • 施設紹介 市立岡崎病院救命救急センター / 鈴木重光
  • 大水あつ子 / p50~51
  • かわらばん / / p48~48
  • いんふぉめーしょん ナースが救急救命士の資格を取得するには<資料>脳死体からの臓器提供に関する見解 / / p35~35,75~75
  • 投稿規定 / / p83~83
  • 編集後記・次号予告 / 高
  • R
  • T / p84~84

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Emergency nursing
書名別名 The Japanese journal of emergency nursing

エマージェンシー・ナーシング : 日本救急看護学会準機関誌

Emergency nursing
巻冊次 5(2)(32)
出版元 メディカ
刊行年月 1992-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09154213
NCID AN10091473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00077872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想