臨床と薬物治療  15(6)(111)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (6) 1996.06~23 (4) (通号: 205) 2004.04;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版者, 大きさの変更あり;6巻3号 = 30号 (1987年5月)-23巻4号 = 205号 (2004年4月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 めまい・耳鳴の臨床 / / p453~465,467~469,471~475,477~480,482~485,487~493
  • 特集にあたって / 中島務 / p453~453
  • めまい・耳鳴の把握 めまいとは / 高橋正絋 / p454~456
  • めまい・耳鳴の把握 耳鳴とは / 小川郁 / p457~460
  • めまい・耳鳴の把握 診断の進め方 / 中島努 / p461~465
  • めまい・耳鳴の治療 耳性めまいの治療 / 武田憲昭 / p467~469
  • めまい・耳鳴の治療 耳鳴の治療 / 大崎勝一郎
  • 上野満雄
  • 延藤洋子 / p471~475
  • めまい・耳鳴の治療 中枢性めまいの治療 / 高橋智
  • 佐々木昭人
  • 工藤雅子 / p477~480
  • めまい・耳鳴の治療 心因性めまいの治療 / 箕輪良行
  • 柏井昭良 / p482~485
  • 確定しえない場合に 対症療法的な薬物治療 / 山本昌彦 / p487~490
  • 確定しえない場合に 患者の不安を和らげる説明--めまいの場合 / 竹森節子 / p491~493
  • 今月の薬剤(26) 筋弛緩剤 / / p523~537
  • 治療計画のための薬理学 / 角南由紀子
  • 中村絋一 / p523~527
  • 薬剤選択のレファランス 文献にみる薬剤データ比較一覧 / 徳洲会病院薬剤部 / p528~531
  • 添付文書による副作用一覧 / 『臨床と薬物治療』編集部 / p532~535
  • 私の選んだ常備薬 / / p536~537
  • バクロフェン,ジアゼパム,ダントロレンナトリウム / 岡本進 / p536~536
  • 塩酸エペリゾン,塩酸チザニジン,ダントロレンナトリウム / 岡安裕之 / p537~537
  • 癌治療に取り組む医療者の意識--経時的に行ったアンケ-ト調査の結果より / 種村//健二朗 / 495~500<3968413>
  • 漢方薬を診療に生かす 肝疾患の漢方療法 II-肝硬変症およびウイルス以外の原因による肝疾患の漢方治療 / 水野修一 / p518~520
  • 専門外来 私の処方設計(6)無動,起立性低血圧,錯・幻視を認めたパーキンソン病患者でドロキシドパが有用であった一症例 / 林正高 / p502~504
  • シリーズ・診療室から 9 神経難病と家庭医 / 小松真 / p507~509
  • 新薬 DI table / 国立国際医療センター薬剤部医薬品情報管理室 / p510~511
  • 臨床医による新薬の評価 トランドラプリル / 影山洋 / p513~514
  • 臨床医による新薬の評価 塩酸オンダンセトロン / 豊田恭徳
  • 西平浩一 / p515~516
  • バックナンバー / / p538~538
  • 次号予告 / / p539~539
  • 編集部より / O
  • I
  • H / p540~540

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床と薬物治療
著作者等 ありい出版
ミクス
エルゼビアジャパン株式会社
書名ヨミ リンショウ ト ヤクブツ チリョウ
書名別名 Clinics & drug therapy

Rinsho to yakubutsu chiryo
巻冊次 15(6)(111)
出版元 エルゼビア・ジャパン
刊行年月 1996-06
ページ数
大きさ 29cm
ISSN 09137505
NCID AN10080433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00056044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想